フジコ・ヘミングさんって良いピアニストだと思います…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フジコ・ヘミングさんって良いピアニストだと思います…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

フジコ・ヘミングって良いピアニストだと思います。

あの演奏スタイル、丁寧な響き、アレは今の時代になくなった感じ。




少なくとも、 国際コンクール等で、“技術一辺倒”“テクニック最優先”で出て来た人とは違うと思う。

今の時代、クラシックのコンクールでも、音大の試験でもなんでもそうですが、技術最優先なんですよね。

まずはテクニック!とばかりに、ひたすら機械的にレッスンで詰め込まれるんですよ。

私自身も…多分、結構詰め込まれた、と思う。

それが悪いと言っているのではないですよ。技術テクニックは大事だし、コンクールや音大の試験は、ある程度“公平さ”、“公正さ”、“客観的”、“中立的”が必要だし…。

芸術や文化なんてものは、究極的には“客観的評価”なぞ下せない訳。だからこそ、最初は必要です。

その意味で言えば、フジコさん、決して『上手な人』ではないです。

結構ミスタッチやら、音を外したり(指が)滑ったり…してはいけない事、やってたりします。

指が早く回るテクニックだって、決してそんなに早くは回らない。

でも、でも…と思います。

音楽は、それだけじゃない、と思う。

フジコさんて一言で言えば

『決して上手なピアニストではないけれど、とても良い演奏をするピアニスト』

『味のあるピアニスト』なんです。

彼女のリスト…深い、味のある演奏です。

彼女の『ラ・カンパネラ』とっても良いもの…。

フジコさんの演奏するショパンやリスト…とても味があります。

正直、私、フジコさんにレッスンを受けたいですよ、ホント。

レッスンじゃないかな?私の演奏の“批評”が欲しい。

テクニックは私、自分で練習します。自分で出来る、と思う。

が、フジコさんの“曲の解釈”を聞きたい。

一言で言えば、フジコさん、凄く勿体ない訳。

あれだけ良いもの、自分の音楽、と言うモノを持っていながら…テクニックが足りないのが、凄く残念。

聴いていて、切ないし、(演奏も、フジコさん自身も)可哀想になってしまう。

音のミスタッチが『あ~、勿体ないなぁ…』なんですよ。

聴いていて、こっちが悲しくなる。

私の技術テクニック、少し分けてあげたくなります。

彼女が弾けないトコ、私、弾けるから…。

でも…演奏は、凄く老練な訳。

ショパンもリストも、とても老練な演奏です。

流石、人生の晩年に入った方の演奏です。

フジコさん、伊達に年取ってません。

フジコさんのリストを聞いて、二十数年前と思われるロシアのエフゲニー・キーシンの演奏は、まだ若い(笑)

今のキーシンの演奏は、大人になってますが。

それに、フジコさん、あの年であれだけ弾くのって偉いとも思います。

ピアノを弾くって体力要るんですよ。特に、技術力が必要なクラシックは、体力勝負。

結構老大家と言われるピアニストでも、晩年はボケたと思われる演奏をしていたり…。

フジコさん、それが無いもの。ピアニストとして、エライ、立派!

出来るだけ長生きして、良い演奏を聴かせて下さい、フジコさん。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フジコ・ヘミングさんって良いピアニストだと思います…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください