椎間板ヘルニア騒動の件…

えー、ワタクシちふれ、“椎間板ヘルニアを鍼で完治した”と公言しておりますが、実家の母の

『でももしかしたら…一応、大学病院の整形外科に行った方が良いんじゃない?』とのススメで、某国立系大学病院の整形外科に行って来ました。

そしたら何と…整形外科の医師の先生の鍼灸治療に対する、理解の深い事!

私ちふれ、一寸ビックリしたんです。私が

『凄まじい足まで響く痛みの椎間板ヘルニアを鍼治療で完治したと思います』との言葉に決して先生は否定しませんでした。先生は

『ああそう』と笑っておられるだけ(笑)但し、

『自費診療でしょ!?治療費掛ったでしょ』とだけ…。

西洋医学の世界では『鍼は痛みが取れるだけ、治らない』との認識があるようですが、この先生、全然そうじゃなかった!

ヘルニアになった際、最初に行った整形外科の先生は全然鍼灸に無理解だったんですよ、『鍼なんて~』と言う態度。レントゲン技師の先生も

『鍼は痛みが取れるだけで、治りませんよ』と言われました。その時、既に貴子先生の鍼治療を受けている真っ最中だったから私は内心、カチンと来てましたが、黙っていたんですが。

この大学病院の先生は全然違いました。全然否定しない!!!

父に聞けば、現在、鍼灸は、西洋医学の世界で、随時、適応拡大傾向だそう。痛みが取れるだけでなく、免疫力UP!の可能性が高い訳です(ここで、免疫がUPします、と言いきらないのは、未だ鍼灸が、西洋医学の世界で“臨床実験中”つまり、具体的にデータが出尽くしていないからです。私もうっかりしたことは書けない!んですよ)

要するに、西洋医学の世界で、鍼灸を全く無視していません。一目置く治療法なんです。但し、正式に治療に取り入れるには“客観的データが足りない”と言う事。

西洋医学は、医学的且つ科学的な証明医学です。物理的な証明が無ければ、正式に“治療法”として取り入れる事は出来ません。

こんなサイトを見つけました。

鍼灸の現在

一昔前の整形外科の先生なんて、ホントに無理解だったよう。が、現在では、西洋医学の世界のの方で、鍼灸や東洋医学に接近してます。

西洋医学と東洋医学と融合するのが、一番良いんですよね。

ちふれより




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA