スケジュール帳&家計管理について…。

皆さまはスケジュール管理はどうしてますか?

ワタクシ、一人暮らしの為、カレンダーは使ってません。その代り、スケジュール帳を常に携帯してます。

デジタル・ミニマリストの方によっては、スケジュール管理は、スマホのクラウドで済ませている方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、その方が、モノを所有しなくて済むので、便利かも…と言うより、便利でしょうね。

グーグルのスケジュール管理だってあるし…。

但しね…。

それって今自分が持ってるIT端末が調子悪くなったら、終わりな訳。

早い話が、スケジュール書き込めず、閲覧も出来なくなる。

凄く、恐い訳ですよ。

又、クラウド保存、と言う事は、IT企業に、スケジュール内容、丸ごと把握されちゃう。

グーグルスケジュールカレンダーだったら、グーグル社ね。

ウィンドウズ使ってたら、MS社。

唯でさえ、IT企業にはもはや我々、生活も人生も牛耳られてます。

その怖さは、共謀罪や、マイナンバーの比じゃないと思う。

Gメール使ってるという事は、グーグル社にメール内容、全て把握されていると思った方が良いですよ。

グーグルのサーバー使ってるわけだから。

Gメールなんてホント、無料サービスで便利だけど…“タダより高いモノは無い”

スケジュール帳、と言うのは、私の生活全て書いてある。実に把握し易いです。

だから怖い訳。

スケジュール帳はアナログの方が無難です。少なくとも私はそう思う。

と言う訳で、私は紙のスケジュール帳使ってます。因みに、私の使用してるスケジュール帳は、家計簿も一緒になってるやつです。

高橋の“プチ家計簿”

コレ、凄く便利ですよ。家計簿とスケジュール帳が一緒なので、纏めて記録し易い。

もうここ10年位使ってます。

色々他にも試した挙句、サイズ的にもバッグに入り易く、家計簿の記録と予定の記録を記載できる、これになりました。

一ヶ月のスケジュールが見開きで、家計簿が一週間単位って、中々ないんですよ。これはもう、『My 定番』

今回は、スケジュールと家計簿の話でした。

ちふれより




お財布について…。

皆さまはどんなお財布をお持ちですか??

これは私が現在、使用中のお財布です。

ブランドの“キタムラ”のものです。

実はコレ、お財布ではありません。多分、ハンカチ入れ…のようです。要するに小物入れ。

コレ、気に入って結構使い込んでいます。外側のエナメルが剥げる程。

もう10年位…かな?カード類、現金(紙幣、小銭共に)一挙入れ中。

これを使い始めたら、所謂“お財布”を使う気は無くなりました。

兎に角、シンプル。バッグの中で場所取らないです。

通常のお財布って、ブランド物だろうが、ノーブランドだろうが、紙幣と小銭、カード類を入れる場所が区切られているんですね。

所謂、『収納用具』として、シンプルじゃない。結構カバンの中で嵩張ります。

仕切り分がある分、重さもあります。空のお財布でも、結構重い。

少なくとも、私ちふれ的には重いんです。

お財布で、仕切りは要らない、と思う。

カード類も小銭も紙幣も、全部一緒で構わないと思います。その方がシンプル。

考えて見れば、お財布も立派な『収納用具』です。断捨離したければ、『収納用具を減らせ』

収納用具は、アレコレ用途を決めないモノの方が良いんですよ。何でも入るモノの方が良い。

お財布が嵩張るのは、お財布のせいだけじゃないです。多すぎるカード類が理由です。

アレコレポイントカードを何枚も持っていると、お財布が“嵩張る”

カード類を減らしていくと、特にお財布の中に“仕切り”は要らなくなるんです。

少なくとも私は実感。

ハンカチ入れやポーチなんかの方が、作りはシンプルです。

シンプルな分、結構なブランドでも、価格も安くてリーズナブルです。だから買い易い訳。

収納用具を買う時は、本来の目的とは別の用途で作られたものを使う、と言うのも、一つのアイデアですね。

ちふれより




モノが少ないからと言って貧しい訳では無い…。

と思います。何故なら部屋の“空間”って大事だからです。

何もない空間、ゆとり…それが人に精神的なゆとりになります。

特にドミニック・ローホーさんの本など読むと感じます。ローホーさんは

『魂を養ってくれるものだけ、そばに置きなさい』と仰ってますね。彼女は

『シンプルに生きるために要らないモノを手放しなさい』と仰ってます。

ドミニック・ローホーさんの本を読むと、いかに

“物質的に豊富でも、人は幸せにならない”

“人間の幸せや不幸せ、心の平安は金銭では決まらない”

かを痛感します。この辺が精神的なゆとりなんですね。

彼女は

『心が平安で、身軽になると見えてくるのが深みのあるシンプルな生活。それが本当の贅沢なのだ』とも仰ってます。

彼女は日本の禅の思想を非常に好み、実生活で実践されているようです。

何もない空間を重んじる感覚は華道、茶道にも通じますよね。

侘び錆びの世界…。

それは日常の人込みから離れ、一人になる時間、一人になる空間です。

一人になるって大事なんです。何故ならそこで自分を取り戻すから。

たくさんの人と群れていると、“自分”が無くなるんですよ。周りに合わせなければならないから。

少なくとも、自分の心の声は聞こえてこない。

一人になった時、自分の心が見えてきます。

そういう時、部屋の中がゴチャついてたら???落ち着いて自分の心と向き合う事も出来ない。

自分の部屋がゴチャゴチャしてたら、落ち着かないんです。だから減らした方が良い。

お金が無いからモノが買えないんじゃないんですよ。お金があっても…買わない。

それが精神的なゆとりだと思います。

空間のゆとりが、精神的なゆとりに繋がる、と私は思います。

ちふれより




生活をミニマムにするという事。

現在、私は断捨離アンで、シンプルライフを心掛けてますが、これは、生活がコンパクトでミニマムになるんですね。

住居、お金、車(←これは持たず)…全てが私達の親世代より、一回り小さい。

私達の親世代(高度成長期)って全てにおいて、生活が派手。大きい。

大きな郊外の家にマイカー、そして大きな家具家電類…全てがビッグサイズ。

ただ、一家の主、主人(主にサラリーマン)の年収が800万とか1000万とか、ビッグサイズだったのでそれが可能だった訳です。

上記の年収が、所謂ある程度、エリートなら解りますよ。でも…決してそんなでない勤め人の平均年収ですから、やっぱり一寸全てが“ビッグサイズ”“大型サイズ”だったんじゃないかな?

親世代の同じ仕事の職種が、今は年収はその半分位…のようです。

まぁあんまり言うとブログが生臭くなってしまうので辞めますが(笑)、やっぱり親世代より、生活やライフスタイルもダウンサイジングが必要のようです。

昭和の親世代の方々の中には『老後破産』(!?)という事もあるようですし。

昭和の価値観で見ちゃいけないのよ、コレ。

要らないモノをそぎ落としていくシンプルライフ、ミニマム生活、と言うのは『転落しない為の世間知』とも言えます。

将来、どうなるかわからないから、転落しないように…予防する訳です。

昭和の後半はホント、世の中が派手でした。バブル期で、フツーのOLさん達なんかが、海外旅行とブランド物と…皆が皆、そうじゃないと思うけれど、でも何十万のブランド物持っているOLさん達もいたようです。

私は学生だったからOLの世界って知らないけれど。

ウチの叔父なんかも、5年おき位にマイカー、買い換えていたんじゃないかな?確か…。

車を5年おきにですよ?信じられます??

車なんて、10数年は持つのに。

そういう世の中の流れの中で、ワタクシは洋服、数年は着てましたが(笑)流行を追わないので変わっていたみたいです。

と言っても10代の私、身体のサイズが成長期なので、しょっちゅう服は買い直してましたけれどネ、ウチの母。

私は母親の選んだ服を着ていたので、流行は関係なくなりました。早い話が親の趣味。

自分で服は買えなかったんです。おこずかいも少ないし…。

おこずかいが少ないのは今、大いに役に立ってます。ムダ遣いしない癖はついたので。

こういう育て方をしてくれた親に感謝!で、大いにミニマム生活で役立ってますね。

ミニマムになると全てが小さくなる。住居、車無し!(東京近辺の駅から徒歩5分以内)、消耗品以外買わず…で支出はミニマム。(収入もミニマムですが…)

昭和世代の郊外の家ってサイズが大きいんですよね。キッチンなんかも大型のシステムキッチンで…管理どうするんだろ?なんてものぐさな私は考えてしまいます。

維持管理、大変なんじゃないかな?掃除だって大変そう。

私は小さな家で良いです。ピアノさえ置ければ。

これからは生活をミニマムにする事、大事ですよね。転落から逃げる為にも…。

ちふれより




100円ショップにご用心…(笑)

前回の記事で、改めて私が(断捨離時に)大量処分したものを思い出してみました。

それって…100円ショップのものって結構多かったんですね。しかも文房具。

100円ショップの文房具です。大量の原稿用紙やレポート用紙、ノート類やルーズリーフ(これは学生時代用)含めて…。

今思うと、コレって何の為に買ったのかなって思います。

若い頃、一寸小説やシナリオもどきを書いていた事があったので…その時のです。

今は原稿用紙もノート類も全く使わないので、全く不要品。

小説の代わりに今、ブログ書いてますが(笑)PCなので、紙もペンも必要なし。

そう、文具類って結構“溜まる”んですよ。小学生時代のモノが大学まで溜まってましたし。

小学校時代の“イラスト入りののお遊びノート”大学時に処分しましたもん。

後、キレイなレターセットやカード類(伊東屋等で購入)も一時、コレクション癖があったので、溜まってました。

レターセットは断捨離時に人さまにごっそりと譲りました。カード類は仕事関係。

音楽仲間等に本番でお祝いにメッセージカードとして差し上げるのに使ってますが…いかんせん、コレクションしたカードが多すぎた!

「仕事に使うんだし…」でせっせと買ったのが、買いすぎでした。

シャーペンや消しゴムも多いんですよね。100均のものって。

消しゴムなんて、100円で5個。1個使い切るのに、どれだけかかるんじゃ?って感じ。

ホチキスの芯もそう。一回買ったら一生分、あるんじゃない?あれ…???

文房具って、多すぎるわな。

100円ってホント、気軽に買っちゃうんですよね。だって100円だし…。

しかも作っている会社は第三世界の発展途上国の国々の人々に作らせています。

それって、良い事な訳??第三世界の人々の労働力を安く使い捨てている訳でしょ?

100円ショップの裏側だって、ユニクロと同じような状況なんです。

作っている人々は多分、かなーり劣悪(!)な労働環境で働かされ、…ブラックなんてもんじゃない。

100円ショップで買うたびに、そういう企業の片棒を担いでしまう…良い事じゃないですよね?

100均、買うなとは思いませんよ。買って良い。

だけどね、

100円のものだって、1000円だって1万円だって、必要なものを必要な分だけ、買えば良いんじゃない?

ホント、ムダにモノを買ってたなと反省する今日この頃でした。

ちふれより

PS…それらの文具って、断捨離時に、ボランティアに全て寄付しました。主にココです。

ワールドギフト




断捨離と節約

断捨離と節約について考えて見ました。

断捨離の目的って節約の為?

いいえ、そうじゃありません。節約と言うのは、お金が無いからしなければならない。

断捨離は私は節約の為ではありませんね。

無論、そんなに大してお金は無いし(と言うより結構いつもピーピーしてるし…苦笑)年収200万以下だし(年収200万以下が“貧困”だそうです。その意味では私は立派に“貧困者”)アラフォーの賃貸アパートシングル女だし、貯金は無いし…と内々尽くしで、『節約は必須でしょ!』と人様から言われかねない経済状態ですね、ハイ。

確かに今の私って節約は必須。でもね…。

節約節約って、みすぼらしくなりたくないって気持ちも強いんです。と言うより、節約ばかりって何か、みすぼらしい。

今の自分の人生と生活の中で、必要なモノと不必要なモノを分けてるだけ。

必要なモノ、欲しいモノはきちんと購入しますよ。レジャーや飲み会だって参加します。高級スパ施設『タイムズスパレスタ』だって時々は行きます。

だってみすぼらしくなりたくないんだもの。

『タイムズスパレスタ』なんて、完全にレジャーです。仕事、音楽、関係なし。でも一晩泊る。

一晩泊ってゆったりしてきます。それはお金じゃない。

節約考えたらやめた方が良いですよね?こんな事にお金使うの。だけどそうじゃない。

精神的なゆとりって大事だと思うんですよ。

実は食費もそう。

節約考えた時、真っ先に削るものって食費だそうですね。唯、私はこれは“あやしい”と思ってます。

食費節約して(無論、節約すべき処、あるんだけれど…)人生、楽しい?食べる事って楽しくあるべきじゃない?

私ちふれは美味しいモノ食べる事ってとても大好きなので、食費、節約したくないんですよ。と言っても限度がありますが。

それに食費節約しても、せいぜい1~3万です。頑張って節約して1~3万。

節約の観点から言っても、努力した割にはコスパが悪い。

食費節約して毎食カップ麺なんて…将来の医療費が心配です。

要らざる医療費の削減からも、食事はそれなりにきちんと食べた方がよろしい。

それより削減すべきは固定費なんですよ。住居費とか車関係(これは持ってる人)

住居費は大きいと思います。それと要らないモノ買わない事。

私の場合、今持っているモノを再チェックして、『要る、要らない』で断捨離を進めていき、不用品を処分していったら、『要らないモノは買わない』主義に辿り着きました。

一人暮らしのシンプルライフが、モノが少なくなったら身軽になっていったんです。ライフスタイルも一回り軽くなった。

今までいかに要らないモノに囲まれていたかを身に沁みました。部屋もゴチャゴチャして狭かった。

狭い部屋が広く快適になったんです。

小さな生活、小さな暮らしで、身軽な感じ。

洋服だってそんなに買う必要ない。

服は以前からあまり買わない方でした。少なくとも人様が良くやっている『毎シーズン何か買う』事はありませんでしたね。

でも、それなりに持ってました。着ない服なのに。考えて見ればお金が勿体なかった!

それを(20~30着はあった!)処分し、『もう当分、服は買う必要なし』に辿り着いたんです。まあ下着類は別ですが…。

必要なモノを必要なだけ買う。

そういう意味では、私自身、収入が上がっても、生活費が今以上にかからない自信は完全にあります。

だって不安定な自由業、収入なんて又、下がるかもしれないし。

あやしいものです。

そして生活上、欲しいモノなんて、そんなにないんですよ。大きな家も車も要らないし。

食器も今の100均ので十分。家電製品も、今ので十分。

冷蔵庫もあんまり大きいと、食材ムダにしちゃうそうだし…。

必要なモノを必要なだけ。

そういうライフスタイルを貫こうと思います。

ちふれより




A3コピー用紙を購入しました…。

コレです。

フツーは使わないですよね、A3のコピー用紙なんて。ところがワタクシちふれ、コレ、使うんですよ、楽譜で。

でも流石にそう大量は必要無いです。フツー(のPCのPDFか何か)の書類を印刷する時はA4ですしね。

500枚なんて必要ないです(最も、もっとたくさん音楽の仕事がある場合には別で、今の状態の場合)だから、500枚購入しても、結構余っちゃう。

何せ個人レベルです。企業、法人ではありませんし。A4だって使い切るのに時間は掛かります。

ましてやA3は楽譜以外、使わないのに。

そこで通常500枚の半分の250枚を購入しました。

実は価格は500枚とamazonで購入すると送料入れると大して変わらないです、が、余った時の状況を考えると…です。

実は以前、A3コピー用紙は、500枚購入し、大量に余り、断捨離時に処分したモノの中に入ってます。

処分した理由は未使用の紙が折れてよれて且つ汚れてしまったから。

破損状況だったんです。コピー用紙として使えない。

だから処分しました。これからは“出来るだけ少量数を買う”事を心に決めながら…。

使い切るのに時間がかかるモノは少量数が良いと思います。長期間、自宅で保管しておくのに、劣化する可能性があるからです。

劣化する前に使い切る。

これが消耗品を購入する時のルールですね。

ちふれより




新年、明けましておめでとうございます。

えー、2018年が始まりました。皆さまは如何お過ごしでしょうか?

私は…年末に風邪をひいてしまったので、いささか寝正月です。とは言っても、喉がおかしい、何となく不調(だるい感じ)、時点で寝込んでいたので、そう悪くはならず、熱も出ず、喉が痛い→咳き込む(喘息の症状)→鼻水、くしゃみ(現在の症状)程度で、済みました。

何せ不安定稼業の身、風邪をひく、という事は免疫が落ちてる証拠なので、免疫回復、とばかりに寝てばっかりいましたね。

卵酒も飲みましたし…。

卵酒って免疫回復に良いみたいです。アルコールで体があったまるので、体温が上昇。免疫も上昇、と言う事は、免疫が風邪のバイキンをやっつけてくれる訳。

体調が悪い時は、無理をせず、寝ているのが一番!です。薬より睡眠、です。

今はすっかり元気で、花粉症が出ているだけ。これは私の場合、風邪の終わりの症状です。良かった!

年末の大掃除は、大みそかにカンタンに済ませました。掃除機を掛けただけ(笑)

ホンの30分で終わりましたよ。以前の大騒ぎが嘘のよう。

今日は近くの神社にお参りに行き…ウチの周辺を散歩。

近くのイオンは元旦から開店、スタッフの方々、新年早々お仕事、お疲れ様です。

新年早々、デパートやスーパー、開ける必要あるのかな?とも思いますが…。

モノをなるべく買わない生活を心掛けていると、買うモノなんて無いですし。

生活もコンパクト且つミニマムになると、小さな部屋、小さな家で十分。

大きな家って欲しくなくなります。住まいの贅肉を落とす感じ。

今の時代、生活上の贅肉が凄く沢山あるんですね。それがシンプルライフでは無くなる。

欲はありますが、物欲では無い感じです。良い人生を送りたい。

それが私の“欲”です。モノは必要且つ十分なモノで結構。

今年もそんな私の生活をブログに綴りますので、皆さま、どうぞ宜しくお願い致します。

ちふれより




年末の大掃除です。

…が、これは結構カンタンに済ませそうです。

理由は、部屋が元々片付いているから(笑)

こんな事言うのってイヤミですか?

でも本当なんです。大掃除の必要が…無い!

何せ、部屋が片付いています。ちょっと掃除機をかけるだけ。

思えば掃除かラクになった!

前はひと騒動でしたよ。狭い部屋にモノがゴチャついて…掃除が負担、大変そのもの!

アッチどかし、コッチどかし…で、中々はかどらない。

今はそれが無くなりましたね。

部屋も15㎡と小さく、部屋の床面積の上にモノが少ないので、掃除機が回しやすい。

衣類も本日、又一枚、穴の開いたスラックスを処分。

派遣の仕事用に使用していたものです。

穴の開いたところが修理もしにくいので処分します。

又、以前派遣の生活を支える仕事(スーパーで試食販売の仕事してましたー、“マネキン”と言われる)で使っていたエプロンも汚れていたので処分。

汚れが落ちないんですよ。で汚れたエプロンを持って行くとクレームの対象。

日雇いで入れる仕事なので又就業するかもしれませんが、他に使えるエプロンがあるので…ね。

物が少ないとホントに掃除かラクにスッキリとはかどります。

と言うより、フツーに生活していると自然にモノが増加するように出来ているんですね。今の時代。

時々は冷静に見直し、定期的に処分していく。

それが大事だなって思います。

ちふれより




大きな家電製品って必要ですか?

以前、冷蔵庫の時に書きましたが、今家電量販店で売っている家電製品って大きすぎると思いません?

冷蔵庫、洗濯機、電子(オーブン)レンジ、掃除機…etc.サイズも巨大サイズならば、価格も高くて、場所のスペースも取る…。

スペックもそう。

洗濯機など、色々多機能すぎて私なぞ、使いこなせないです。

電子レンジもね。

冷蔵庫も、腐らないように、又、冷蔵庫(冷凍庫)臭くならないように…とか色々あるけど、特に冷蔵庫臭さなんて、数日で食べ切れば良い訳。

むしろ、食材を買い過ぎなければ、臭くならないうちに食べ切れます。

スーパーもセール品とか、見切り品とかで大量購入すれば安くしてますけれど、あれって食材をムダにしてないか?と思います。

食料品をムダにするなんて、人間も罪な事、してますね。

冷蔵庫も400Lとか500Lとか…超ドデカな巨大サイズで金額も15万とか20万とか、眼の玉が飛び出ます(笑)

洗濯機も高機能過ぎて私にはさっぱりわかりません。そして10万とか、高額です。

私が洗濯機に求めているのは、『きちんと洗える事、糸くずなど取り除いてくれる事』以上です。

オーブンレンジは『レンジ900W、オーブン250℃位までで、レンジは温めとご飯が炊ける事(私はレンジ専用炊飯器です)オーブンは焼き菓子が作れる事』以上です。

そんなに高性能、高スペックの機能、いらない。

何か、色々と付き過ぎていると思いません??家電製品。

従ってそんなに高価な家電製品は要らないんですよ。しかもトコトン使うし。

10年位は平気で使います、と言うより、壊れるまで使う。

最も洗濯機はウチはレンタルなので、故障したら連絡です。

家電製品もシンプルなモノが良い訳。

小型であればそんなに場所は取りません。(私が一人暮らしだからかもしれないけれど…)

でも、結婚していたとして、ファミリーであっても…です。

食べ盛りの子供を抱えていたとしても…ね。

ちゅらさんの如く、家族四人で168Lの冷蔵庫で済ませているご家庭もあります。

168Lですよ。家電量販店に行くと、1~2名用、とありました。

しかもブログを拝見すると…ガラガラ(笑)

持たない暮らし、使い切る暮らし【それ、いらない】

4人家族でもこんな感じなんです。

これは、ファミリーでも小型サイズで済むという事。

ちゅらさん、食べ切ってから買い物に行く、という方で、ホントに頭が下がります。

私ちふれ、ここまで食べ切っていないので…。でも、無駄にはしないぞ!

家電量販店は商売があるんですよ。メーカーもね。

みんな、商売で買わせようとしている訳です。

みんなが大型サイズを買ってくれたら、会社の売り上げが上がるから。

だから、巨大サイズを店の真ん中に置く。お客に見えるように…。

小型のモノなんて、隅っこの方にちんまりと。

しかも、種類少なく。

エアコンやストーブもね。しかもそんなに傷んでもいないなのに、買い替えさせる。

買い替えを仕向ける訳です。勿体ない話です。

家電の買い替え用の貯金なんて、そんなに必要ない。

家電なんて安い物で済むから。多機能は要らない。巨大サイズ要らない。

小型でシンプルな方が長持ちもします。

家電製品も一回り小さく、ダウンサイズしましょうよ。

ちふれより