小室哲哉氏の引退騒動について…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小室哲哉氏の引退騒動について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

初めに予め書いておきますが、私は特に小室哲哉氏のファンでも何でもありません。

特に彼の目指す音楽とは私の目指すものとは全く、真逆の部分があるので、どうしてもそりは合わない部分もありますし、特に音楽批評をするつもりもありません。

と言うより、彼の音楽は、“音楽”と言うより、“サウンド”と言う印象があるので…。

唯、一世を風靡した、アーティストである、とは思います。その観点から述べたいと思います。

不倫騒動の記者会見で、電撃の引退宣言会見を見た、一言の感想を言えば“小室哲哉氏も老いたな”と言う印象でした。

TMネットワーク時代から知ってはいたので(確かマンガの『city・hunter』のEDでしたよね?私が知っているのはそれ位ですが)彼の目指す音楽は

『オシャレでカッコよく、今風の若者』スタイルでした。私は出入りした事全くありませんが、昭和時代のディスコ音楽(今はクラブ、と言うらしいですね)

逆に言えば、彼の目指す音楽スタイルは、『ダサい、古臭い、流行遅れ』と言う感覚を完全に嫌っていた感じです。

オヤジ感覚も嫌っていた感じ。老成する、とか、大人感覚、とか、老練とかそういう感覚は何処か、敬遠していたんじゃないかな?

私はそういう印象を持ってます。

ところが記者会見で見た小室氏は、(妻の介護と自身の病気で、疲れていたというのもあると思うのですが)非常に老けて見えました。と言うより、年相応の中高年男性。

一部で“薬でもやっているんじゃ?”という噂のあるほど、やつれたな、という印象。

不倫に関しては、文春の言う程、不倫じゃなさそうですよね?奥さまの介護でそれどころではないでしょうし…。

精神的にクタクタなんだろうな、と思いましたね。そして…一挙に老いが出た。

あれほど、年寄り臭かったり、ダサかったりオヤジになる事を嫌った小室氏でも、年は出る。

その事に、私は一寸衝撃を受けました。

つくづく小室氏を見て思いますが、人は“生老病死”からは逃げられないんですよ。どんな人でも、どんな大スターでも、“生老病死”は平等。

大スター小室氏でも、それは変わらない訳です。そして妻の介護。

介護なんて、こんな“ダサい事”ないじゃないですか。これ以上、ダサい事はない。

小室氏とて、ダサい事からは逃げられない訳です。

奥さまが“女性から、少女になった”“今小学4年のドリルをやっている”…これ、夫としては切ないだろうな?と思います。

ある意味、夫婦としては終わっていますよね。夫婦と言うより、父と幼い娘の関係みたい。

そういう小室氏夫婦の、プライベート空間に『病気、介護』と言う、トコトンダサい事はやってきた。

今も御夫婦でそれを受け止めている訳ですよね。小室氏も奥さまの介護、よくやっているな、と思います。大変だろうに…。

これから小室氏には、『病気や介護の大変さ』を現場の声として訴えていってほしいと思います。社会問題として…。

ちふれより




このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小室哲哉氏の引退騒動について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください