100円ショップの文房具たち…使い切れないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 100円ショップの文房具たち…使い切れないですね。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

改めて100円ショップの文房具を見ますと、小物類は、『コレ、一生のうちに使い切れるのかな?』と思うようなモノって結構あると思います。

例えば、シャーペンの芯。

アレ、40本入りなんですよ。社会人になって、使い切るのに、どれだけかかるんでしょうね!

しかも、(今はややそうじゃありませんが)私が20代の頃って…シャーペンの芯(40本入り)が3セット入っていて100円(税込み105円)

又は、ホチキスの針。

コレは今も使ってます。

アレも多量にありますよね。

ホチキスの針も小さな紙箱に1000本とか入っていて、それが5セットにパックされて、当時105円。

コレ、使い切れるの???と買ったとき思いました。

そう、使い切れるもんじゃなかったんですね。

ホチキスは今でも使ってます。

派遣の仕事のレポ―ト用です。

シャーペンの芯も使いますが…コレは完全に私のメモ用、下書き用。

意外に社会人になると、シャーペンって使わないものですね。

学生の頃は、授業や講義のノート取るのに、シャーペンでしたが…。

ドイツ語の語学学校のゲーテでもつかってたな…シャーペン。

テストも無論、(入試以外)シャーペンでした。

社会人で働くようになると、シャーペンより、ボールペンの出番が多くなったりします。

仕事等で正式に提出する書類は、全てボールペンですし。

幸いにして、シャーペンの芯や、ホチキスの針は、断捨離を始めた時、全て寄付に出しました。

全て、最後の1つを残して…。

そして、その最後の1つを今、使ってます。

最後の1つったって、シャーペンの芯はゆうに30本はありますし、ホチキスの針も1000本ならぬ、800本くらいはまだまだあります。

多分、私の生涯で、ようやく使い切るで分量しょうね。

消しゴムも同様。

消しゴムも当時、5個入りで105円でした。

一個使うのに、相当時間がかかるのに…です。

無論、消しゴムも使いかけを残して、全て、寄付。

今消しゴムは、使いかけが、3個あります。

これまた、私の生涯かけて、使おうと思います。

今、消しゴムは更に使わないんですよ。

シャーペンで書いたメモの書き直しは、私なんて、グシャグシャと黒く塗って、横に書いてますし…。

何せ、自分のメモだしね。

消しゴムってカスが出るのが嫌で…です。

ましてや今はデジタル社会。

メモだって、スマホのメモ帳アプリを使えば、済むと言えば済みます。

私の場合はあまりデジタルに頼りすぎるのが怖いから、という理由だけです。

スケジュール帳や家計簿も同様ですね。

ホント、使い切れない程の文房具を持っていたんですね。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 100円ショップの文房具たち…使い切れないですね。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください