嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

本日、久しぶりに寄席へ、落語を見に行って来ました。

そこでの噺家(落語家)さんの前振りのネタ(落語本編に入る前の前ネタ)の話。




噺家さんの世界は、結構封建的な階級社会。

前座見習い→前座→二つ目→真打…の順です。

落語家になるのに、最初は真打の師匠に弟子入りして(見習い)始まります。

その見習い時代…

見習いさんの“お仕事”に、寄席に出演する、自分の師匠(真打ち)に、お茶出しする、というのがあるんですね。

ついでに、兄弟子たちにもお茶出し…。

この辺は、舞台人社会の『先輩、後輩』の階級社会ってやつです。

お茶が出て来るようになれば、一人前、というか、偉い人になったというか…。

さる噺家さん、絶対に『見習いさんの出したお茶は、絶対に呑まない』人がいたそうです。

同輩の噺家さんが、訳を尋ねると、こうのたまわったそう。

「オレは見習いの頃、嫌いな先輩に出すお茶に、フケを入れてたんだ」

「あいつら、何するか解らねぇし、何入れられてるか解ったもんじゃないからな」

「……」

どうです?これ…???

何と、逞しい復讐か!?

あっばれですよね~

階級社会の中、表立って“上”に盾突かないけれど、気に入らなければ、解らないように“仕返し”…。

この発想、ちふれは大好き!

人生、この位、図太く生きたいもんです。

ヘタしたら、ゴキブリの死骸でも入れてやりたい相手、いますもんね。

思わず、心に残った話なので、ブログに書きました。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

小さく生活するという事を心掛けてます…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小さく生活するという事を心掛けてます…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

実家にいた頃、よく母に言われてました。

『生活をするという事はね、それだけでおカネがかかる事なのよ』

『アンタ、実家に居候しているからお金かからなくて済んでいるの。家出て御覧なさい、家賃に光熱費、食費に…かかるモノはかかるんだから』

『大体ね、まともに年収500~600万は必要なのよ』

と散々脅され(←苦笑)私も

『生活費というのはかかるモノなのだ』と認識してました。




そして、実家を出ました。

実際に出て見て感じたのは

『何だ、年収500万なんて、無くたって出来るじゃない』

(最も、年収500万はは子育て中のファミリー所帯の所帯年収なんでしょうが)

要するに、母は昭和の価値観です。

高度成長と共に、大きな家に大きな車(これはありませんが)、戦後の大量生産、大量消費で、大きな家具や家電を購入…そんなライフスタイルで、モノを言っている訳です。

大型家電や大型家具に大量の収納…そんなライフスタイルでは、生活そのものにコストがかかって仕方がありませんね。

着もしない古着や、めったに使わない家電製品、一寸やってみよう、とばかりに購入したは良いものの、中々使わない趣味の品々…そんな品々で溢れかえった家の維持にコストがかかるんです。

ウチの実家がそうです。

使わないモノで溢れかえっています。(実家の片づけが頭が痛いです)

実家には、私の幼児の頃の子供服が未だに天井にあります。ウチの親、一体どうする気でしょうか…???

そういった使わない品々が家中を占領し、家賃なり、固定資産税なりがかかる…。

モノを最小限に留めることで、生活コストは小さく出来ます。

モノを持たなければ、不用品を保管しておく、不動産コストが削減出来ます。

別に貧乏、とか、貧困とかいう事ではありません。

私自身、モノは持たなくとも、旅行に行ったり、飲み会に出たり、アイスショーを見たり、コンサートライブにも(これは仕事絡み)行きます。

モノは持たなくとも、豊かに暮らす事は出来るんです。

オシャレな喫茶店、カフェにも行きますし。

モノを持つ、と言う事は、モノに縛られるという事でもあります。

引っ越しもお金かかりますし、大きなマイホームは住宅ローンに縛られます。

住宅ローンは一旦、契約してしまったら、30年ほどは定期的に支払わなければなりません。

マイホームのローンを払う為に食費を削って…なんて話を聞くと、そこまでしてマイホームに拘る必要あるのかな?と思ってしまいます。

小さな住み方であれば、生活コストはそんなにかからず、肩の力を抜いた暮らしが出来ると思います。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小さく生活するという事を心掛けてます…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

続・スクールカーストってありました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続・スクールカーストってありました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

前回、スクールカーストについて書きました。

今回はその続きです。




え~、18歳の高校卒業まで、『クラスの除け者状態』だった私です。

正直、つまらなかった学校生活を支えたのは、ピアノだったんです。

家に帰れば、ピアノがあり、ピアノの前では、私は『除け者』ではありません。

稽古練習を重ねれば、美しい曲、楽しい曲が奏でられる…もう一人の自分になれます。

ピアノだけが私の取柄、支えでした。

ピアノは絶対に手放せなかった…。

友達が出来たのは、音大です。

まぁ同じような人種が集まっていたからですが…私が本来いるべき場所に来た!でもあります。

ある種、教養階級の世界でもありました。

私も大衆感覚無いし。

そして現在、私は(少なくとも昭和の大人社会からは)爪弾きですが、一人快適に心地よく、“爪弾き状態”を楽しんでおります。

むしろ、率先して…かな?

そして10代あれほど仲間外れにされ、バカにされ続きた世界…学生時代のクラス会に出席すると、スクールカーストが逆転してました…。

少なくとも、最下位ではありません。

理由は…音楽やってるから。

音大進学もあるようです…音大って憧れられるんですかね(苦笑)

音大のピアノ科を出て、(サバイバルの草の根活動にしろ)ピアニストやってますっていうのって…カッコイイの(!?)

実際はそんなじゃありませんよ、フリーターとの兼業だしね。

貧困問題なんか聞いていると、子供の頃からスクールカースト最下位で苛められっ子状態、そのまま引き籠りになって…人生転落、という話も聞きます。

スクールカーストが引き金で人生、自信無くす事もあるようなんですね。

私、自分の経験で言わせて頂くと、引き籠りになってもいいから、何かに齧り付いて下さい。

学校なんて行かないで良い、その代り、何かやって下さい。

その“何か”で人生開けるチャンスがあります。

以前、一寸知り合ったオカリナ奏者の方は、やはり学校でイジメにあい、登校拒否になり…その頃、毎日聞いていたのが、宗次郎さんのCDだったそうです。

CDを聞くうちに、自分でもオカリナを演奏してみたくなり…だそうです。

現在はオカリナ奏者として、活動している方で、アルバムも出しています。

スクールカーストなんて、あんなくだらない序列なんですよ、そんなものに振り回されないで。

くだらない事で“階級”を決めているの…『大衆の論理』『多数決の論理』によってね。

スクールカーストで爪弾きになったら、喜んで爪弾きになって下さい。

クラスの奴隷状態になったら、登校拒否でも構わないと思います。無理して学校行く事無い。

でも…その代り、何かやって下さい。自分の好きな事で良いから。

その方が自分の人生を歩めます。

スクールカーストに悩んでいる人たちへ、ちふれからのメッセージです。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続・スクールカーストってありました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スクールカーストってありました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スクールカーストってありました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ワタクシちふれ、子供の頃から全く学校生活が苦手で、クラス担任の個人面談では

『集団生活、協調性がありません』

と言われ続けて来ました。

今思うと“集団の中で、一人違う”“皆に合わせない”子って目立つというか、集団の中では仲間外れになるんですね。

クラスで唯一人、大晦日に紅白歌合戦を見かったり…。




というより、テレビをあまり見ない子だったし。

見ない、というより、見られない生活だったんですね…ピアノで忙しくて。

当然、“今流行っているモノ”にも疎く、クラスで唯一人、“流行の事をしなかった”り“流行の恰好をしない”子でした。

当然、クラスメートとは話題が合わず、仲間外れの爪弾きでした。

テレビを見ないと、話題、合わないんですよね~テレビの話題で盛り上がっている集団の中では。

当然、こういう子って…クラス内階級《スクールカースト》では最下位状態!です。

小学校では、公立でしたが、『ちふれって変な子』という理由で苛められ、クラス内の奴隷です。

スクールカーストの中では、奴隷階級の子は大いに苛めて良いんですね。

一人流行の恰好をしない、流行のモノを持たない、皆に合わせない…これはクラス内では爪弾きで、階級は一番下の最下位です。

子供社会、10代の若者社会って不思議な感じで、クラス内で、“子供たちの間でのスーパースター”“ヒーロー”“英雄”って必ずしも、勉強のできる子、優等生ではないんです。

むしろ、優等生やら、勉強のできる子って、仲間内では評判がよくなかったり。

理由は…優等生だから(笑)

優等生っていうのは、大人たちに可愛がられる訳で、子供たちの間では“大人に媚を売って”“大人に擦り寄って”と云う風に見られがちです。

綺麗ごとも言うしね。

ヤッカミもあるんでしょうね。

勉強のできる子より…スターは運動神経の発達した子。

これは子供社会では、憧れられます。

スポーツマンタイプで、元気よく積極的且つ活発なタイプがウケがいい。

1980年代用語になりますが(笑)ネアカとネクラで言えば、ネアカタイプです。

元気印はスーパースター。

で、そういう子『みんな、仲間だぜ』とばかりに周りを巻き込んで…クラスの雰囲気が作られたりします。

苛めなんて、そういう子が率先したり…。

子供集団と言うのは、決して皆平等ではなく、必ずリーダータイプと、付いてく子タイプに分かれます。

ボスと手下な訳ね。

クラス内で言うと、クラスのボス(カーストトップ)、ボスの手下の取り巻き(カースト二番手)、おとなしめのグループ(でもやはりややボスと手下がある、カースト三番手か!?)、そして爪弾きの奴隷(カースト最下位)…。

奴隷は決してクラスメートから一目置かれる事は無く、何かにつけ、軽蔑され、バカにされます。

私はこれ状態でした。

当然、学校なんて、つまらないです。

学校、嫌いだったし。

一寸長いので、次に続きます。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スクールカーストってありました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

断捨離を経験して良かった事…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 断捨離を経験して良かった事…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

数年前、部屋の片づけとと同時に持ち物を断捨離し、結構大量の私物がゴミ(!?)と化しました。

衣類もそうですが、日用雑貨品、文房具、アクセサリー…etc.

まだ使えるのに、とか、キレイなものもありましたし、未使用のものもありました。

これらをゴミとして処分するのに忍びなく、不用品の寄付とさせて頂きました。




ちふれが寄付した処

ワールドギフト

未使用のノートなぞ、ホントにゴミ処分するのに、心苦しいですから。

発展途上国のお子さん達の学用品にでも用立てて頂ければ、とても嬉しいですしね。

が…このワールドギフトもそうですが、寄付するのにも送料がかかります。

この時、“不用品を処分するのにもお金(コスト)がかかる”と言う事を痛感しました。

そりゃ、自治体の古紙回収にでも出せばタダかもしれませんが…心苦しいですしね。

それ以来、“モノを持つ事”、“モノを買う事”にも以前よりも慎重になりました。

例え、古着一枚でも、処分するのはラクではありません。

それを私は身をもって覚えたんです。

そして、モノはそれ自体、使い切る事、衣類は着尽くす事、を心掛けてます。

衣類は少々くたびれても、ほつれても、着用不能になるまで、着尽くす…それがモノの使命を全うするという事。

それこそ、明治時代あたりの昔の人は(衣服は高価だったので)衣類を新調する、と言う事そのものが一生に何回かしかなかったようです。

そして、一着新調すると、何十年も着用しており、親から子へと受け継がれる着物もあったよう。

お振袖なんかも、母から娘へと受け継がれる訳です。

そういえば、実家の亡き祖母の箪笥の中に、未だ着物があるようで…正直、私は頭が痛い(苦笑)

今では考えられない話ですよね。こんなの…。

モノが、大量生産、大量消費される以前の話です。

今の時代、そこまでする必要は無いでしょうが、モノの使命、モノの寿命は全うする事が大事なんじゃないかな?

モノを買うのはラクです。ラクで楽しい部分がある。

が…モノを処分するのは大変なんです。

それが解れば、気軽にモノを買う気にならなくなります。

自動的にシンプルライフ、ミニマリストを心掛けるようになりますね。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 断捨離を経験して良かった事…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

GWはノンビリと過ごしました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GWはノンビリと過ごしました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

皆さまはGWはどう過ごされましたか?

ワタクシちふれ、GWは“とりあえずPライブも21日に終わった事だし”と比較的ノンビリと過ごしてました。

幸か不幸か、生活支える派遣バイトもあまり入らなかったし。




となると、結構在宅が多かったので…またまた断捨離!です。

何かと部屋を見回し、“不用品は無いか?”“要らないモノはないか?”とウロウロ

衣類関係では、大きめのスカーフ、というか、ネッカチーフ四枚、断捨離しました。

と言っても、衣類のリサイクルに寄付してきたんですが。

たまに使うモノの、あまり着用しなかったスカーフです。

ゴチャついていたポールハンガーが一寸スッキリしました。

キッチンツールでは、お菓子作り用のハンド泡立てを断捨離。

たまにしか使わないモノの為に狭いキッチンが占領されるのは結構ジャマだったので。

ハンド泡立ては、大きめのスプーンで代用が効きます。

生クリームの泡立ても、マドレーヌのような焼き菓子(ベークケーキ)類も、焼く前の混ぜるのってスプーンで十分なんです。

とかく、小さなミニキッチンと言う場所、一口コンロキッチンに入るモノは限られてますし。

代用が出来るものであれば、代用品で十分!ですね。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GWはノンビリと過ごしました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

“スター”になりたい訳ではない…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - “スター”になりたい訳ではない…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

音楽をやっています、というと、よく『人様に憧れられたいから』という感覚があるみたいですね。

所謂、“スター性”というか、“憧れ商売”ってやつ。

コレ、正直、私良く解らないんです。

私の場合、人様から憧れられたいから音楽をやっている訳ではないですし。

人様から”カッコイイ”と思われたいとも思っておりません。




正直、そんなの、私、どうでも良いです(笑)

特にファッションスタイルだってカッコよくしてませんし…。

私、別にダサくていいもんって感じ。

じゃあなぜ音楽やってるの?と言うと…、

私の場合、『私の演奏する音楽を聴いて、人様に感動して頂いて、その方が、良き音楽人生を歩む事を願い、精神的に豊かな人生を歩んで頂く事』

『私の(演奏する)音楽を聴いて、良かった!楽しかった!又聞きたい!と思って頂く事』

『私の音楽を聴いて、その方が幸せな気持ちになる事』

を願っております。

別に私が憧れられなくて良い訳です。

私は黒子でいい。

『私を見て!』ではなく、『私のピアノを聞いて!』なんですよ、ホント。

主役は私の“演奏”なんです、私自身じゃない。

この辺が、バンド系と違ったりするみたい。

バンドの人たちって、結構

『ステージで演奏して、人様から憧れられて、カッコよく思われたい』

『バンドが趣味って言うと、女のコにモテそう』とか、そういう理由、多いみたいだし。

特にアマチュアバンド系ね、プロは流石にそうじゃないけれど…。(女の子にモテたい、という意識だけでやっていける程甘い世界じゃない訳)

あの~他の女の子に聞きたいんですが…バンドやってる男の子って、カッコよく見えるんですか???

私、ギターもだけど、ベースとか、ドラムとか見ていても、特にカッコイイと思わないんだけれどなぁ…。

楽器演奏してる姿がカッコイイなんて感覚、全然ありません。

カッコイイのは、バンドでも、上手だったらカッコいい訳、ヘタだったら…全然カッコよくありません。

音楽に限らず、芸事ってみんなそうだと思うけど。

上手けりゃカッコいいです、それは“カッコイイ”と評価するのではなく、“上手”と評価します。

多分、演奏している姿がサマになってるからでしょうね。

ピタッと板についてる、ムダな動きがなくて。

バンドや楽器演奏だけでなく、ダンス系やバレエだってそうだし…サマになってればカッコイイ。

芸事は上手でなければカッコよくない、という話で、取り敢えず話は終わりにしますね。

ちゃんちゃん!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - “スター”になりたい訳ではない…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【令和】幕開け…スーパー銭湯に行って来ました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【令和】幕開け…スーパー銭湯に行って来ました。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【令和】幕開けしましたね。

ニュースで拝見する天皇皇后両陛下のお頭が…御髪が…真っ黒になりました。

今まで真っ白だったのが、御代替わりしたんだなと実感してます。

そして、【令和】初日、一日目の今日は、

ワタクシ、スーパー銭湯に行ってまいりました。




ココです。

スパジアムジャポン

都内最大級、だそうです…が、

今日は凄い人混み状態(苦笑)

お風呂に入っても、まず、身体洗うお水場が満杯状態!です。

順番に待機する事、10数分…ようやく頭と身体を洗い、お風呂も人、人、人…。

兎に角、狭い。

そそくさとお風呂を出て、一休みしようとしても、休む場所がありません。

仕方なく、お夕飯にレストランへ直行。

一寸高いけど…フンパツ!して天ぷらとお刺身定食です。

でも、今年の三月に出来たとの事、まだ一年たっておらず、お湯もキレイでしたし、レストランもキレイ、休憩スペースもキレイです。

あちこち歩きまわり、ようやく休めそうな場所を見つけました。

これで確かに、こんなに人だらけじゃなければ言う事、無いんですけれど。

でも、リラックスできたから、まあいいか

今度は平日の中日に来ることにします。

ちゃんちゃん!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【令和】幕開け…スーパー銭湯に行って来ました。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【ピカフロール】さんののセッションライブ…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ピカフロール】さんののセッションライブ…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ご来場頂きましたお客様方、有難うございました。

とても多くのお客様がたに来て頂き、ミュージシャン冥利に尽きる思いです。

ライブ終演後、【ピカフロール】さんとの打ち上げ&反省会。




他ジャンルとの共演は色々大変だね~という話になりました。

実は、リハーサルではやった“音遊び”と云うのがあったんですが、本番では時間の都合上、削除…(´;ω;`)ウゥゥ

というのもありまして…。

次回はもうちょっと煮詰めて企画したいね、という話にもなりました。

又ワタクシちふれ自身の問題…ラテンに慣れてない(:_;)

そう、ラテンアメリカ音楽って、結構リズムがややこしい。

ちふれとしては、反省点しきり…です。

ピアノの練習の前に、リズム打ちの練習じゃ!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ピカフロール】さんののセッションライブ…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

明日は初のセッションライブとなります…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 明日は初のセッションライブとなります…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

えー~、もう、21日になってしまいましたが、明日(というより今日)、平成最後の国分寺『GAKU』さんにてPライブとなります。

平成最後の、そして、初のセッションライブ、と言う事で、どうなりますことやら…(笑)




【ピカフロール】さんのとの対バン兼セッションあり、です。

初めは私ちふれ

『前半と後半に分けて、前半は前野で、後半が【ピカフロール】さんで…』と言っていたんですが、

『せっかく三人でやるんだし、賑やかにやろうよ』と言う事で、最初から三人で…です。

しかし…しか~し、しか~し………………

コッチは超マジメ系、クラシック曲だってあるんですけれど。

が、ラテン系(ぺサメ・ムーチョとか出て来ます)に交じって、クラシック…ですからね。

良いのか?ホントに?

お客さん、付いてこられるか?です。

まあでも、『平成最後のライブ』と銘打ったので、お祭り曲系もあるかな?です。

結構好評のV・モンティ作曲『チャールダーシュ』弾きますし…ね。

『チャールダーシュ』はシャンソンの岩崎桃子さんお気に入りの曲です。

彼女の伴奏をお引受けする度に

「真理子さんのソロ、『チャールダーシュ』弾いて~」ですし。

ともあれ、明日はお待ちしております。

【日時】2019年4月21日(日) 14:00~

ラテン系ミュージシャン、【ピカフロール】さんとの対バンになります。セッションもあり。

【ピカフロール】facebook
ピカフロール

【場所】185-0012
東京都国分寺市本町3丁目11-15
TEL:042-312-0387
“GAKU”

入場料:1000円+ドリンク代

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 明日は初のセッションライブとなります…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加