『バーバリー新品大量破棄』に対するボイコット騒動…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『バーバリー新品大量破棄』に対するボイコット騒動…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんな記事を読みました。

バーバリーに新品大量廃棄を断念させた消費者の怒り

これは何処のショップ、店舗でもある問題です。

売れ残りをどうするか…???結局、破棄処分しかない訳。

スーパーでもやってますよ。売れ残りの破棄処分。

食料品等は賞味期限、消費期限があるから尚の事、です。

アメリカ流資本主義では、大量生産、大量消費…そして大量投棄、です。

勿体ないですよね。

売れ残りの未使用の衣類は、ブランド性を維持するために、処分してたんですね。

こうなると、昔あった高級ブランドのやり方、“一点物のオートクチュール”(注文を受けてから生産→販売)の方がムダが無い訳。

一点物のオーダーメイドですよ。その方が売れ残りが無い。

高級ブランドの場合、この方が良いんじゃないかな??と思います。

何も安売りする事、無いんだし…。

大量生産では一着、10万円のスーツでも、オーダーメードでは一着30万円になる訳、良いじゃないですか。

ついでに言えば、時間もかかる。

ユーザーが、注文(オーダー)してから、身体の採寸、そしてそれに合わせた仮縫い、試着…という手順を踏めば、大量破棄処分騒動何て起きませんよ、絶対に。

注文をしてから数ヶ月、長ければ一年…位かかって良いんじゃないかな???

だって高級ブランドなんでしょ!?安売りの大量生産とは違う訳です。

ピアノのシュタインウェイ社なんて、顧客(ユーザー)が注文をしてから、ピアノがユーザーの手元に届くまで、10年くらいかかるみたいです。

完全に大量生産の世界ではありません。

腕の良い職人の手作りみたいです。

衣類もあくまで、“お客の身体に合った服”と言う事で、何も大量生産する必要ないと思う。

大量生産、大量消費と言うのはね、あくまで安物の感覚なんです。

だって安物だから大量生産、大量販売しないと売り上げが無い訳でしょ!?

薄利多売で商売しないといけない。

高級ブランドって違う訳です。

何も高級ブランドが薄利多売する必要、無いんですよ。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『バーバリー新品大量破棄』に対するボイコット騒動…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください