衣類を長持ちさせる方法…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣類を長持ちさせる方法…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

以前にも何回かブログに書きましたが、私は衣類は長持ちの方です。

数年~10年は当たり前、長いものだと、10代の頃から着用しているモノだってあります。

今は40代ですから、20年以上着ている計算になりますかね。




今着用中の冬物のコートがそうです。

18歳の高校在学だったか、卒業の頃だったか…その頃から着てます。

他にも、冬物のジャンパースカートだってもう20年、ブラウス(アウター、と言うのでしょうか)も10数年…。

こういうと、結構人様に驚かれるというか…、「よく、長持ちしますね」と言われます。

長持ちする方法…こういうと誤解を招くとも思うのですが、長持ちさせるには“洗濯しない事”なのです。

言い換えれば“洗濯し過ぎない”と言う事のようです。

洗濯はするんですよ。無論、全くしない、という事はありません。

が、『一回外出で数時間着ただけで、洗濯機に入れる』と言う事はありません。

必ず、何回か着用してから、洗濯です。

洗濯って、衣類が傷むんですよ。だって洗濯機の遠心力で汚れを取るのは良いけれど、洗濯機の中で、衣類は引っ掻き回され、捩られ、引っ張られ…いい事は何一つとしてありません。

最後は脱水で、洗濯機の中で、衣類は絞られます。

コレが傷む理由。

クリーニングも同様です。あれだって洗濯機(業務用の大型)の中で、叩きつけられ、引っ張られ…です。

従って、衣類を長持ちさせたければ、あまり洗濯しない方が良い訳。

私が一番度々洗濯するのは、下着、タオル(ハンカチ)靴下…等です。

又、これらは私は全て『消耗品』として扱い、買い替えも数ヶ月に一度はあります。

それ以外は、何回か着用したら…です。

一回着用しただけではそんなに汚れてないんですよ。

汚れていないのに洗濯…何か、勿体ないと思いません???

何回か着て、衣類が『汗臭くなってきたかな?埃っぽいかな?』でようやく洗濯です。

だから、ブラウスやスカート、ジャンパースカートは、一ヶ月に一回位な頻度の洗濯です。

因みに、自宅の洗濯機で洗えない、毛糸物や、ウールのコート等は、年に一回(!)なんですよ。

冬物のコート類や、毛糸のセーター等は、冬の終わりの衣替えの時期に、クリーニングに出します。

それが唯一の洗濯の時期です。

だって、汚れていないし…ね。

布関係は、あまり洗わない方が長持ちする、という話でした。

ちふれより

PS…こういう話、マスコミでは出て来ないんですよ。だって、度々洗濯してくれた方が、消耗が激しいので、直ぐに新しい服を買ってくれますし、洗濯機だって買い替えてくれます。洗剤だって直ぐに買ってくれる…資本主義の発想だから、なんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣類を長持ちさせる方法…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください