私がクラシック曲を弾き続ける理由…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 私がクラシック曲を弾き続ける理由…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

現在、私は“純然たるクラシック”の世界にはいません。

むしろ、ショービジネス的というか、多分、ポップス的、軽音楽的なジャンルの世界に属しています。

未だ持って人様から”クラシックの人”と云われる事もありますが、それは違います。

ホテルのラウンジピアニストから、イベント出演、ライブハウス、その他…これは軽音楽的なジャンルにカテゴライズされるともいます。

私に関しては“クラシック出身の”と云うのが正確です。

このブログでは書いていませんが、ミュージカル、シャンソン、カンツォーネ、演歌、ロックバーでの演奏…等々。

様々なジャンルと共演もあります。

そんな私ですが、今でもクラシック曲を弾き続けます。

その理由は何故か???

一つには“クラシックの魅力を解ってもらいたい”“クラシックをもっと普及させたい”という思いと、もう一つには、私自身の為でもあります。

クラシック曲って、演奏の技術レヴェルが凄く高いんですね。

従ってクラシック曲を弾いていると、演奏の技術の腕が落ちない。

毎日何時間も練習しなければならなかったり…。

ポップスの曲、軽音楽の曲ばっかり弾いていると、演奏の技術が落ちます。

それはなぜか?

ポップスって、楽譜通りでなくて良いんですよ。むしろ、“楽譜通り弾かない”事がセオリーだったり。

要するに、アドリブの連続です。

アドリブってね、逃げられるんですよ。演奏技術テクニック的には、“難しいパッセージ、難しいパートを技術時に易しく変えてしまう事が許される”

“弾き易い”方へ逃げる事か出来るんです。

これでは腕が落ちる訳。

クラシックはそれが許されないです。難しいパッセージ、弾きにくいパッセージでも、キチンと楽譜通りに難しく弾かなければならない。

ヘタであれば、練習、稽古の連続です。

手が大きくて届かない箇所も同様です。

稽古、練習の連続。

だからもクラシック曲を弾いていると、演奏の腕が落ちないんですよ。

演奏家としては、弾いていた方が良い。

コレは、他の音大出身系のシャンソン歌手さんが仰ってました。

「ポップスばっかり弾いていると、ピアニストさんって演奏の腕、落ちるわよね」と。

頭の中さえ、緩く崩していれば、全然ポップスの現場って対応が出来ます(無論、ポップス特有の練習もしてますが…)

腕は落とさない方が良い。

そう思ってます。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 私がクラシック曲を弾き続ける理由…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください