ドイツミュージカルの大スター、ピア・ドゥエス(ダウエス…かな?)凄く良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドイツミュージカルの大スター、ピア・ドゥエス(ダウエス…かな?)凄く良いです。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今一寸ドイツ・ミュージカル【レベッカ】(Rebecca)の曲の楽譜作成やってるんですが…。

この方です。ピア・ドゥエス

Pia Douwes “Rebecca” – Rebecca – Stuttgart

凄く迫力ある~

YouTubeでミュージカル【エリザベート】の主役シシをやった人です。

ドイツ版、というか、ウィーン版の【エリザベート】正直、圧巻です。

YouTubeでやってるけど。

歌詞がドイツ語なので、日本人にはなじみにくいかもしれませんが、ハッキリ言って全員、上手!

ヘタな人が誰もいない、というのが、ヨーロッパミュージカルの凄い処。

日本だと…ヘタな人が誰か必ずいるし…ね。

まぁ、アメリカも上手だけど。

ヅカファンは怒るかもしれないけれど、宝塚版とは一段違います。

私があまり宝塚を好きでないのは、結構あまり上手くない人がメインキャスト、やってたりするから。

それにヨーロッパのミュージカルってあまり内容が安っぽくないの。

結構哲学的です…内容も深い。

【エリザベート】だって、『私はどう生きるべきか?』とかそういうテーマがある。

【レベッカ】も深いもの、突きつけて来る。

【レベッカ】の原作はダフネ・デュ・モーリアの幻想小説『レベッカ』で、アルフレッド・ヒッチコックが映画化したものです。

原作では家政婦頭のデンヴァース夫人はそんなに重要人物ではないですが、ヒッチコック監督の映画では、デンヴァース夫人はかなりのメインキャスト。

そして、ミュージカル版では更に重要人物になり…というより、むしろミュージカル版【レベッカ】では、主役の“私”(イッヒ)を押しのけて、コッチが主役なんじゃ????と思う位、影の主役とも言うべきキャラクター。

デンヴァース夫人のテーマ曲『レベッカ』ビア・ドゥエスは迫力を持って歌い上げます。

内容は、“玉の輿に乗った若い女性のアフターストーリー”みたいなものかな?

玉の輿に乗るのも中々苦労するよう。

原作は高校時代の私は読んでます。

アメリカの富豪夫人に仕えていた“私”(イッヒ)は、ある時イギリス紳士(貴族)のマキシムと出会い、恋に落ちます。

マキシムは前妻レベッカを遭難事故で無くし、独身でした。

恋に落ちた“私”とマキシムは、結婚。“デ・ウィンター夫人”となった私とマキシムは、イギリスのマンダレイ邸での生活が始まります。

が、マンダレイには、そこかしこにマキシムの前妻レベッカの影が残ってます。

そして、レベッカの幼少時より仕えていたデンヴァース夫人。

彼女は“私”を主として認めないのです。

次第に追い詰められる“私”…。

このミュージカルで、敵役であり、影の主役とも言えるのがデンヴァース夫人。

デンヴァース夫人は使用人です。デ・ウィンター卿のマンダレイ邸の家政婦頭です。

家政婦頭、というのは、使用人たちの取り纏め役、多分イギリスのドラマ【ダウントン・アビー】のミセス・ヒューズみたいな立場かな?

見ていて『デンヴァース夫人、よくクビにならないよなぁ???』なんて思ってしまいます。

お仕えする新しい女あるじにあんな態度取るなんて。

デンヴァース夫人の亡きレベッカに対するほとんど絶対的、狂信的なまでの、心酔、崇拝…。一言では言い表せません。

デンヴァース夫人の狂気の愛と忠誠、そして絶対服従…コレは、アメリカのミュージカルには無いものだと思います。

デンヴァース夫人を通して、ヨーロッパの階級社会が見えてくる感じ。

デンヴァース夫人は“私”を見下しています。『このアメリカの小娘はデ・ウィンター夫人の格ではない』と。

そう、“私”の立場も決して楽ではない様です。

いちいち、屋敷内の事について、使用人に指示しなければなりません。

屋敷でパーティが開かれるとなれば、そのホステス(女主人)として、ソツなくプロデュースしなければならない。

他の貴族のお屋敷との交流もあります。社交ですね。

訪問するとなれば、一々手紙を書いて…です。

要するにソツなく“貴族の御夫人”を務める訳。

レベッカは全てにソツなく、やってのけた訳ですよ。

時々には使用人たちに強権発動しながら…。

命令し、威厳を持ち、君臨して…人の上に立つものとしての立場。

デンヴァース夫人は、多分“私”に見ていてイラついたんじゃないかな?

これではマンダレイ邸がバカにされるって…。

最後、“私”がマンダレイ邸で自信を持ち『デ・ウィンター夫人は私です』を歌った後、デンヴァース夫人は狂気に満ちた行動に出ました。

何とマンダレイ邸に火を放ち、マンダレイ邸と共に焼死します。

腕にはレベッカの愛用したナイトガウンを抱えながら…。

デンヴァース夫人はレベッカに殉じた…。

レベッカ様の作り上げたマンダレイ邸…それをこのアメリカ上がりの小娘になぞ渡すものか…!。

それはレベッカ様を冒とくする行為だ、この屋敷はレベッカ様に捧げる、それがデンヴァース夫人の論理だったんでしょう。

そのデンヴァース夫人はあまりにも壮烈です。

このデンヴァース夫人役、やはりかなりベテランクラスがやることが多いようです。

そりゃそうですよね…。だって陰の主役だもん。

そしてピア・ドゥエス演ずるデンヴァース夫人のアリア(?)『レベッカ』重厚且つ壮大です。

見応え&聞き応えありますよ。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドイツミュージカルの大スター、ピア・ドゥエス(ダウエス…かな?)凄く良いです。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください