衣類とハンカチーフを寄付してきました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣類とハンカチーフを寄付してきました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ウチの行政でやっている“もったいない市”と言うのがあります。

春と秋の年二回。

“もったいない市”は家庭で眠っている不要な衣類、布類(ハンカチ、タオル、シーツ等)食器を行政で集めてくれる、市主催の『無料リサイクルショップ』『フリマ』みたいなもの。

今回は、以前仕事で使った半袖ワイシャツとジャンパー、オシャレハンカチーフ10枚ほど。

写真に撮っていないので、画像はお見せ出来ませんが、ハンカチーフは結構なブランド物もありました。

数回使用済みだけどね。

ワタクシちふれ、結構汗っかきなんです、で…、

特に夏周辺の時期、タオルやハンカチーフは手放せません!が、

今回手放したものは、オシャレで綺麗ではあるけれど、全く実用品としては使い物にならないものです。

気に入って購入したはいいけれど、使えなくて10数年、死蔵品となってました。

衣装ケースの“ハンカチ、タオルの部”の奥に眠っていたものです。

お蔭で衣装ケースのスペースがまた空きました。

今“ハンカチ、タオルの部”に入っているモノは全て使うモノばかりです。

衣装ケースに空間と余白が出来…コレがとても気持ちいい!

ゆとりがある感じです。こんな感じ。

一般的に言う“断捨離”ではもっと少ないのかもしれませんが、私はコレ、もう全て使うので。

後は使い込んでいくだけですね。

それでは!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 衣類とハンカチーフを寄付してきました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

フィギュアスケート・鈴木明子さんの離婚騒動について…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フィギュアスケート・鈴木明子さんの離婚騒動について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

うーん、どうしても書いてしまいます。

何せ私、フィギュアのファンだし…鈴木明子さんは、今年の札幌雪まつりでの【鈴木明子スケート教室】で間近に演技見てますし…。

そもそも彼女、スケートしかやってきてない人生だったと思うんですよ。

スケート漬けの人生です。

家事が出来ないとか、言ってるみたいだけど、それ、当たり前(苦笑)

でも彼女、結構“大人の発言”してます。

「スケートしか知らず生きてきた中で、いろいろなことを学べる経験になった」

「仕事ばっかりにもなってたなと思います」

「妻として至らないところはたくさんあった」

そう、スケート漬けの彼女にとって、結婚生活は“いい社会勉強”になったんじゃないかな??

こういう人生もあるんだなって。

夫は社会で仕事で戦っている訳で、家に帰ってきたら妻に出迎えて貰いたい訳ですよ。

妻の元で安らぎたい。

が、鈴木明子さんに“普通の妻”を求めるのはムリと言うものです。

ファンなら解る。

離婚した元夫君は、“小学校時代のクラスメート”だそうですね。

つまり、小学生時代、机を並べて学校で勉強していた彼女を見ていたわけです。

スケートで学校をよく休んでいたかもしれないけれけど、それにしても登校した時は、フツーのクラスメート。

フィギュアに必死にってる彼女の姿をどの位見ていたかどうか???

明子さんのお父様が結構、結婚時に“鈴木明子の婿の条件”として結構厳しい事言っていたらしいが、それ、当たり前なんです。

夫は“鈴木明子の夫”に徹さなければならないんですよ。

妻が家にいない事も当たり前、見たいな…。

逆に言えば、鈴木明子さん、普通の女性の人生を知らないと思います。

普通に恋愛して、結婚、一人の男性の妻として生きる、と言う人生。

恋愛しているヒマ、無いのよ。

家事なんてのは今私、やってますけれど、そんなに難しくは無いと思う、と言うより、やれば出来るものです。

完璧にこなそうとしなければね。

食事だって一食につき、オカズ3品は作る、なんてことしなければ、一品料理で良いじゃないですか?

私は結構、丼ものとか、焼きうどんとか、一品ものです。

これで夫は満足、しないのかな??

但し、食材はバランスよく使う、と言うセオリーは守りますが。

洗濯?洗濯機回せば?

掃除?掃除機で良いんじゃない??

です。

できる範囲でやればいい。

ましてや今の時代、カレーのシチューもルーが売ってますし…。

そんなに料理って難しくないです。

と言うより、“夫が手伝え!”

妻は“フィギュアの鈴木明子”なんだし…ね。

夫君も鈴木明子さんのフィギュア、甘く見た感じですね。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フィギュアスケート・鈴木明子さんの離婚騒動について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

現在のメイク用品類です…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 現在のメイク用品類です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~ハッキリ言って少ないです(笑)

これだけ。

普段用、ステージ用含めてこれだけ…何ともシンプルですね。

写真右側の細長いのが、エイボンの口紅、リップクリーム、リップグロスと、口紅用リップブラシ。

エイボンは知人のプレゼントです。と言っても女性ですが(笑)

数年前、知人がエイボンの口紅数種類、下さったんですよ。それ使ってる。

右奥の黄色いクリームがスキンクリーム、メンソラ入りの薬用クリームです。

私の場合、乳液、化粧水を全く使わず、せっけんで洗顔後、この薬用クリームを塗ってます。

元々肌が弱く、子供の頃からアトピー性皮膚炎と言う、皮膚の持病持ち。

アトピー性皮膚炎って…肌が汚くなるんですよ。肌がかゆくなるから掻く→肌がガサガサになる。

子供の頃はそれでイジメの原因にもなりましたね。

で、肌につけるものは非常に用心深くなりました。

中学生位になり、アトピーが消えて行ったんですが、肌が弱いのは同じでしたから。

で、乳液やら化粧水やら付けると途端に肌荒れします。

メンソラ入りのこのクリームはならないんですよ。むしろ、メイク用品の肌荒れを防ぐ感じかな?

口紅前にリップクリームを塗るのも同じ理由です。

直接口紅付けるとまたまた荒れますし。

中央にあるのは(私のHNにもなってる)ちふれ化粧品のファンデーション。

その左が頬紅です。

左上が、アイシャドー二種類です。

一番左奥の薄い色は普段使い用(と言ってもメイクする時ですが)、右側の濃いアイシャドー(二種類入ってます)がステージ用です。

これ以外のメイク用品は、もう他に二本、エイボンの口紅がある位です。

元々私はメンドウクサガリと言う事もあり、あまりメイクはしません。

又、顔にベッタリと張り付く、メイクのあの感覚も好きでないです。

私がメイクするのはステージ本番、音楽の営業用で初対面の方にお目にかかる時や、『私はピアニストです』と言う顔をしなければならない時だけです。

派遣の仕事なんて、メイクするだけ、時間もメイク用品代も勿体ないので(笑)しません。

ステージ関係の人間にしては、劇的に少ない感じ、かな?

オシャレ関係は他にヘアアクセサリー、ネックレス、ペンダント、イヤリング、ブレスレット数種(ほぼステージ用ですが、一部兼用&プライベート用)です。

断捨離した時、安物アクセをゴッソリ処分、処分。

特にチェーンが錆びついたモノとか…です。

シンプルライフ生活を送っている者としては、アクセは多い方かもしれませんが、ほぼ、全て仕事用なので、こんなものでしょ。

メイク用品って肌が荒れるんですよ。特に毎日メイクするなんて、肌が休まらないです。

若い頃からほとんどあまりメイクしなかったせいか、肌が弱い割には今私の肌は結構キレイです。

40代なのに…。

学生時代のクラス会等で、10代は肌がすべすべでキレイだった子が、今肌が結構汚いのを見てビックリした事がありますし。

『アレ??この子、こんな肌汚かったかな?』です。

多分、彼女、高校卒業と当時に毎日みっしりとフルメイクしていたんでしょうね。

メイクはむしろ、“肌断食”していた方が、肌はキレイになる、という話でした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 現在のメイク用品類です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

佐々木丸美オフ会について…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 佐々木丸美オフ会について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今までも作家、佐々木丸美氏のオフ会を某mixiで幹事として企画して参りましたが、今回のオフ会から、こちらのブログでも“固定ページ”にて参加者募集致します。

理由は簡単で、mixiでは、中々mixi外の方から参加希望が出来ないからです。

今回からはこのブログからでも参加表明可能ですので、皆さま、奮ってご参加下さい。

参加希望の方は、お名前(HNのみ可)性別を明記の上、このブログの“お問合せ”にてお申込み下さい。

締切は原則、前日までとします。

(が、当日飛び入りもOK!ですが、必ず事前連絡をお願い致します)

