ホテルに住む…究極の断捨離編

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ホテルに住む…究極の断捨離編
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

突然ですが、ホテルに住んでいるという方、いらっしゃるんですね。現在では、かのライブドア事件のホリエモンこと、堀江貴文氏がそう。

ホリエモンは持ち物が少なく、家無し生活な完全ミニマリストだった

何か傑作です(笑)あっぱれ、ホリエモン!この人、色々言われて、一寸ずるいなと思う処もあるけれど、時代を見る目&昭和世代の人々に挑戦的な価値観を突き付けていると言う事は評価しますね。ライブドア事件の時

「ネットがあればテレビも新聞も要らない」発言は流石、時代を読んでいる。

これって究極の断捨離!ですよね。なぜなら賃貸に住む場合、家賃以外でも初期費用やら、火災保険料、時には保証会社料がかかって来る。光熱費だって契約します。

が、ホテル住まいの場合、全て“込み”の費用な訳。しかもシングルの場合、定期的に部屋の掃除をしてくれる。これが大きいんじゃないかな?ホテルなら、コップやら歯磨き、歯ブラシやタオル等のアメニティも充実してるだろうし…。

で、調べてみたら、こんなのがありました。

『ドーミーインって暮らせるんです』

最低が一泊(長期滞在ね)3300円との事、これで計算すると…

3300円×31=102300円(一ヶ月)   

あのー、何か…ラクですよね(笑)だって光熱費込みでルームクリーニング代も込みで、ちなみにこのドーミーイン、人数限定で夕食も無料(先着30食限定)
朝食が結構凝っているらしく、有料だったりしますが…。

ともあれ、これ、14万前後でここに住める訳。衣食住の食と住はこれで済み、後は衣類だけ。

衣類なんて長期耐久消費財ですもの。長持ちさせれば何年でも長持ちします。まぁランドリーはちょっと有料かもしれないけれど。

でも、布団やベッド、シーツがホテルの管理と言うのはラクですよね。

今の私の生活用品類の中でも、仮にここに住むとすれば、シーツ、リネン関係や、キッチン関係が全て断捨離出来、残すものは衣類と、ハンカチやタオル(無論ホテルのがあるけれど、それだけでは足りないので)靴や傘、PCやケータイ、少々の書類…と音楽関係(楽譜と電子ピアノ)位かな。音源はクラウド保存と言う事で。

掃除機や冷蔵庫と言った家電製品は要らなくなるわけですよ。洗剤類もね。シャンプーやリンスも要らない。

凄い断捨離な訳です。全てホテルと言う外注のサービスに頼めばね。

まぁ私の場合、電子ピアノと言うのがネックになりそう。流石にドーミーインも電子ピアノの持ち込みは良い顔しなさそうですしね~。

ホテルって住民票も移せるみたいです。長期滞在になれば。女優の山田五十鈴さんが帝国ホテルに住んでいたというのは有名な話。

映画評論家の淀川長治さんもそうみたいです。ファッションデザイナーのココ・シャネルも晩年はフランスのホテル・リッツに住んでいたみたい。

何か、何もわざわざ『住居に住まなければならない』決まりなんか、無いんですよね~

ちふれより

『Radio365』【まりこの世の中拝見!】




このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ホテルに住む…究極の断捨離編
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください