8/25【落語×ピアノ】企画ライブ…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 8/25【落語×ピアノ】企画ライブ…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、25日の【落語×ピアノ】企画ライブが近いというのに、N国党の話ばかり書いていたちふれですが(笑)

無論、マジメにライブの選曲&稽古練習に励んでもおります。

実際、19日は「ピアノ、どうしようか?」と迷いながら立花応援に行ってきたので…。

で、ライブの内容ですが、【落語×ピアノ】コラボ企画が大分面白くなりそうです。

この前、ゲスト出演予定の三遊亭青森さんと、リハーサルでしたが、新作の“音楽ネタ”で、かなり面白そうでしたし…。


結構期待が持てそうです。

又、演奏では、以前も御好評頂いたショパン作曲『バラード第一番』演奏します。

この曲は、フィギュアスケート等でも良く使われています。

羽生君の大好きな曲だとか…心を込めて演奏いたしますので、ぜひお楽しみに…!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 8/25【落語×ピアノ】企画ライブ…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

続々々【N国党】vs【マツコ・デラックス】…参議院議員会館編

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続々々【N国党】vs【マツコ・デラックス】…参議院議員会館編
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~実は、8/19【N国党】立花孝志氏の応援に行って来ました!

8/19はN国党の立花氏が、『東京MXテレビ出演のマツコ・デラックスへの抗議行動をする』と宣言した日です。

崎陽軒のシウマイへの不買運動は流石にヒンシュクを買ったらしく、『MXテレビへの抗議行動どうするのかな?』と思っていた矢先…

前日、YouTubeで立花氏はアンケート調査を取りました。

『19日、立花氏はMXテレビへの抗議行動をすべきか否か?』というアンケートです。

実はワタクシちふれ、前日が多忙でこのアンケートに答えていなかったんですが…結果は、ほぼ7割だかの視聴者から『行くべきだ』と言う回答が出ました。

そこで立花氏、行ったと言う訳。

唯、視聴者の応援、サポーターに関しては…、


YouTubeで立花氏、『メディアの方、又は個人ユーチューバー等で、現場を動画撮影したい、という方以外の方は、参議院議員会館の中の一室を借りますので、そこで現場のライブ配信します。僕はMXテレビの前に一時間ほど、抗議行動をした後、議員会館に戻ってますので、そこで、質問会や撮影会、握手会しますので、議員会館にお越しください』

との事でした。

まぁ、大勢で押し掛けて、抗議行動で、乱闘になっても困る、と言う事なのでしょう。

従ってワタクシちふれは参議院議員会館に向かった訳。

というのは、私は、別に抗議行動の現場を動画撮影する、というのは無く、後でブログでレポを書けばいいや、という気持ちで永田町の参議院議員会館の方だったんです。

議員会館に到着し、セキュリティゲートを通り、教えられた部屋の中に入ると…結構凄い人だかり!

やっぱりこれだけ応援者いたんだ~!と、一寸感動でしたね。

100人位居たかな?

現場の状況を動画のライブ配信で見る事小一時間。

やがて立花氏が戻ってきました。

部屋に入って来るなり、一斉に拍手が沸き起こり…立花氏、一躍、スター、ヒーロー!です。

立花氏

「あの…一寸…こんなに来てくれて、結構感動なんだけれど…」と終始嬉しそうでしたね。

立花氏、生身で見ていると、結構迫力あります。オーラが違う感じ。

“闘う男”の迫力満点ですよ、アレ…。

要するに、たった一人で、ネットを武器に、巨大な“マスコミ権力、ギョーカイ権力”と闘っている訳。

同じオーラを感じたのが、20年ほど前、大ヒット硬派マンガ『ゴーマニズム宣言』の作者、小林よしのり氏

でしたね。

あの時の小林氏も闘っていた。

『ゴー宣』での小林氏、あの頃、巨大カルト教集団の《オウム真理教》と闘っていたんですよ。

実際、小林氏はオウムから命を狙われていましたし。

“小林よしのり暗殺計画”オウムにあったんですよ。

一寸壮烈な雰囲気を感じました。

拍手の中、皆の前に座った立花氏は開口一番、

「え~と、…何だか、本当にみんな、有難う」

「感動なんだけれど…」

とひとしきり。

「で、何でも良いんですけれど、何か僕に言いたい事とか、質問なんかありますか?」

で、ワタクシ、真っ先に挙手し…以前事ブログにも書いた提案をぶつけてみました。

関連記事です。

続【N国党】vs【マツコ・デラックス】…

「NHKの受信料問題。実際に法律改正する前に、民間レベルで公開討論会やったらどうでしょうか?」

「マスコミや、この問題で発言している有名人の方たち、又は私達みたいな一般視聴者も交えて」

すると立花氏は私をじっと見ながら

「それね、僕の方では全く異論がありません。唯、あなたの言った方々、皆さん、テレビの著名人の人々でしょ?」

「テレビに出ている人、というのはテレビの悪口が言えないんですよ。だって、テレビに出て出演料を貰って、又は名前を売って貰って本なんかが売れているから」

「高須院長とは、24日にニコ動で対談をやります。今スケジュールを調整中です」

との事。

とても真剣な表情でした。

確かにテレビ人は、あんまり出たがらないかもしれません。

が、全員そうなのかな?とも思います。

事実、テレビ出演多数の方の中にも、立花氏支持の人たちはいますし…。

又、テレビだけに依存している訳でもない人たちだっています。

そういう人たちならば、公開討論会に参加して頂けるのではないかな?とも思うのですが…。

マツコ・デラックスなんてのは、“テレビにぶら下がっている”状態なので、討論会なんて、出ないでしょうけれど…。

小林よしのり氏なんて、昔から骨のある人だったので、あの気骨から、出演可能なのでは?とも思うのですが。

ワタクシちふれ、小林氏の知人の評論家の呉智英氏の主催する、“以費塾”塾生OBです。

プロデュースされた浅羽通明先生も知ってます。

浅羽氏の著『大学で何を学ぶか』は名著だと思ってます。

小林氏と呉氏は、時折『朝生』に出ていただけの感じなので、そうテレビ人でもないです。

お二方とも普段は(マンガと評論という)著述業です。

ともあれ、【公開討論会】の件は、もう少しぶつけて見ようとも思います。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続々々【N国党】vs【マツコ・デラックス】…参議院議員会館編
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

続々【N国党】vs【マツコ・デラックス】…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続々【N国党】vs【マツコ・デラックス】…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、前回のブログで『この問題、みんなで公開討論会をしたら?』という提案をしました。

だけど、もしかしたら主役のマツコ・デラックスが出たがらないかもしれない訳なんです。


彼女(というか、彼)は、元々ネットをバカにしている人。

典型的なギョーカイ人です。

というのはね、テレビ人にとって、ネットって、それだけで“ブランド性”下がっちゃうんですよ。

いい例が元SMAPの飛び出た三人組。

あの三人が、ジャニーズを飛び出し、ネットに出て来た時、ファンの声で

『…何だかガックリ来ちゃうのよね~やっぱり、テレビの世界って、雲の上の王子様って感じだったのに、ネットで動画配信なんて、誰だって出来ちゃうじゃない、下界に降りて来ちゃったって感じ』

コレですよ、コレ。

ジャニーズのタレントなんて、ファンにとっては“夢の憧れの王子様たち”、“雲の上の王子様たち”

何故なら、常時テレビに出ているから。

テレビってそれだけでブランド性、あるんです。

テレビに出ているからエライ人、テレビに出ているから憧れのスター…。

テレビに出ているからみんなが知っている…。

そう、一億総中流の時代はそうだったでしょうね…。

テレビに出れば、有名になって、一躍スター…です。

特に芸能関係は、ファンのこの気持ちを操ってる。

そう、テレビって誰でも出られるものではありません。

テレビに出ているというのは、それだけで“選ばれしエリート”なんですよ。

テレビ局のプロデューサーとかから選ばれてる。

だから、偉い人。

クラシックの世界なんて、完全に“選ばれし一流クラスのトップエリート”のみがテレビに出られますものね。

巨匠クラスの小澤征爾さんとか、諏訪内晶子さんとか…教育テレビの『芸術劇場』なんてね。

罷り間違ってもワタクシちふれこと、まえのまりこは出られないです…ハイ(笑)

テレビ局の論理にしてみれば、“クラシック番組で視聴率取れるのは、一流クラスのみ”だけの話。

それだけなんです。

最も例外はフジコ・ヘミングさんで、アレ、“一流クラスの人”とは言えないんですよね…。

名前が売れたのが、クラシックの正攻法の国際コンクールとかじゃ無くて、今問題のNHKの番組『魂のピアニスト~フジコ・ヘミング』という特集番組だったし。

但しフジコさん、技術的に上手な演奏ではなくても、とても“良い演奏”をします。老練な演奏ですよ、何回も言うけれど…。

話又戻すと、テレビに出演しているだけで、“エライ人”“雲の上の人”になれるんですよ。

動画配信は、そのブランド性が、下がっちゃう。

だからこそ、マツコ・デラックスは『YouTubeなんて…』という姿勢を崩せないんです。

誰でも出られる所になんて、私は出ないわ、と言う訳。

自分の価値、下げたくない訳。

マツコ・デラックスは、ネットの動画配信なんて、出たがらないんだろうな、と憶測するちふれでした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続々【N国党】vs【マツコ・デラックス】…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

続【N国党】vs【マツコ・デラックス】…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続【N国党】vs【マツコ・デラックス】…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

前回に引き続き、この問題です(笑)

別にpvを上げたいからこの問題を取り上げている訳じゃないけれど…。

あの~、この問題、ご本人のN国党党首立花氏と、他の議員さん達、マツコ・デラックスのほかに、高須院長やら、ダルビッシュやら、小林よしのりさんやら、江川紹子さんやら…。

何やら大勢を巻き込んでいますね~

立花氏、このままMXテレビとマツコさんにシカトされまくると、最終手段として、BPO(放送倫理・番組向上機構…そういうのがあるんだ!)への申し入れも検討中とか。

あくまで正攻法にやる訳ですね。


BPOってコレです。

BPO放送倫理・番組向上機構

【BPOとは

説明と組織図
放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関です。
主に、視聴者などから問題があると指摘された番組・放送を検証して、放送界全体、あるいは特定の局に意見や見解を伝え、一般にも公表し、放送界の自律と放送の質の向上を促します

※BPOはNHKと民放連によって設置された第三者機関です。】

メンバーの方々は色々、無論、テレビ界、ギョーカイ的に著名人、有名人もいれば、弁護士、作家、大学の先生方…等々。

納得のいかない放送、メディアに対して、視聴者がココに申し立てることができる訳。

メディアの調停のような感じなんでしょうか?

話戻しますが、この問題、YouTubeで公開討論会をやって欲しいですよ、ホント。

立花氏、マツコ・デラックスさん、高須院長、江川紹子さん、小林よしのりさん…の面々で。

【朝まで生テレビ】みたいな感じで。

【朝生】は、テレビ朝日、というテレビ番組なので、無論CMも挟みつつ、時間的制約もあった訳なんですが、YouTubeなら制約ないし。

無論、討論会の合間に、視聴者からの声も(朝生の如く!)発表して欲しいです。

如何でしょうか?立花党首????

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続【N国党】vs【マツコ・デラックス】…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【N国党】vs【マツコ・デラックス】…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【N国党】vs【マツコ・デラックス】…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

何かヒートアップしてますけれど…。

【N国党】は、正直、無名の売れない時代(!?)からYouTubeを見て応援していたので、気持ちとしては、『売れないアイドルを応援していたファンの気持ち』だったりする(笑)

【N国党】投票もしてましたし…。

【立花孝志の一人放送局】から見てますから。

もう、7~8年前から、かな?

彼は放送法については、弁護士や法律家顔負けの“プロ”ですよ、ホント。


このケンカ、マツコ・デラックスって、小林よしのり氏の言う“市井の一民間人”じゃないんですよ。

小林よしのり氏、この件では完全に誤解してる、というか、解ってない。

私、小林氏は『ゴー宣』時代からのファン、読者だったんですが、この件に関しては完全に違うと思います。

マツコ・デラックスって、この場合、ギョーカイ、マスコミ界、芸能界の“権力者”なんです。

マツコ・デラックスには、大勢のファン、視聴者がいます。

彼(彼女?)の言う事には、耳を傾ける人達が大勢いるって事なんです。

マツコ・デラックスも私、決して嫌いじゃありませんでしたけれど…この件があるまでは。

唯、彼(彼女?)も今は完全に芸能界の既得権益の人なんでしょうね。

テレビのコメンテーターとして、出演して、高額の出演料(ギャラ)を貰い、テレビのCMにも高額の出演料です。

コレ、億単位…ですよ。

で、ギョーカイ、マスコミ界、芸能界って…、妙な“権威”があったりします。

テレビに出ているからエライ、とかね。

特に芸能関係は顕著ですよ。

だってそうでしょ!?テレビに出ているからリスペクト、テレビに出ているから尊敬される…。

有名になればエライ人…コレ、マスコミの権威ですよ。

有名になればエライ人ってんだったら、犯罪者だって偉いのかい?!と言いたくなります。

立花氏は、マツコ・デラックスとの喧嘩で、この“権威”をぶっ壊したいんじゃないかな?

それ、賛成ですよ。

テレビとネットの一番の違いは、テレビの電波は一般人が扱えないんですよ。

これは総務省の許可、認可が必要。

ネット違います。

YouTubeの動画アップだって、コレは誰だってできる。

ネットに妙な“権威”はない訳。

だから、YouTubeに動画アップしてます、ブログ書いてますったって、そんなに世の人々からリスペクトされない。

立花氏みたく、かなり有名にならないと、リスペクトされません。

そして、誰でも情報発信のチャンスはある。

言論の自由、表現の自由があるんです。

テレビはそうじゃありません。

誰でもがテレビに出演出来る訳じゃない。

テレビの電波を扱えるのは、テレビ局の特権なんです。

この特権を今のテレビ界って既得権益、と化しています。

我が物顔に使ってるでしょ、テレビ局って。

本来、公共の電波である、テレビ電波を、実際は、NHKと、一部の民放だけで独占してます。

テレビ局、中々新しく作れないし。

とにかく、【N国党】目が離せませんね。

来週の【N国党】立花氏のMXテレビ“5時夢”への抗議行動、一寸覗いてみようかしら??いけないかな???

ちふれより

PS…ちなみに【N国党】立花氏、国会議員としてのお給料明細やら、YouTube収益の明細やら、全てYouTubeで公開してます。この点に関しても、好感持てますね~

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【N国党】vs【マツコ・デラックス】…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【N国党】一躍躍進した感じですね~

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【N国党】一躍躍進した感じですね~
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

以前、こんな記事を書きました。

関連記事です。

【NHKから国民を守る党】のチラシを貰いました…。

あの~このブログで興味を持って書いた政党、【れいわ新選組】にしろ、現在、何かと注目を浴びがちのようで…。

【N国党】も【れいわ】もネット中心に選挙演説してたんですよね。

昭和の大人社会(昭和マスコミ&政治家)は、全く、ネット戦術の事は考えちゃいなかった!て事かい(苦笑)


正規の政党としての【N国党】出現に、完全に慌てふためいているのが、NHKのようです。

放送内で『視聴者の皆さまへ、受信料のお支払いのお願い』なんて番組、作っちゃったらしいし…。

【N国党】支持者は、(マツコデラックスの言う通り)別に面白がって投票している訳じゃないと思います。

兎に角、納得いかない受信料問題、何とかして欲しい訳。

民間でない(CMの入らない)公共放送は必要、という声はあるけれど、それは、ニュース、天気予報や災害放送、他国や(自国でも!)テロがあったとか、そういう放送です。

紅白歌合戦やら、ドラマ、バラエティはなんて必要ありません。

特に、紅白を始めとする、歌謡ショーなんて、ジャニーズのような、法律違反、公取委が乗り込んで来るような事務所を平然と使うって…公共放送、皆さまのNHKと言いながら、どういう訳????

芸能関係はホント、ブラックですから…ワタクシ薄々知っているけれど。

『独占禁止法』なんて、無いですからね、ホント。

ルール無視の抱き合わせ商法なんて日常茶飯事のようだし…。

要するに、業界で牛耳ってる訳です。

オマケにジャニーズのような一芸能事務所にのさばらせているって…公共の電波を何だと思っているの???ですよ。

ワタクシちふれ、紅白に払う受信料なんて、ありません!!!

この問題、国会議員の先生方、誰も手を付けようとしなかったんですよ。

放送法は改正すべきです。

昭和27年だか、28年だかに成立した放送法を、未だに現行法としている方がおかしいんです。

代表の立花氏、党員勧誘に、(問題発言をした)国会議員まで、入れようとしているらしいが、立花氏、“数で勝負”って事、解っているんですね。

確かに、政治は“数で勝負”ってとこ、ありますよ。

【NHK】vs【N国党】、野次馬精神からも、一寸目が離せなくなりましたね~

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【N国党】一躍躍進した感じですね~
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加