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 佐々木丸美オフ会について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

『バーバリー新品大量破棄』に対するボイコット騒動…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『バーバリー新品大量破棄』に対するボイコット騒動…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんな記事を読みました。

バーバリーに新品大量廃棄を断念させた消費者の怒り

これは何処のショップ、店舗でもある問題です。

売れ残りをどうするか…???結局、破棄処分しかない訳。

スーパーでもやってますよ。売れ残りの破棄処分。

食料品等は賞味期限、消費期限があるから尚の事、です。

アメリカ流資本主義では、大量生産、大量消費…そして大量投棄、です。

勿体ないですよね。

売れ残りの未使用の衣類は、ブランド性を維持するために、処分してたんですね。

こうなると、昔あった高級ブランドのやり方、“一点物のオートクチュール”(注文を受けてから生産→販売)の方がムダが無い訳。

一点物のオーダーメイドですよ。その方が売れ残りが無い。

高級ブランドの場合、この方が良いんじゃないかな??と思います。

何も安売りする事、無いんだし…。

大量生産では一着、10万円のスーツでも、オーダーメードでは一着30万円になる訳、良いじゃないですか。

ついでに言えば、時間もかかる。

ユーザーが、注文(オーダー)してから、身体の採寸、そしてそれに合わせた仮縫い、試着…という手順を踏めば、大量破棄処分騒動何て起きませんよ、絶対に。

注文をしてから数ヶ月、長ければ一年…位かかって良いんじゃないかな???

だって高級ブランドなんでしょ!?安売りの大量生産とは違う訳です。

ピアノのシュタインウェイ社なんて、顧客(ユーザー)が注文をしてから、ピアノがユーザーの手元に届くまで、10年くらいかかるみたいです。

完全に大量生産の世界ではありません。

腕の良い職人の手作りみたいです。

衣類もあくまで、“お客の身体に合った服”と言う事で、何も大量生産する必要ないと思う。

大量生産、大量消費と言うのはね、あくまで安物の感覚なんです。

だって安物だから大量生産、大量販売しないと売り上げが無い訳でしょ!?

薄利多売で商売しないといけない。

高級ブランドって違う訳です。

何も高級ブランドが薄利多売する必要、無いんですよ。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『バーバリー新品大量破棄』に対するボイコット騒動…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

バスタオルは持ってないです…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バスタオルは持ってないです…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

皆さま、バスタオルって持ってますか???

私ちふれは持ってません。

お風呂時、私は結構銭湯又はスーパー銭湯に行く事も多いですが、身体洗うタオルはフェイスタオルです。

自宅のシャワーも同様。

バスタオルって場所取るんですよね。サイズも大きいし…実家時代から使ってませんでした。

フェイスタオルで体洗い、そのタオルで体を拭き…です。

要するに昔の“手ぬぐい一枚”ってやつです。

フェイスタオル、ハンカチーフや汗拭きタオルが一緒の衣装ケースの中に収納。

私が汗っかきな事もあり、汗拭き用タオル&ハンカチーフは結構多いです。

収納ケースの一段を独占状態。

が、バスタオルって…必要なのかな??

昔から私は、『みんな、何で持っているんだろう???』って思ってました。

旅行時も、バスタオルのお蔭で友達のカバンは嵩張る中、私は小さ目のバッグ。

ワンルームなので、特に洗面所の下に収納もありません。

部屋の衣装ケースに一緒に入れてます。

バスタオルの無い生活、お風呂がコンパクトですよ。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バスタオルは持ってないです…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

現在の衣類の枚数は???

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 現在の衣類の枚数は???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今の衣類の枚数を数えて見ました。

私はトータルで『夏用、冬用』だけに分け、春物や秋物は特に所持しておらず、兼用です。

まぁ下着類や部屋着は含まずと言う事で(私は部屋着とパジャマを兼用してます…パジャマは断捨離!です)

現在の衣類の数です。

・トップス8枚
・夏用薄手のカーディガン1枚
・ワンピース1枚
・スカート3枚(柄物です)
・黒パンツ2枚(生活支える仕事用…黒指定の事も多いので)
・紺アンサンブル(スーツ代りになります)上下合わせて1着
・ブラウス1枚
・黒ジャケット1枚
・夏物薄手ポンチョ1枚

ブラウスをトップスの中に入れても良かったのですが、一寸別にしました。

計トータル19点

です。

アンンサンブルはワンピースとジャケットになりますが、常に一緒に着用しますので、これで1着、と数えました。

フリーターの職種でも、現在、派遣にしろ何にしろ、勤務先や就業先で結構服装規定もある処も多いです。

特に接客系で。

従って、無地の黒パンツ(長ズボン)と白いポロシャツ、長袖の白ブラウス(これは冬物として!)は所持必須。

トップス6枚の中に白い無地のポロシャツが1枚あります。

後は音楽用と私服が兼用です。

紺アンサンブルは生活支える仕事用と音楽の営業用兼用です。

派遣等でも受付業務等で『スーツ着用』とある場合もありますし。

音楽の営業時も一応、“社会的信用”と言うモノがあり、着用する事もありますね。

フリーランスの世界と言うのは、結構服装は(慣れた相手だと)自由です。

トップスが多いかな?とも思いますが、一応大体全て着用、且つ体に合わない又は気に入らないモノは無いと言う事で。

ムリして処分する必要は無いし、破損等で、着尽くしたら処分します。

布類と言うのは埃を呼ぶんですよね。従って着用しないモノは持たない方が良いです。

これはあくまで外出着であり、部屋着兼パジャマは入れてません。

又、下着類も除外。

因みに、部屋着は…上下合わせて5着ほど。春夏秋冬オールシーズン通して5着です。

夏物に冬用ウールジャケットを羽織る事で冬物に変身です。

冬物は

・セーター紺、赤で、計2枚
・チェックベスト1枚
・ブラウス6枚(ウチ3枚は白の仕事用)
・ジャンパースカート2枚
・スカート1枚
・(室内用)ウールジャケット1枚
・黒スーツ(上下で)1着
・手袋2組
・コート2着

です。

手袋入れると18点、入れないと16点です。

19点と18点で合わせて37点。(部屋着や下着類は除外)

スーツやアンサンブルは二枚で1点と数えてます。

因みに『音楽用衣装ドレス』は全く数えてませんので、悪しからず。

37点を多いとみるか、少ないとみるか…?ですが、まぁ、少ない方なんじゃないかな?

事実、ここ数年ほとんど数えるほどしか、衣類は購入してないですし。

去年、セーター2着をユニクロで購入した位です。

結構これ位で衣類は日々足りるんですね…。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 現在の衣類の枚数は???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

フリーターの仕事内容って結構ハードです…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フリーターの仕事内容って結構ハードです…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、前回『大人の引きこもり』について書きました。

今回はその続きです。

以前、スーパーのレジ業務をしていた事があるのですが、コレって結構頭使います。

しかも生活力も必要なんです。

レジやってて、『コレ、頭悪いと出来ない』と痛感したのが…過不足のミスや、打刻ミス、商品券や金券の扱い方…結構覚える事が色々あるんです。

支払い方法も現金か、クレカか?又は各種電子マネー…色々とややこしいです。

まぁこれを一通り覚えると言う事で。

物覚え悪いと出来ないんですね。務まらないです。

後商品の種類を覚える事ですが…泣いたのが魚の見分け方。

大体の魚は鮮魚部でシールを貼ってあるのですが…アジとイワシだけが貼ってない、と言うより、お客さんの“セルフサービス”。

アジとイワシの見分け方、解りますか?

大体は大きさ、サイズで解るものの(アジは一匹丁度人間一食分の大きさ、イワシは2~3匹で一食分で小さい)中には“小ぶりのアジ、大きめのイワシ”があり、それが来ると…レジは泣きます(T_T)/~~~

一応の判断の目安として『アジは腹に白い線がピーッと通っており、イワシは腹に黒い斑点がある』んですが…レジに来るアジやイワシって、頭が切り落とされ、エラとハラワタが抜かれ、血まみれのサイコ状態!でビニール袋に入れられてきます。

これ、『腹に白い線』やら『腹に黒い斑点』って…どーやって見分ける訳???

最初、何も知らなかった私は古参の先輩パートのおばちゃんに質問し

『アンタ!?一寸!?仕事大丈夫???危なっかしいねぇ!アジとイワシって全然違うじゃない!』

『鮮魚部に行って勉強してきなさい!そんなの、常識以前よ!』

と叱られました。

鮮魚部で同じ質問を茶髪の若い社員くんに質問し(古参のベテランのオジサン社員さんじゃ、またまたお説教なので、恐かった…苦笑)上記の見分け方を教えてもらった訳です。

「一応の目安は解ったけれど、レジって頭切り落とされて血塗れ状態で来るんだよね、白い線も黒い斑点も見えなかったら???」

と聞くと茶髪の彼は

「そう、解んないっスよねぇ…うーん…オレ、アジとイサキも間違えて良く叱られますしね~」

茶髪の彼、一応、水産高校出身で、魚関係の資格も持ってるよう。

そう、魚の見分け方って結構難しいです。

コレ、生活力なんですよ…。

レジに戻り、古参のおばちゃんパートさん達は皆

「アジとイワシの差!?常識以前!」

と言いますが、若手(大体、昭和40年よりコッチ生まれ)世代は「難しいですよね…」

です。

昭和30年代までの世代の生活力って凄いです。

最も、大体は見分けがつきます。イワシの“黒い斑点”の見分けがつくので…つかない場合は『お客さんに聞く』でこなしてました。

『アジとイワシの問題』はつくづく生活力の必要性を感じさせました。

フリーターって生活力必要なんだって…。

同じくフリーターの職種で生活力求められるのが“スーパーの試食販売(マネキン)”です。

あれは調理の力が鍛えられます。

この試食販売の仕事で私、叩き上げ的に料理を覚えましたし。

実家をでて、シェアハウスに入居しても全然自炊に困らなかったのは、数年働いた試食販売の仕事経験です。

試食販売の世界だってお米を研ぐのに洗剤で研いでいたら、即刻クビ!でしょうね…、今の子、やりそうだけれど。

そう、こういう“力”が無いと、フリーター社会って生きられないんですよね~

ちふれより

PS…因みに『アジとイワシの見分け方』が常識以前とは私ちふれ、今でも全然思ってません。コレは仕事の現場で慌てて覚えるものです。見分けられなくても生活力が無いとはワタクシ、全然思っておりませんので、悪しからず。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フリーターの仕事内容って結構ハードです…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

大人の引きこもりについて…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大人の引きこもりについて…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

一寸社会問題のネタです。

【老後破産激増と大人の引きこもりについて】

一昔前、『フリーター、ニート、引きこもり』等と、フリーターと一緒くたにされてきた感がありますが、当然違います。

引きこもりの自立支援を相談する機関もあるとか。

話を聞いていると、『正社員で就職したが、色々ときつくて耐えられず、退職。その後、アルバイト等をするが、いずれも長続きせず、転々と。いつしか家に引きこもるようになった』

ってパターンも多いみたいですね。

あのー、ハッキリ言って今の“正社員”さん達って結構厳しいですよ。特に激務のサービス業。

外食産業などもそうです。

ああいうのってパート、アルバイトが基幹戦力、その上の管理職たる正社員なんて…。

ハッキリ言ってこういう職場の正社員なんて、メリット無いです。

パート、アルバイト等のフリーターの方がよっぽどマシ。

正社員なんてならない方が良い。

職種によっては、ならない方が良い正社員って結構あるんですよ。

が、本人はそう思わない。

退職後、フリーターになっても、ねぇ…???

私ちふれ、結構フリーター歴も経験あるけれど、フリーターだって結構、ある程度の能力は要求されるんです。

アルバイトだってバカじゃ務まらないです。

結構激務のバイト先だっている、色々とキツイ訳。

ましてやフリーターが主力戦力の第三次サービス業のスーパー、コンビニ、ドラッグストア、ファミレス…等々は、年々過当競争で売り上げノルマがきつくなってます。

過当競争って事は、当然スタッフのサービスだって過当競争です。

他店のスタッフのサービスと(お客から)比べられる訳。

『あっちの店の店員の方が色々とサービスが良い。気もきく。こっちの店員は良くない』

って評価されるんです。

バイトだって、仕事として甘く見る事は出来ないんですよ。

従って力尽きる事あると思う。

クビにだってなります。

が、バイトも上手くいかなかった時、本人はそう思わないんです。

『バイトも務まらない自分は、社会人失格。人間失格だ』って自信喪失。

これで引き籠っちゃう訳です。

この状況を改善するには社会的な部分で

『バイトを甘く見る事は出来ない。バイトだって仕事(労働)だし、ある程度の能力は求められる』

『従ってバイトを首になった処で、自信喪失する必要は無いし、一人前のバイトとして務まる事が出来るよう、スキルアップを図ればいい(サービス業だったらサービスのね)』

そう、バイトだってOJTが必要なんです。

今のバイト、フリーター社会は常に“即戦”

バイトのスキルアップを図る場所が必要ですよね。

私自身の経験で言えば、私にできないバイトって“ウェイトレス”“ホールスタッフ”

コレ、出来ないの。

あれこれ気を使わないといけないウェイトレスって務まらないんです。

その代り、出来るのが単純作業。

倉庫内作業や工場系も含めて、販売のレジや、チラシ配布(サンプリング)よくやりました。

長時間、同じ事やってても苦にならないです。

これはピアノの練習のお蔭かも(苦笑)

バイトでも得意不得意があります。

苦手科目克服と言う手もあるけれど、恥ばかりかくのが嫌でウェイトレスは克服してません。

ひたすら、恥をかかない職種を選びました。

話戻すと、『フリーターなんて誰でも務まる。バカでもチョンでも務まる』って価値観、正すべきなんですよ。

じゃないと、フリーターが務まらなかった時、ホントに社会に対して“挫折感”抱えてしまいます。

バイト先だって『100回クビになって挫折しろ』って思いますね。

クビになってもメゲずに他にチャレンジ、応募。

私だって数回、クビになってますから。

10回位はあるかな???

あれ、直ぐにクビになる世界なんですよ。

すぐにチョキンって切られちゃう。

そこでメゲてはいけないんです。

数回のクビで自信無くすのは早い。

クビになってもメゲない、タフな精神は持っていたいですね。

そしていつか…フリーター社会から脱出すると思いながら…ね。(生涯、骨を埋める世界ではありませんし)

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大人の引きこもりについて…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

10/21国分寺Pライブプログラム選考中です…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 10/21国分寺Pライブプログラム選考中です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、浅田真央ちゃんのサンクスツアーの感動冷めやらぬうちに、ワタクシ、自分自身のライブもございまして(笑)。

プログラム、現在選考中ですが、一応、次回予定の曲にV・MONTIの『チャールダーシュ』があります。

実はこの曲、本来はヴァイオリン曲ですが、ワタクシ、大好きでして…勝手にピアノソロ風にアレンジ致しまして、よく演奏するプログラムの中にあります。

この曲、シャンソン歌手の岩崎桃子さんも大のお気に入りの曲!です。

彼女の伴奏をステージでお引受けする度に「『チャールダーシュ』弾いて~」とリクエストを受け、何度弾いた事か。

シャンソンのディナーショーのお仕事の時もこの曲でしたね。

『チャールダーシュ』ってダンスのリズムの1つなんですね。主に東欧(東ヨーロッパ)。

ハンガリーが主らしいです。

クラシックバレエの【白鳥の湖】の『ハンガリーの踊り』もこの“チャールダーシュ”です。

しかもこのハンガリー舞踊、ハンガリー人(フン族)のリズムでなく、ジプシー(ロマ民族)の踊りなんですね。

所謂“ハンガリアン・ジプシー”と言われてます。

実は、ジプシーってあんまりいい表現ではない様で、ロマ民族が正式名称。

オペラの【カルメン】もロマ民族です(オペラの中でカルメンが『私はロマの女よ!』と言うセリフがあります)

ロマ民族は、放浪の民、流浪の民です。

別のロマ民族を描いた曲にR・シューマンの『流浪の民』がありますね。

中学校の音楽の教科書にも載ってます。

『流浪の民』にしろ、『チャールダーシュ』にしろ、非常に野生的でエネルギッシュでワイルドな感じです。

とっても素敵な曲ですので、ぜひお楽しみに…。

10/21(日)国分寺『GAKU』にて、是非お待ちしてます。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 10/21国分寺Pライブプログラム選考中です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加