川崎19人殺傷事件について…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 川崎19人殺傷事件について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

またまた、実に痛ましい、凄惨な事件が起きました。

言葉もありません。

犯人と目される人物は、50代男性の引きこもり気味だったとか。

恐らく、人生追い詰められていたと思います。

養育者代わりの叔父夫婦が高齢になり、、叔父夫婦が無くなったら生活はどうするのか?

その挙句の道連れ自殺、凶行なんだろうな、とは想像がつきます。

道連れに選んだのが、カリタス学園の子供たち。

富裕層の恵まれた階級のお嬢さんたちで…、ヤッカミがあったんでしょうね。

この事件で、様々な憶測、ネット民の犯人(と思われる相手)に対する憎悪の声が飛び交う中、カリタス出身のライター飯島裕子さんのこんな記事を読みました。

カリタス学園「愛の教え」さらなる分断を生まないために

この記事が一番、心を打たれました。

筆者の飯島さんは、『お祈りやボランティアをする暇があったら、他人を疑い、不審者を見分ける術を身に付けるべきだったのか?』

それはカリタスの教育方針ではない、と言いたかったのでしょう。

実は、私も飯島さん同様、キリスト教のミッションスクール出身です。

中高6年間、S学園という女子校で、キリスト教の教えを受けました。

キリスト教は『隣人を愛せ』『汝の敵を愛せ』と教えます。

そしても『人は罪を背負っている』『世の罪を背負って身代わりにイエズス様(キリスト)は十字架に架けられた』とも…。

この事件があっても、『汝の敵を愛せ』、出来るのか?

唯、犯人(と目される人物)の凶行に至った心は思いやることが出来ます。

その孤独感も…。

この犯人に必要だったのは、『神の救い』だったと思います。

その孤独感をいやす『神の救い』…。

キリスト教作家の遠藤周作氏は、神を、『人生の同伴者』と呼んでいます。

世の中で、他の誰もが、自分に対して無理解でも、神さまだけは、解って下さる、理解して下さる…。

だから祈る…、神様が傍に居て下さるから。

神様は絶対に自分を見捨てたりしない、その気持ちです。

最後になりましたが、この事件で、亡くなられたカリタスのお嬢さま、保護者のお父さまのご冥福をお祈りするとともに、お怪我をされた被害者の方々の一刻も早いご回復をお祈りし、お気持ちの安らぎを取り戻されるよう、お祈りいたします。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 川崎19人殺傷事件について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください