ピアノの弾き比べイベントを立ち上げてみました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ピアノの弾き比べイベントを立ち上げてみました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【スタインウェイとベーゼンドルファーの弾き比べ】イベントです。


よく言われる事ですが、スタインウェイとベーゼンドルファー、いずれにしてもドイツメーカーですが、“世界の名器”何ぞと言われてますね。

で…その体験会、みたいな(笑)

最もスタインウェイっつったって、ホントにピアノごとに違いますから。

ワタクシの経験ですと、(20年前からも含みます)ドイツ文化センター内のOAGホールのスタインウェイってワタクシ、好きじゃないの。

あの~一寸弾きにくいんですよ、というより、ピアノで歌いにくい。

ひっじょーに弾き易かったのが、練馬文化センターのスタインウェイでした。

あれは弾き易かった!弾き易く、歌い易い!

コッチが歌って欲しい、と思う通りの音を出してくれるんです。

その事を当時、師事していた三津橋文子先生に進言したら、一言。

『あなたが下手だから弾きにくいのよ』

『あなた、弾きこなせていないの。スタインウェイをね』

『あなた達にスタインウェイ弾かせると、某ヤマハの音を出すわね』

とピシャリと一言。

あの~必ずしもそうじゃないと…、思うんですが…???

だって先生、毎週、スタインウェイの音色はって、レッスンで口喧しいじゃないですか…???

まぁ、私の腕より、スタインウェイの方が上なのは認めますけど、ハイ。

因みにスタインウェイって、少々下手な人が弾いても、上手に聞こえます。

普段練習聞いている人で、『この人、あんまりうまくないな』なんて思っていても、本番スタインウェイで弾くと、『アレ?いつもより上手くない!?』ですよ、ホント。

とっても綺麗に音が出てたりする…。

で、まぁホントにこの辺りが解るのは、相当ピアニスト修行に打ち込んだ人だと思うんですが(基本音大ピアノ科レベル)、そうでなくても、趣味レベルでも『スタインウェイってこんな感じなんだ~』『ベーゼンドルファーってこんな感じなんだ~』って体験する事って結構大事だと思うんですよ。

その人なりのレベルで知る、という事も大事。

従って、このイベント、あんまりピアノの演奏レベルは問いません。

ある程度、弾けていれば宜しい、みたいな。

もしも私で宜しければ、その場で一寸ワンポイントレッスン、みたいな感じでも良いですし。

私でアドヴァイス出来る事であれば、喜んで謹んでお引き受けいたしますし。

世界の名器を弾きこなすのはムツカシイ、という話でした。

ちゃんちゃん!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ピアノの弾き比べイベントを立ち上げてみました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください