嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

本日、久しぶりに寄席へ、落語を見に行って来ました。

そこでの噺家(落語家)さんの前振りのネタ(落語本編に入る前の前ネタ)の話。




噺家さんの世界は、結構封建的な階級社会。

前座見習い→前座→二つ目→真打…の順です。

落語家になるのに、最初は真打の師匠に弟子入りして(見習い)始まります。

その見習い時代…

見習いさんの“お仕事”に、寄席に出演する、自分の師匠(真打ち)に、お茶出しする、というのがあるんですね。

ついでに、兄弟子たちにもお茶出し…。

この辺は、舞台人社会の『先輩、後輩』の階級社会ってやつです。

お茶が出て来るようになれば、一人前、というか、偉い人になったというか…。

さる噺家さん、絶対に『見習いさんの出したお茶は、絶対に呑まない』人がいたそうです。

同輩の噺家さんが、訳を尋ねると、こうのたまわったそう。

「オレは見習いの頃、嫌いな先輩に出すお茶に、フケを入れてたんだ」

「あいつら、何するか解らねぇし、何入れられてるか解ったもんじゃないからな」

「……」

どうです?これ…???

何と、逞しい復讐か!?

あっばれですよね~

階級社会の中、表立って“上”に盾突かないけれど、気に入らなければ、解らないように“仕返し”…。

この発想、ちふれは大好き!

人生、この位、図太く生きたいもんです。

ヘタしたら、ゴキブリの死骸でも入れてやりたい相手、いますもんね。

思わず、心に残った話なので、ブログに書きました。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください