繁華街がガラガラでした…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 繁華街がガラガラでした…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

所用で繁華街に出ました。

『不要不急の外出はなるべく控えるように…』とのお達しですが、用事があればやはり外出は必要なので…。

夕方から夜にかけてだったのですが、繁華街は、いつもは夜でもギンギンギラギラです。

が、この日は、ところどころ、お休みで(無論、コロナで)明かりは消え、まるで火が消えたよう。

ついでに電車もガラガラでした。

一寸寂しい気もしました、が、東京の夜に夜らしい空間久しぶりに出来た感じ。

百貨店も閉店状態です。

無論、繁華街で働いていた労働者の方々は、生活もあります。

非正規も多いし、時間給で働いているので、多分お給料は減額されているでしょう。

生活が苦しい人も少なくないと思う。

給付金30万は結構限られているので、これを拡大しなければならないんじゃないかな?

但し、それとは別の話ですが…。

東京に落ち着きが戻った事は確かなんです。

休日、夜間、コレはやはり『休むべき時間』なんじゃないかな??

東京の街、今まで休みが全くなかったんですよ。

働かないって別に悪い事じゃない。

『働かざる者、食うべからず』これは日本の話です。

欧州は、『労働は神の与えた苦役』出来ればあまりしない方がよく、従って、あまり過酷な労働は人間性を崩壊させるから、しなくてよろしい、という発想。

働かない怠け者が悪い訳では無い。

人間性を壊さない程度に働き、ちゃんと休む、それが人として健全なあり方、という発想です。

労働=正義、ではないからねぇ。

東京に久しぶりに静寂が戻りました。

これを機に、『限度を超えた働き方はしない』と言うのも見直したらどうかな?と思います。

年末年始の勤労も含めて…です。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 繁華街がガラガラでした…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください