え~オリジナルCDレコーディングの事です…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - え~オリジナルCDレコーディングの事です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

現在、オリジナル1st.アルバム出す予定で、現在作成&作曲中ですが、どうしても気になるのが費用の話です。

売れている世界の方々はともかく、我々売れない世界の連中(インディーズってやつね)にとっては、ある部分、ムダなコストはなるべく削減したい処。

レコーディングスタジオにアチコチ問い合わせて見ました。

すると…まともなレベルのアルバム作成は、ン十万かかるとの事。

アルバム一枚出すのに、まず

レコーディング録音→トラックダウン(ミックスダウンともいう)→マスタリング→プレス(原盤作成)→ジャケットデザイン作成(の前に、ジャケ用の写真撮影)→ン百枚のCDコピー(プレス?)

とこんな感じ。

まぁ、トラックダウン(ミックスダウン)やマスタリングと同時進行でジャケ作成するので、この辺はある程度費用かかる。

が、問題はレコーディング。

聞くとコレ、所謂ポップスの世界ってやけに長時間、レコーディングします。

10曲前後のアルバムで、演奏時間45分程度のモノで、一日で終わらないそうな。

8時間レコーディングスタジオを丸二日かけて…って16時間かかるじゃない!?一体、何で…???と私は思いました。

レコーディング時間を16時間かければ、当然、スタジオレンタル代も16時間分の費用が掛かります。

そんな高いお金、私払えないよ~(はぁ…ため息)ですが…。

要するにコレ、スタジオミュージシャン達って、レコーディングの現場に行くまで、何の曲を収録するのか、解らないんですよ。

当日、現場に行き、その場で初めて収録曲の楽譜を渡される。

要するに、初見試奏のオンパレードです。しかもCDと言うのは販売、商品です。

演奏にそれなりのクオリティを求められます。トチッたり音のミスタッチ(!?)はマズイ訳。

その場でミュージシャン達は練習してるんですよ。始めて見た楽譜で。

ミュージシャン達の演奏の練習稽古時間が入っているから時間がかかるんです。そこで…。

今回の私のアルバムの場合、やり方を変える事にしました。

私が全曲、作曲し終わったら、さっさとミュージシャン達に楽譜(パート譜)を渡します。つまり、レコーディング現場での所見演奏を無くします。

大体、レコーディング一ヶ月前予定です。各ミュージシャンには自宅で練習してきてもらう。

その後、レコーディング当日とは別に、合わせ(リハーサル)1~2回やります。お互いの音の感覚がどんな感じか、事前に解っておく。ゲネプロもやります。(おかしいかな?この言い方…)

それを経て、当日レコーディング!です。だから、一発勝負!で短時間です。大体、かかって5~6時間。出来れば4時間位。

レコーディングも各パート個別収録ではなく(バンド系は現在、ほぼこれ。まずはドラムのみ録音、次ギター録音、ベース録音…と続き、最後に歌録音です。ミックスダウン、と言うのは、各パート個別録音した音源を一緒に同じトラックに合わせるんです)最初から全パート「せーの…!」でいきなり合わせてレコーディング。

これが一番時間がかからない。

音のミスタッチが無いように、各自、さらいこんでおく。レコーディング4日前位から、私もピアノスタジオでグランドピアノで数時間練習しようと思います。

まぁ今はそれが出来るからやるんですが。売れている世界は別です。

コレ、かなりクラシックに近い感じです。が、この方がコストがかかりません。

邪道かもしれないけれど…ね。

ちふれより




このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - え~オリジナルCDレコーディングの事です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.