電子ピアノが壊れた!~(T_T)/~~~

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 電子ピアノが壊れた!~(T_T)/~~~
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あー、超アクシデント(!)です。

ウチの稽古用ピアノ、電子ピアノが…壊れた…。

と言っても一応、音は出るんですけれど…。




但し、ペダルが効かなくなった!

右のペダルが完全に効かない!

明後日国分寺ライブなんですよね…あーあ…。

完全に、ペダルが効かないピアノで練習しなければならないです…ハイ。

考えて見れば、ウチの電子ピアノ(カシオのプリヴィア)、もう10年は使ってるんですよ。

しかも、“ピアノを設置してあるだけで部屋のインテリア、演奏はほとんど無し”状態の一般のご家庭と違い、私の場合は、練習する時は“ン時間”レベル。

ライブ前等、毎日5~6時間はザラです。

そりゃ、経年&使用劣化するわ、こりゃ…。

電子ピアノって結構長持ちするようなんですね。とは言っても、弾いていれば劣化はします。

何とか、新しい(中古品でも可)の88鍵盤ある電子ピアノを格安で入手しなければなりません。

今から予算の事で頭痛いよ…あーあ…。

世の中、こういうアクシデントと言うのはあるものだなぁ、とつくづく思うちふれでした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 電子ピアノが壊れた!~(T_T)/~~~
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

パンプスの修理、リフォームしてきました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - パンプスの修理、リフォームしてきました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

フラットシューズのパンプスの修理してきました…。

コレです。




断捨離を始めてから、とかく、『モノを捨てないぞ』と心がけているちふれです。

このフラットシューズ、中敷きがペラペラに外れてしまっていました。

おまけにカカトも擦り減り状態です。

近くの靴の修理屋さんに持って行ったら、『中敷きの交換と、カカトの張替えで締めて、2808円』と言われました。

購入した時、2500円位だったので、もしかしたら修理の方が高かったかな???

でも、私はこういう時、『買った方が安い』とは考えません。

購入時より、リフォーム代の方が高い事はよくあるから。

購入品は、どうしても、大量生産品なので、安く上がるんですね。

が、修理は違います。

修理は、一つ一つ手作りの部分があります。

従って高くなりがちです。

靴の場合、履いている内に、私の足に合って来るんですね。だから、履きなれた靴は歩き易い。

購入した新品はそうではありません。

足に合わず、靴擦れが出来る場合もしばしばです。

今現在、靴の数は、トータルで、全部で六足。

・パンプス(ヒールあり)
・フラットシューズパンプス(今回修理したもの)
・夏用サンダル
・スニーカー

そして、特殊なものとして

・音楽ステージ用ハイヒール(音楽ステージ以外使いません…要するに、ステージ衣装の1つ)
・浴衣用草履

普段使いのモノは四足ですね。

スニーカーは派遣の立ち仕事用として主に使ってます。これは数年で履き潰します。

価格も安物です。

スニーカー以外は、結構修理してます。

靴も結構修理すれば、数年使えるモノなんですね。

ちふれより

PS…私の友人に、同じ靴を20年履いている人がいます。類は友を呼ぶと言うか…ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - パンプスの修理、リフォームしてきました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

2019.1.20『GAKU』新年Pライブについて…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2019.1.20『GAKU』新年Pライブについて…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、お店のオーナーさんからのリクエストで、クラシック曲のヨハン・シュトラウスの曲を何曲か演奏する事になりました。

ヨハン・シュトラウス、というと…、そう、あのウィーンのニューイヤーコンサートが有名ですよね。

『美しき青きドナウ』(An der schonen blauen Donau)とか、『春の声』(Fruhlingsstimmmem)とか…(スミマセン、ドイツ語の“ウムラウト”がキーボードで出て来ない…泣)




今日、楽譜が届き、稽古に入ったのですが…アレ、こんなに良い曲だったっけ?(笑)

確か小4の時に、完全に指導者の趣味(!?)で、弾かされた記憶がありますが、あの時は『春の声』を弾きながら

「なんかつまんな~い…ショパンの子犬のワルツの方が良~い!」なぞと思っておりました。

が、今、『皇帝円舞曲』と言い、『春の声』と言い、『美しき青きドナウ』と言い…

「!?こんな良い曲だったっけ?」状態です。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでは、『…青きドナウ』は必ず、バレエのとコラボがありますよね。

美しき青きドナウウイーンフィル

これがまた、美しいんだ~以前、往年のウラジーミル・マラーホフ様が踊っていらっしゃいました。

ウィーン・フィル程『カン処』をついた演奏が出来るかどうか解りませんが、精一杯頑張りますので、皆さま、是非、1/20国分寺『GAKU』までお越し下さい。

皆さまのご来場をお待ちしております。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2019.1.20『GAKU』新年Pライブについて…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

衣類を長持ちさせる方法…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣類を長持ちさせる方法…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

以前にも何回かブログに書きましたが、私は衣類は長持ちの方です。

数年~10年は当たり前、長いものだと、10代の頃から着用しているモノだってあります。

今は40代ですから、20年以上着ている計算になりますかね。




今着用中の冬物のコートがそうです。

18歳の高校在学だったか、卒業の頃だったか…その頃から着てます。

他にも、冬物のジャンパースカートだってもう20年、ブラウス(アウター、と言うのでしょうか)も10数年…。

こういうと、結構人様に驚かれるというか…、「よく、長持ちしますね」と言われます。

長持ちする方法…こういうと誤解を招くとも思うのですが、長持ちさせるには“洗濯しない事”なのです。

言い換えれば“洗濯し過ぎない”と言う事のようです。

洗濯はするんですよ。無論、全くしない、という事はありません。

が、『一回外出で数時間着ただけで、洗濯機に入れる』と言う事はありません。

必ず、何回か着用してから、洗濯です。

洗濯って、衣類が傷むんですよ。だって洗濯機の遠心力で汚れを取るのは良いけれど、洗濯機の中で、衣類は引っ掻き回され、捩られ、引っ張られ…いい事は何一つとしてありません。

最後は脱水で、洗濯機の中で、衣類は絞られます。

コレが傷む理由。

クリーニングも同様です。あれだって洗濯機(業務用の大型)の中で、叩きつけられ、引っ張られ…です。

従って、衣類を長持ちさせたければ、あまり洗濯しない方が良い訳。

私が一番度々洗濯するのは、下着、タオル(ハンカチ)靴下…等です。

又、これらは私は全て『消耗品』として扱い、買い替えも数ヶ月に一度はあります。

それ以外は、何回か着用したら…です。

一回着用しただけではそんなに汚れてないんですよ。

汚れていないのに洗濯…何か、勿体ないと思いません???

何回か着て、衣類が『汗臭くなってきたかな?埃っぽいかな?』でようやく洗濯です。

だから、ブラウスやスカート、ジャンパースカートは、一ヶ月に一回位な頻度の洗濯です。

因みに、自宅の洗濯機で洗えない、毛糸物や、ウールのコート等は、年に一回(!)なんですよ。

冬物のコート類や、毛糸のセーター等は、冬の終わりの衣替えの時期に、クリーニングに出します。

それが唯一の洗濯の時期です。

だって、汚れていないし…ね。

布関係は、あまり洗わない方が長持ちする、という話でした。

ちふれより

PS…こういう話、マスコミでは出て来ないんですよ。だって、度々洗濯してくれた方が、消耗が激しいので、直ぐに新しい服を買ってくれますし、洗濯機だって買い替えてくれます。洗剤だって直ぐに買ってくれる…資本主義の発想だから、なんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣類を長持ちさせる方法…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

おカネを使わずに人生を楽しもう…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - おカネを使わずに人生を楽しもう…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

と思います。

と言っても確かにかかる部分は掛かりますが(笑)

私が一寸今日出た会合で、「以前のこの時期に、お金が無いのに北海道旅行に行ってきた」話をしたら、皆さまから

「え~っ!どうやって!?」という声が上がりました。




私が「飛行機はLCCで、雪まつり数日前ならまだ安く、宿泊はホテルや旅館ではなく、スーパー温泉に泊まった」

「スーパー温泉は一泊2500円で済みますよ。4泊5日でも1万円です」

「宿泊は、今は民泊でも可、又はその日の晩に片っ端からビジネスホテルに電話し、安く泊まれるよう交渉するともあるみたいです」

「最低、地方都市ならば、ネットカフェ位あるし、ネカフェに泊まる手もありますね」

と言ったら、その場の皆さま方、大いに頷いてました。

そうなんです。

レジャーにおカネをかけなければならない、なんて事は全く無いんですよ。

私は、おカネが無ければ無いなりに、人生を楽しもう、という発想が好きです。

従って飲み会やら何やらも行きます。

浅田真央ちゃんのアイスショー“サンクスツアー”も行きますし、中島みゆきさんの“夜会”“コンサートツアー”も行きます(まぁこれは自分の音楽修行の学びの場でもあるからなんですが)

バレエもミュージカルもライブも行きます。

お財布と“相談”しながらですが、行きます。

良いものは見ておこう、と言う発想です。

ディズニーランドも時には行きます。

最も、ディズニーランドと、浅田真央ちゃんのアイスショーと、どっちが先に行きたいか?と聞かれると、浅田真央ちゃんのアイスショーの方ですが…。

ディズニーランドは、一回見たら、おしまい。

それ以上、心に残るものはありません。アレは夢を見せるだけ。

圧倒されるものが無い訳。

が、浅田真央ちゃんのアイスショーは何回見ても圧倒される迫力がありますね。

アレは何回見ても、何十回見ても飽きない。

多分、それは“芸”の力。

浅田真央ちゃんの『生身の芸』の力なんです。

私から見て、ディズニーランドと浅田真央ちゃんのアイスショーとどっちがお金を払う価値があるか?と聞かれたら、私は

“浅田真央ちゃんのアイスショー”と思います。

同じ事はみゆきさんの“夜会”“コンサートツアー”も同様。

やっぱり生身の芸の迫力は違いますよ。

私の場合、かなり限られた予算の範囲内なので、ココはかなりシビアに見ます。

何処におカネを使うか???

ともあれ、おカネが無ければ頭を使え、という発想になるちふれでした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - おカネを使わずに人生を楽しもう…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

年末年始の過ごし方…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 年末年始の過ごし方…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

年末年始、皆さまはどう過ごしていらっしゃいましたか???

ワタクシちふれ、“年末”は大晦日まで忙しく、“年始”はノンビリと過ごしておりました。

まぁ1/20に新年ライブがありますので、あまりノンビリはしていられないんですが。

少なくとも三が日はノンビリ…かな?

大掃除は年末は出来なかったんです。

そこで、年始の1/3に大掃除ならぬ、普段の掃除。

チャッチャッと30分程でした。




エアコンのフィルターの掃除から、床を中心に掃除機をかけ…ウェットティッシュで電子ピアノやら冷蔵庫の周辺…で終わり。

モノが少ないとホントに掃除がラク!です。

掃除機回すのが面倒臭くない…。

モノが多いと掃除機動かすのが面倒臭い、と言うより、掃除機を動かせなくなるんですよ。

ついでに引っ越しもラク!です。

以前は引っ越しをするのに数日前から荷造りをしなければならないのであった…が、

今は前日!で済みますし。

因みに、元旦は護国寺に、二日は近所の神社に初詣に行って来ました。

年末にお掃除するのが普通かもしれませんが、私の場合は出来ないので。

掃除後は、クレカの明細等の経理関係の書類の整理。

紙類は定期的に処理していかないと、自然に溜まってゆきます。

そしてクレカは、今、web明細とかありますが、私の場合はやはり郵送での紙明細です。

webだと、自分からチェックしなければならないので、やはり怖いです。

郵送の紙明細だと、強制的にチェックしなければならないので、それが月々のクレカ使用のセーブに繋がります。

携帯(今私はスマホね)や公共料金他は、クレカ払いですが、そのクレカのチェックは紙。

クレカのweb明細、自分からチェックしなくて済むんだったら、そっちに切り替えるんですが。

例えば、月々のクレカの締め日に、メールで“今月の明細です”みたいなものがあって、明細がpdfなんかで送られてくるんだったら…と思います。

pdfは自分でプリントアウトしますし。

クレカの場合、借金なので、自分からマイページにログインしないと解らないのが怖いんですよね。

忘れちゃうし…。

考えて見れば、『郵送』スタイルのお知らせってホント、少なくなったと思いません?

みんな、webな訳ですね…郵便局も仕事が無くなりそう。

年賀状も私、今年も出してませんし…、昔に比べれば、紙類も減っていると思います。

そんなこんなで、平和な年末年始でした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 年末年始の過ごし方…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

2019年始まりました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2019年始まりました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

新年、開けましておめでとうございます。

お正月は皆々様、如何お過ごしでしょうか?

ワタクシちふれ、年末は結構多忙で忙しく、ブログもままならない状況でございました。

ようやく元旦になり、一息。




元旦は寝正月になったちふれです。

又、実は今月も20日に国分寺『GAKU』にて新年ライブを行います。

去年は無事、音楽活動も数年ぶりに復活出来まして、どうしてもそうなるとブログが途切れがちになるのであった…(ため息)

今年も又、元気にブログも書き綴っていきますので、皆さま、宜しくお願い致します。

今年も皆さまにとって良い年になりますように。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2019年始まりました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

映画【ボヘミアン・ラプソディ】作品感想…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 映画【ボヘミアン・ラプソディ】作品感想…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

映画【ボヘミアン・ラプソディ】見て来ました。

そう、イギリスのロックバンド『クイーン』のフレディ・マーキュリーです。




と言ってもこの映画、フレディ・マーキュリーが完全に主役になってるけれど。

『クイーン』は私、ロックの中では一寸好きなバンドの1つです。

『We Will rock you』『ボヘミアン・ラプソディ』『キラー・クイーン』

音楽、シャレていて…。

映画を見ていて思うんですが…フレディって、音楽(しかもロック)の世界以外に居場所は無かったんじゃないか?って事。

難民の子で、労働者的な仕事をしていて…“パキ野郎”なんて罵られて。

そう、こういう人が創作、表現の世界に来るんですよね。何か苦労、とか苦しみを背負っている人。

『クイーン』の他のメンバー、ブライアン・メイとか、ロジャー・テイラーだって似たような感じ。

『クイーン』て、結構高学歴も多いんですよね。というより、私は高学歴バンドメンバーって印象がありました。

フレディが難民の子だったとは知らなかったので。

ブライアン・メイの専門は宇宙工学だし、ロジャー・テイラーは生物学だそう。

こういう、高学歴エリート(?)の世界って結構キツイと思います。

選ばれしエリート、成績優秀者のみチヤホヤされるし…成績が下の方は、まるで“無視黙殺”状態です。

ギターのブライアン・メイの、キチンとした良識人、社会人としての大人の対応は映画でも描かれていました。

正直、仕事で組む相手だったら、私としては、暴走しがちなフレディより、ブライアンの方がよっぽど組みやすいです。

マスコミの記者会見で、フレディの奇行、奇人変人ぶりをスキャンダルとして、マスコミが容赦なく突っ込むシーンで、ブライアンは冷静に

『もっと新作アルバムに関しての質問はございませんか?』とか…。

マスコミとケンカせずに、上手に付き合う感覚はなかなかです。

フレディはケンカ腰です。

そりゃ解りますよ。フレディが同性愛故に孤独感を一人抱えている…女性の恋人がいても、男性として彼女を愛せない…。

そして恋人の方は他の男性と結婚し、身籠った…悔しい思い。

難民の子、イギリスのワーキング・クラス(労働者階級)出身、そしてゲイ…。

これは人生に怨念を抱えます。

それが音楽の世界で爆発したんだなって…。

ライブ・エイドのシーンは圧巻でしたね。

主役の役者さん、フレディそっくり(笑)

良く真似たなって思います。

因みにギターのブライアン・メイもあのヘアスタイルといい、ソックリでした。

『ボヘミアン・ラプソディ』の収録シーンも面白かった。

あの時代のロック音楽のレコーディングってこうだったんだなって…。

結構アナログな感じでした。

そして圧巻だったのは…映画の中でBGMで、オペラのアリアが使われていたシーン!

笑っちゃいました…『蝶々夫人』の『ある晴れた日に』だったか、『トゥーランドット』だったか…???

何故ここでオペラ??何故ここで?クラシック??

映画館で一人、爆笑状態!です。

幾ら『ボヘミアン・ラプソディ』の作風がオペラ的な合唱を取り入れたって言ったってねぇ…。

まぁ、フレディはバレエも好きだったそうだけれど…。

この映画はフレディ・マーキュリーを主役として描いていますが、『クイーン』の他のメンバーからの視点で描いた作品が見たいです。

ちゃんちゃん!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 映画【ボヘミアン・ラプソディ】作品感想…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

食費について…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 食費について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、あんまりナンですけれど、私、食費って節約してません(←キッパリ!)

無論、外食ばかりと言う訳では無いですよ。ちゃんと自炊してますし…。

が、食費って、あんまり節約すると、ストレス溜まるのと、安い食材は、色々と不安が残ります。




以前、生協を使っているとこのブログに書きましたが、今はひょんな事から、生協系でも一番価格が高い、東都生協を使ってます。

東都生協

東都生協は、生協系でも、一番、オーガニックとか有機にチカラを入れてる生協です。

因みに、有機野菜は、他の自然食品系統の中でも、かなり安い方です。

他はもっと高いですし…。

東都生協の中の“みのり”表示が、所謂有機です。

最も私は“みのり”は買いませんが…(苦笑)

放射能とかそういうモノを全て、ココは独自で検査してます。

椎間板ヘルニア騒動で、ワタクシちふれ、如何に『健康が大事か』と言う事を思い知りました。

免疫力も低下させない事もいかに大事かも…。

農薬や何かはなるべく使わない方が良いと思うんですよ。

だから東都生協です。

こういう処で自炊食材を購入していると、通俗的な意味での“節約”は出来ないんですよね。

無論私だって外食はしますし、マックだって入る事はあります。

スーパーで食材を購入する事もある。(生協は配達が週に一回…足りないです)

インスタント食品、ジャンクフードを完全に否定できません、否定していたら生活出来ないし…。

が、自分で気を付けられるレベルで、なるべく気を付けた方が良いと思うんですよ。

だから東都生協使っています。

ちふれより

PS…国分寺のPライブ、明日になりました。一寸Xmasライブという事になります。又、新年は、1/20(日)
に国分寺『GAKU』にて、Newyearライブ予定です。

皆さまのご来場をお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 食費について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

親世代より一回り小さな暮らしにする事…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 親世代より一回り小さな暮らしにする事…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

断捨離するようになって、モノを買わなくなりました。

家計簿を見ても、購入品は消耗品ばかり。

食料品、光熱費や通信費、日用品(トイレットペーパー、ティッシュペーパー、コンタクトレンズ液、石鹸、ハミガキ、歯ブラシ、シャンプー等)、衣類(下着類や破損理由での室内着)バレエのお月謝、接骨院でのマッサージ…。

後は交通費や、雑費(銭湯や、その他)、交際費(飲み会等)、一寸大きい出費で、エアコンクリーニングや、音楽経費等。

家具家電製品はほぼ購入しません。




暮らしを小さくする事は出来るんです。

現在、貧困や格差社会が問題になってますが、こういった事を予防するためにも、生活はコンパクト且つミニマムにを心掛けてます。

私達の親世代は、高度経済成長期でした。

そこでは『消費は美徳』、『一生懸命働けば、昨日よりも今日、今日よりも明日、生活や社会は良くなる』

『一流高校から一流大学、一流企業に勤めて出世して高給取りになる』と言う価値観もありましたね。

そしてその稼いだお金で、大きなマイカーにマイホームを購入して豊かな生活を送る…とも。

だけど今はそうじゃない。

正社員で働いたって、ブラック企業かもしれないし、そこでウツや過労死等も問題になってます。

私は、仕事と労働は違うと思ってます。

人は、仕事ならば、『仕事と共に討ち死にする事が出来る』が、労働では『労働と共に討ち死にする事は出来ない』んです。

ブラック企業は、仕事と労働をごちゃ混ぜにしてます。

仕事と労働は違うんです。

むしろ、昭和時代よりも、経済的にはコンパクト且つミニマムにする方が、時代には合っていると思います。

そして、シンプルライフは、モノを買いません。

少なくと、不用品は買わないです。

買わない事で、消費税アップにも対抗出来ます。

又、モノを買わない生活は、家の中が非常に片付けやすいです。

お掃除もし易いですし…ウチも、20分あれば掃除終了!です。

そして、精神的にはゆとり!が出来ます。

モノもお金も使わなければ、生活費を稼ぐためにあくせくしなくて済むんです。

マイカーやマイホームのローンに苦労しないで済む…それがゆとり。

大きな家や大きな車でなくとも、小さくとも、スッキリと片付いた部屋でお茶を一杯飲む…それで幸せを感じる事が出来ます。

それがゆとり。

昭和時代とは違った一回り小さな暮らし、シンプルライフを心掛けたいと思っています。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 親世代より一回り小さな暮らしにする事…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加