仕事用の衣類は消耗品です。

以前の派遣の仕事用の白いブラウスをクリーニングしてきました。派遣の仕事は販売用のユニフォームですが、何故か自前(泣)。派遣会社の担当者がいいにくそうに、

「白いアウター関連は、筆記用具等と一緒で、皆さんの自前になります」…で、渋々(なるべく安くね)購入してました。その白ブラウスです。

が、これ、結構汚れるのね。何せ販売の仕事で着用してましたので。ウチの(レンタル家電の)洗濯機で洗っても中々汚れが落ちない。で、以前住んでいた町の良く汚れを落としてくれるクリーニング屋さんに行きました。

今日は返却日でした。が、クリーニング屋さんおじさん曰く、

「アンタ、もう、こんなの勘弁してくれよ。もっとこまめに洗いなさいよ」と言われてしまいました。いやー、連日着用していたもので…ね。

もうこうなると、仕事の職種によっては、仕事用ユニフォームに限っては、消耗品!ですな。だって、あまりこまめに洗うと、衣類って消耗激しくなります。しょっちゅう、破れたりほつれたりします。が、確かにしょっちゅう洗えば、汚れはひどくなくなります。

販売用の衣類なんて、労働着、作業着かも。消耗激しいのは覚悟!ですね。

これからはもっと派遣の仕事着に関しては、しょっちゅう洗う事にします。

ちふれより




断捨離…ショッピング編

断捨離しても、モノが減らない方がいますね。そんな方は、処分してもまた再度“ショッピング”で部屋の中にモノが増加してます。

そんな時には“ワンイン・ワンアウト”一つ(家にモノを)入れたら、一つ出す。という法則が良いでしょう。購入しても、古いモノを何らかの形で処分すれば問題ないです。

私ちふれ、この前、ナチュラルキッチンのお弁当袋(雑誌の付録に付いていた)数年間使いましたが、捨てました。理由は、折りたたみ傘やペットボトル(自前で紅茶を沸かして使いまわし)が入らないからです。入るのは完全にお弁当だけ。A4サイズの書類もPCも入りません。サブバッグとしては少々不便でした。そして私のお気に入りの“ローラ・アシュレイ”で3000円前後で購入(一番下の写真)完全にワンイン・ワンアウト、です。

欲しい、という気持ちがあっても、実際に購入前にシビアに理性で考えるようにしてます。これは買って本当に使うのか? 無駄にならないか?

欲しいと必要は違います。ニーズとウォンツの違いです。ここの判断は理性なんです。安いから、とか、カワイイから、とかでないんですね。

あくまで、必要だから。無論、趣味や好みもあります。欲しいと言う気持ちも入っていていいと思います。(私、このローラ・アシュレイのバック、好きです)唯、それ以上に“使うか”“使わないか”は、とっても大事です。

お金の使い途は、食品や日用品等の消耗品や消えモノになります。お稽古ごとの月謝も“消えモノ”。今の時代、音楽や映画もCDやDVDではなく、ダウンロードや、音楽配信、と言う事は、物体ではなくなってます。家の中から“モノ”が少なくて済むんです。

だから住まいも小さな家で済みます。大きな家や大きな収納は要らないでしょう。

モノが少ないと家の中がスッキリしますよ。

ちふれより





断捨離…紙類編

断捨離中で、紙類はうっかりすると良く溜まりますね。特にDMの類い。ヘタしたら、外から帰ってきて、郵便受けやメールボックスに入ったものを、リビングのテーブルの上にポンと放置しておくと、確実に溜まります(笑)

紙類は要不要をきっちりと最初に仕分ける事が大事ですね。最初に放っておくと後が大変!です。最近では大分ペーパーレス化が進み、ネット通販など、DMはメールで来ますが、まだ紙DMで来る処もあります。

DMを全く見ないミニマリストの方もいらっしゃいますが、私ちふれは、DMを一応、見てます。一応見て、処分。

確かにDMを見ていると、購入したくなってしまう部分、あるんですよね。でも私は内心「買わないぞ」と心に誓いながら見ていますので、うっかり購入、という事はまずありません。

DMは「買わないぞ」と思いながら見るのが良いと思います。たまーに、購入するモノもありますし。購入したら、DM処分。

又、公官庁関連の重要文書も来ます。これは、
①ずっと取っておくモノ
②一時保管しておくモノ
③不要で直ちに処分するモノ

に分かれます。と言うより、DMも含め、全ての郵便受けに入っているモノはそうですよね。携帯電話等の申し込み時の契約書、申込書も、解約したら処分!です。

紙類のDMチラシで多いのが不動産関係。分譲マンションのチラシ等、住宅関係は紙DMが非常に多い。あれ、意味あるんですかね???ネットでPRした方が早くないか???

不動産関連は、他のジャンルと比べてダントツに“昭和感覚”の業界だそう。まぁ、賃貸も大家さんは昭和世代だからかしら???ウチのアパートも管理会社は固定電話のみでメールアドレス一つありません。あまりの“昭和度”にこっちは「…やれやれ…」ですよ、ホント。

最も断捨離、とか、モノを買わない、とか、ミニマリスト、とか流行ると、不動産業界にとっては都合が悪いのかもしれないけれど。ユーザー、顧客が“小さな住まい”で済むとなれば、事業用、住宅用、共に、スペースが不要となり、不動産業界は売り上げが下がるからね。大きな家が売れなくなるし。

不動産屋さんなんてのは正しく、店舗スペースなんて不要なんですよ。今の時代は。コワーキングスペースか、シェアオフィスで済む話。それをわざわざ駅前の立地条件の良い場所に店舗を構え、社用車を持ち、広告PRも紙のDM…コストのムダが多すぎる!

それらのムダ遣いのコストが全て、高額な手数料に還元される訳。こっちは腹立ちますよね。

ともあれ、紙類のDMはなるべく早く処分しましょう、と言う話でした。

ちふれより




衣類クリーニング

に出しました。派遣の仕事用に使っている白のブラウス二枚です。

結構汚てましたね。今のウチの近辺のチェーン店のクリーニング屋さんでは「これ、凄く汚れてますね~特別純白仕上げ用になります」と言われ、一枚2000円もかかる!高い!しかも高い割には汚れが全部落ちないですよ。

以前住んでいた部屋の近くの“昔ながらの古いタイプの”クリーニング屋さんではそういうチェーン店、バカにしてます(笑)

「あいつら、腕が悪いなぁ。だらしがないな」だそう。で、そこのクリーニング屋さんでは、一枚150円でやってくれます。全部汚れ、落としてくれる。

クリーニングも腕がありますね~何か、チェーン店は腕が悪いみたい。“昔ながらの”“職人さんの”クリーニングなら、あっさり落ちる汚れだそう。

改めて“昔ながらの”“職人さんの”腕を思いますね~。こういうとこ、頼もしい!です。

と言う訳で、今日わざわざ往復三時間もかかって、以前住んでいた部屋の近くのクリーニング屋さんまで行って来ました。時間はかかったけれど、腹が立つこと無いし。

ちふれより




断捨離…アクセサリー編

断捨離を始めた時、私は自分では、比較的あまりモノを買わないタイプだと思っていたんですが、そうじゃない事が次々に判明しました。その一つが…アクセサリー。

最も、売れないとは言え、ピアニスト、ミュージシャン、所謂アーティスト系なので(しかも美術デザインではなく、舞台ステージ関係)なんだかんだ言ってもステージ関係の衣装やらアクセやらは必要です。とは言え、本番ステージ関係ないアクセが結構ありました。何故かと言えば、それでも10代、20代の安物アクセ!です。

こんなチープな代物、流石に本番で身に付けたくない!要するに“オフの日のチョットしたお洒落”だけなんです。が…???

コレがごっそりあったのよ(笑)10代の頃、ピアノのレッスン帰りに羽伸ばし&息抜きに(レッスンは緊張でしたしね!)吉祥寺の繁華街でブラブラし、安物アクセ買ったり、修学旅行のお土産にべっ甲のペンダント(しかも、気に入らず、一回も全く身に着けていない!…何の為に買った!?)のチェーンが錆びていたり…結構安物アクセが錆びたままの放置プレイ、一体どうする気だったんだ!?状態でした。

音大時代も結構安物アクセ買ってましたね~何と言っても音大、お金持ちでオシャレなお嬢さま方が結構クラスにはズラズラ~地方の学生ほどお嬢さま!でした。そりゃそうでしょうね、地方から東京の音大に進学させられる親だから結構親は多分地方の名士とかです。あまり親の職業の話はしなかったけれどね。

そんなオシャレな中に交じって、朱に交われば赤くなる、と言うものです。本来結構外見地味~な私ちふれも、オシャレ心、覚えた感じ。チープなアクセチョイチョイ買ってました。

音大ってね、案外、流行とかそういうスタイルはあまりないですね。モーツアルトとか、ベートーヴェン等クラシック作曲家のクラシックなモノに囲まれているので、流行は後れています。と言うより、流行関係なく、あくまで“お嬢さま”スタイル。古き良き時代のクラシックな感じ。

この影響は私もありますね。大ヒットした断捨離本『フランス人は服を10着しか持たない』のマダム・シックに憧れてますし。

音大時代のクラスメートもエビちゃんスタイルの“ギャル風ファッション”ではなく、“上品なお嬢さま”スタイルが多かったです。今風じゃない。

第一、先生方も“古き良き時代の才色兼備のお嬢さまの成れの果て”と言った方々が多かったと思います。我が師匠、三津橋文子先生もそんな感じでしたしね。
クラスメートに今思えば、『エルメスのバーキンらしきバック』持っていた子がいました。私、ブランド詳しくないから判明しなかったけれどネ。

因みにその頃から、私は服関係は安物(自慢にならないか(笑))で、東部ストアで購入したジャンパースカートを今でも着用。20年着てます。

服は「気に入れば良い」ポリシーです。安かろうが高かろうが関係なし。

で、アクセの話でした。断捨離始めた時、コレがゴッソリあった訳です。一寸身に着けてすぐに飽きる。何せチープな代物です。デザインもチャチな訳。

数回身に付けただけで終わったものがゴロゴロありました。ところが、母親が買ってくれたアクセって結構高いモノ(と言っても数千円~一万円前後)で良いものが多かった。これはほとんど断捨離する事無く、今でも着用してます。ステージ関係も、コレです。

このチャチでチープな安物、結局断捨離時にゴッソリ捨てました。全く身に付けなかった高校の修学旅行のお土産のべっ甲のペンダントもゴミと化しました。

今持っているアクセと言ったらこの写真の100均プラケースに入るだけです。これ以上は持ってません。ステージも結局、気に入ったものを繰り返し使っていますね。

全く、安物買いの銭失いとは私の事ですね…。

ちふれより




ウチにはテレビと固定電話がありません…断捨離、家電編

ミニマリストの方や、シンプルライフを目指している方は少なくないと思いますが、ウチにはテレピはありません。(でも実家にはある…(笑))

テレビが無いとどういう風になるかと言うと、まずリビングがスッキリします。結構テレビって圧迫感ありますね。特に大型サイズだと。

そのテレビが無いと、部屋は広くなります。狭い部屋が広く感じますね。そしてNHKの受信料も追っかけて来ませんし。

あのー、NHKの受信料って、結構テレビがあるだけでもしつこく来ますね。「ワンセグはお持ちではないですか?」とか…。

NHK受信料って本来『NHKを受信する目的でテレビを設置』したのでない限り、契約する必要ないみたいなんですね。唯、私ちふれは面倒臭いので、むしろテレビ設置無し。

NHKの受信料って、他のネット有料動画(Huluやネットフリックス、dビデオやauビデオパス)と比べると、ダントツに高い!月1300円ですからね。何でこんなに高いの???別に大した番組やってる訳じゃないのにね。

無論、オリンピックや国会中継、ニュースや、天気予報、災害やテロ等の非常事態の報道は必要ですが…、それだけでいいんじゃない?受信料、下げてよ。契約したっていいから…月100円位でね。

又、一人暮らしの私ちふれ、固定電話も持ってない。ケータイ一本です。固定電話って今個人宅に必要なのかな?

まぁ子供さんのいるご家庭で必要かもって思いますけれどネ。子供にケータイやスマホ持たせる訳にはいかないしね。

faxは今コンビニfaxがあります。と言うより、PCのPDFが早い。これもコンビニ!です。

要するに、都市生活のインフラが揃っている地域では、そんなに家電製品は必要ないと言う事なんです。逆にコンビニの無い地域では必要。

ブロガーのイケダハヤトさんが仰っていますが「ミニマリストと言うのは所詮、都会生活の便利なインフラが揃っているから出来る。そんな中で“資本主義から降りる”なんて本来は言えない。本当にミニマリストになる気なら、自分で自ら“生産”しなければダメなんだ。そして“生産”し始めたらモノは増える」って仰ってます。ある意味、正しいと思う。

究極までモノを持たない、と言うのは、公共のインフラに頼っているから出来るんですね。だから“都市”。田舎ではダメ。

イケハヤさんの仰る事、ご最も。だけど…イケハヤさんのマネって…出来る!?アレって相当、覚悟が必要ですよ。

高知の片田舎に引越して自給自足…彼は地方再生をやっていると思う。平成版『大草原の小さな家』チャールズ・インガルスさんを思わせます。

あれはイケハヤさんだから出来る事だと思う。

ちふれより




楽しい断捨離アン的趣味…かな?

えー、楽しいケーキ作りでした。

『イギリスのお菓子楽しいティータイムめぐり』の中にあったレシピ『チェリートレイケーキ』自力で焼いてみました。材料は、薄力粉と砂糖と卵、バターにサワークリーム…パウンドケーキの応用ですね。

やっぱりお菓子作りって楽しい!モノを作る楽しさってありますよね!しかもハンドメイドなのでお金がかからず…とはいえ、材料のチェリーは結構高かったけれど(笑)

別に趣味ってお金かかるとは限らないと思うんですよ。みすぼらしくなく、でもそんなにお金かからない趣味ってあると思います。特にモノつくりの趣味は…。最も材料や道具はある程度必要かもしれないけれど。

ウチの冷蔵庫の中身、食事の食材の割にはお菓子作りの材料が結構スペース取ってます(笑)別に繁華街のショッピングに行かなくったって十分楽しめます。ケーキ作った方が、購入より安いです。

ケーキ作りに楽しんだちふれでした。

ちふれより




断捨離…書籍編

本が好きな人は解りますが、読書家は結構部屋中が本だらけになります。私もそうでした。

この手の文化カルチャーものはそうですよね。音楽はアイチューンズのDLで良いにしても、本や雑誌類は溜まる。

今の私は紙書籍、電子書籍の両刀使いです、ハイ…。電子書籍は断捨離、シンプルライフ、ミニマリストに当然、相性が良い。が…

私は紙書籍も購入してます。なぜなら、作家さんによっては“紙書籍しか出さない”人もいるから。

紙は紙で魅力、ありますよね。町の本屋さん、今とても厳しいみたいだけれど(アマゾンに気圧されてね)私は本屋さん、入るし…。町の本屋さんは存在して欲しいです。

本屋さんって独特の雰囲気があります。色々な本があって(無論、本屋の店長が選んだ!)そこでじっくり、背表紙を見ながら取り出して立ち読みしてみたり…これは大事なアナログの感覚。アマゾンやグーグルのおススメではなく、自分で選んでいるんです。

個人的には町の本屋さんは、ブックカフェみたくなって欲しいです。気に入った本を選んで、有料のドリンクを片手にじっくり読む…ドリンク有料にすれば、決して“タダ読み”にはなりません。都心の方にはありますよね。ブックカフェって。

無論気に入れば購入も可。

私の場合、現在購入の紙書籍の大半は、読み終わったら“フルイチオンライン”か“ブックオフ”行き。極少数の紙書籍だけが自宅に残ります。かなり選別は厳しく選んでます。

一方、電子書籍はDLです。これはラク!ですよね。部屋のスペース、圧迫しないし…。雑誌類も定期的に処分!です。

出版業界は電子書籍、イヤな顔しますけれどね~。あんなの、本じゃないってね。

そりゃそうだけれど、でも電子書籍って…メリットあるのよ(笑)

と言う訳で、私ちふれは、紙と電子、両刀使いです。

ちふれより




大型家具収納について…断捨離ネタです。

えー、ブログ更新がしばらくぶりになりました。一寸私ちふれの手違いにより、ブログサイトを新しく更新してまして、読者の皆さまにはご迷惑をおかけしました。又、頑張ってブログ更新しますので、皆さま、お付き合い下さいね。

現在、私ちふれは、シンプルライフを心掛けております。家具収納関連も最低限、というよりほとんど無い(笑)

紙類はフェローズのバンカーズ・ボックスに入れてます。楽譜も段ボール(ダサいかな?いずれはバンカーズ・ボックス収納予定)それをポン!と床に置いている。

収納用具は、四つの衣類用チェスト、衣類用アンティークのポールハンガー、位かな?食器棚なんて無し。

食器はミニキッチンの下に全て余裕で収まってます。

あのー収納用具って結構、場所取るんですね。食器棚なんてその最たるもの。部屋のスペース、結構占領されます。

逆に言えば、それらの収納用具を取っ払うと、狭い部屋でも結構広くなるんですよ。

家具ってなるべく持たない方が良いです。部屋の場所取るし…。

ウチはベッドは作り付けの昇降式電動ベッドです。これは大家さんのモノ。この昇降式ベッド、結構便利ですよ。

狭いワンルーム、ベッドを下すと途端にワンルームが寝室になる。ベッドを上げるとリビング兼食堂兼ダイニング。

電動ベッドは寝食を分けられます。

収納用具に話し戻すと、収納用具があると人は何かモノを入れたくなるようなんです。空いたスペースを埋めたくなる。

空きスペースを作らないんですよ。部屋の空いた空間はそのまま。部屋の床は見せておくんです。

又、背の高い家具も置かない方が、圧迫感がありません。テーブルもローテーブルの方が部屋が広くなる。

家具類は何かと小さく、コンパクトに纏まった方が、引っ越しだってラクです。

所有物は小さく、コンパクトなモノに限りますね~

ちふれより




断捨離を始めてから…

掃除を気軽にするようになりましたね。部屋が比較的キレイです(笑)
衣類を減らしたので埃も前ほど出ないし。布製品は埃が出やすいです。
布だけでなく、部屋にモノがゴチャゴチャしていると埃はそれだけで出ます。そして掃除はしにくい。
掃除機も回せないですよ。はっきり言って。そして特に私は喘息もちです。
喘息や花粉症の方、モノを減らしてみては如何でしょうか?それだけで埃は少なくなります。
ズボラで掃除が嫌いな私、ラクに掃除が出来るのが夢でしたし。ユニットバスには何も置いてないです。補充用のトイレットペーパーすら、玄関に設置。
何もないのが、こんなに掃除がラクとは思いませんでした。掃除は10分…とまでは行かなくとも、20分で済む。
これ、部屋が狭ければ狭いほどいいんです。と言っても、狭い家、と言うのは許容範囲がありますけれどね。
例えばワンルーム15㎡のアパートに家族四人、は狭すぎます。狭くてストレスが溜まる。
が、何も2LDKの70㎡は要らないんです。今の新築マンションって2LDKとか3LDKに70とか80㎡あるけれど。こんなに要らないと思う。
一人10㎡もあれば十分!じゃないかな?まぁ人によるけれど…。
家が狭ければ、広い家に引越す事考えるよりも、モノを減らした方が良いと思います。その方が色々ラク!
家具も家電製品も減らした方が良いです。私は一人暮らしだけれど、結婚なり、同棲なりした時も(←まだ考えてる、こんな事)、二人暮らしです。食器棚なんて購入するつもりありません。
食器は一人10点ほど(私は7点程ですが)で、20点もあれば十分!なんですよ。キッチンのシンク下で結構。
食器棚を設置するだけで場所取ります。他の家具家電製品もそう。
モノを減らせばむしろ空気が綺麗になって、空気清浄機なんて不要なんじゃないかな?カビも埃もダニも少なくなりますし。
ズボラでものぐさで面倒臭がり、でも部屋はラクにきれいにしたい方、断捨離はとっても有効です。

ちふれより