狭小部屋の魅力…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 狭小部屋の魅力…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事をお読み下さい。

“現代”の3畳一間が今人気のワケ。都心で始まる新しい一人暮らしの形

以前から私ちふれは、『小さな家の魅力』『コンパクトな住まい方』を推奨してましたが、こう考えるのは私だけではなかったんですね。

そう、時代は『コンパクトな住まい』になりつつあると思います。

小さな家って魅力なんですよ。掃除はラクだし、手を伸ばせばすぐに届く処に全てのモノがある。

昔の長屋と違い、今の“3畳ワンルーム”は水回りは完備です。

そして断捨離は進むし…(笑)

場所が都心なのは、前から私ちふれが“住むのに都会が良い”ってコト。

都心に住むのに狭小部屋なら家賃が(場所の割には)安い訳ですよ。

ベッドはロフトで良いしね。

CDやDVD等はデジタル化すれば場所は取りません。

10㎡あれば一人暮らしは足ります。

そしてこの記事では『敷金・礼金・更新料0円』これがホントならかなり魅力ですが…まさかどこぞの“貧困ビジネス”じゃないですよね?

『敷金0円』でもほぼ同額の『清掃費』取る処もありますしね~。

『敷金』は原則退去時に返金ですが、『清掃費』は返却不要な訳。

不動産屋の“悪知恵”だなぁと思います。

私も以前の部屋は9.29㎡だったので、結構狭小でした。

でも全然住める、快適でした。

こういう部屋ってね、断捨離が進むんですよ。

やたらとモノを置けないし、モノを買わない生活にはピッタリです。

時代はこう流れているんだなって感じた記事でした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 狭小部屋の魅力…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.