続・マスコミの偏向報道について…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続・マスコミの偏向報道について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

前回『商売を考えたマスコミは自然、ヒダリヨリになる』と書きました。

今回はその続きです。

しかも、商売を考えたマスコミって、何か社会問題提起する時に、一番見た目も解り易い悲惨な部分のみを取り上げがちなんですよ。

この辺が大衆のポピュラリティ相手と言う事でしょうか?

解り易いのが受ける、というのが。


早い話が貧困問題。

貧困問題で出て来るのが、一番解り易い悲惨さでネットカフェ難民とかね…。

アレ、解り易いですよね~。

ヴィジュアル的に受ける、と大衆が思えるものを描く…。

格差貧困問題で代表格の仕事が、フリーター、非正規雇用です。

マスコミの貧困問題を見ていると、フリーターが全員、ネカフェ難民なんかい!?と思っちゃう扱いです。

一寸違うだろうが…!!!

ネカフェ難民は、社会的に転落した人の姿です。ホームレスな訳ですから。

フリーターが全員、転落してませんって。

但し、フリーターって確かに生活はピーピーしているは思いますよ。病気したらどうしようとか…。

但し、社会的落伍者じゃないんですよ。

要するに、昭和マスコミって“昭和フィルター”がかかった眼でフリーターを見てる。

“昭和フィルター”取り除かなければダメなんですよ。

フリーターは社会の『負け組』ではないです。

むしろ今の日本社会、フリーターが支えていると思うけれど…昭和マスコミはそう思ってないから。

私が最早、昭和マスコミにあまり期待するモノが無いというのは、この辺りです。

時代は“令和”なんですよ。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続・マスコミの偏向報道について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください