閉園直前『としまえん』に行って来ました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 閉園直前『としまえん』に行って来ました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

以下はまずは写真でお楽しみを…。

何か、ホントに…これが閉園って…寂しいですね。

子どもの頃、ホント、さんざっばら親に連れて来て遊びに来た場所なので…。

そう、『としまえん』に行く日は、ピアノの練習もお休みなのであった…(←遠い目)

今回、ン十年ぶり!の来園でした。

結構チケットも激戦で、『プール&一日フ乗り物アトラクションフリーパス』が欲しかったのですが、最早完売!状態。

コロナ騒動で入場制限があったのも原因の一つだと思います。

唯一残っていたのが、『ナイトプール+入場チケット』

夜18時からの入場で、21時まで遊べるというもので、プールと、入場のみ。

アトラクションは別途個別現金支払いです。

三時間で1500円コース。

もう、これしか残っていませんでした。

『としまえん』内で食事なんて勿体ない、たった3時間なので、遊びまくるぞ!とばかりに、食事を16時過ぎに済ませ、丁度18時に『としまえん』到着。

やはり、18時組が何組もいました。

入園後、看板に『乗り物アトラクションは19時までになります』を読み、即座に『コレは乗り物優先、プールは後で』と判断。

大好きだった、《フラワーエンジン》に並びました…。

が、結構並んでいるのよ、コレ。

結局、並んで1時間後にようやく乗車、もう、19時です。

結局、アトラクション乗車は《フラワーエンジン》だけでした。

名物のメリーゴーランド、《カルーセルエルドラド》も…見てるだけ(はぁ…)

仕方ないですね…。

思い切ってプールに入りました。

開いているのは《波のプール》だけでしたが、いやー、凄い人ばかり。

プール人口が全員集まってましたから(笑)

大丈夫かしら?ここでコロナ発生しないかしら??と思いました。

800円で大きな浮き輪もレンタルで、《波のプール》で浮き輪に乗っかり、ゆらゆらと…。

極楽、極楽。

そして、突然始まったのが…打ち上げ花火。

夜のプールで浮き輪に揺られながらの花火鑑賞…ハッキリ言ってサイコー!です。

何とオシャレな発想!だこと…。

《流れるプール》が中止だったけれど、この花火が原因だったんですね。

『としまえん』のラストに相応しい思い出になる演出だったけど…でも最後だなんて、ホント寂しいです。

《サイクロン》《トロイカ》《フライング・カーペット》《フライング・パイレーツ》《パイレーツ》(恐怖の絶叫モノ)《フリューム・ライド》…。

そして自分で車の運転をする《オートスクーター》

『としまえん』のお馴染みのアトラクションたち。

気持ちはそも『何で閉園しちゃうの~???』ですよ、ホント。

少子高齢化で、子供の数が減少し、経営が厳しくなったのか?と思ったら(それもありそうとですが)原因は災害時の避難場所らしいですね、

東京都が大規模な公園にしたかったとか…。

『ハリポタ』のテーマパークになるとか…。

ともあれ、『としまえん』閉園直前のラスト体験でした。

とても寂しいです。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 閉園直前『としまえん』に行って来ました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

久しぶりにオフ会(お食事会)に参加してきました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 久しぶりにオフ会(お食事会)に参加してきました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コロナ騒動が未だ消えぬ中、あんまり“自粛自粛”もねぇ…。

コロナ騒動は長期戦が予想されるし、まぁ経済を回す事も必要かと。

完全にお遊びのフレンチランチオフ会に参加してきました。

場所は、都内五反田から徒歩数分のフレンチレストラン。

結構老舗のお店のようです。

写真はランチメニューのもの。

一枚目の写真から、前菜のイワシのタルト、メインの肉料理のチキンのもも肉のコンフィ(マスタード味)、デセール(デザート)のプディング。

で、パンもついていて…という感じ。

別会計でワインやビール‥のアルコールをあり、全て“400円”とコスパは良かったです。

折角フレンチを頂くのに、ワイン位欲しい…と言う訳で、ワタクシちふれ、ワインをグラス1杯オーダーしました。

お会計は〆て3000円チョイ、だったので、かなりのコスパの良さです。

メンバーは計6名、某SNSでの募集でした。

話題は…やはりコロナ関連。

どういう場所でクラスターが発生するか?とか、給付金はどうだったとか。

特別給付金を貰ったか?とか、持続給付金も申請した方もいましたね。

持続給付金は、中小企業又は、個人事業主であれば給付されます。

ワタクシちふれも持続給付金、もう少し音楽での事業収入があれば給付されるのでしょうが???

いまのところは、“雑所得”扱い。

一寸厳しそうです…。

まぁ、いいや、という感じ。

音楽の同業者の方々、持続給付金、貰っていそう。

後、やはりこういう会は『食べる事が好き』な方々が集まるので、やはりダイエット関連、かな?

ダイエット、健康…等々が話題に上がりました。

私ちふれも、最近は、バレリーナの、ネレア先生のYouTube動画で、筋トレや、ストレッチの稽古に励んでます。

ネレア先生の筋トレ、結構きついので(笑)

プランク、とかね。

YouTube動画投稿の合間のレジャーでしたが、久しぶりに楽しいひと時を過ごしました。

また参加したいです。

ちふれより

PS…YouTube動画投稿、一寸お笑い系の音楽コントも挑戦してみました。良かったら御笑覧下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 久しぶりにオフ会(お食事会)に参加してきました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ヤマカイ氏の【男子校あるある】を見て…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ヤマカイ氏の【男子校あるある】を見て…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

現在、私が入っているオンラインサロン『ヤマカイバレエカンパニー』団長、ヤマカイ氏が、ど~見ても思えばオモロイだけ!アホくさ~動画を出したので、一寸書きますね。

コレ!

【男子校あるある】彼女に制服着させて、男子校の時の夢叶えたった。

そう…最早、バレエすら関係ないのであった…。

ヤマカイ団長、彼女さんのネレア嬢にセーラー服を着せて喜んでご満悦…。

コレ、ネレアさんが、外国人の彼女さんだから着てくれたんだよね…???

日本人の彼女だったら???

そう、男の子って女の子の制服姿、ユニフォーム姿、好きだよねぇ。

そのテの成人男性向けの娯楽動画、娯楽雑誌だって、結構きわどいトコ迄見せてるオンナの子に制服コスチューム企画、やってるし…。

女子高生、看護婦、CA、OLの事務服とやら…。

何で男って、女の子の制服姿、好きな訳????

セーラー服って男の子の夢みたいね。

ネレアさんのセーラー服コスチューム姿、カワイイけれど…。

もう、笑っちゃうんだよね!コレ…。

男子校だったヤマカイ氏、まぁ、女の子に夢を抱いていたんでしょうなぁ…。

ネレアさんに『男子校は監獄、女子校は楽園』と読ませてるし。

その、“楽園”出身のちふれです。(笑)

まぁ男の子から見れば楽園でしょうが、女子校も色々ありまして…。

女の子ってね、裏表あると思うよ。

大卒の若い新任男性教諭が、女子校で教鞭を取り出すと…3年立てば、性格変わる、と言われてます。

まぁ、ヤマカイ氏、クラシックバレエダンサーなので、今は女の子に囲まれてる日々だから解るかもしれないけど。

最も、バレエカンパニー内部って、見た事無いけれど、女の子達も結構強いんじゃないかな???

雰囲気は音大の女子学生に似てたりして。

音大も女の子、結構強いです。

何か一つの事、やってると、女の子も性格、強くなります。

バレエ団のバレリーナさん達だと、外のフツ~の女の子とは一寸違うんじゃないかな?と思います。

あんまり“彼氏求めてる”“彼氏募集中”感なさそう。

彼氏よりバレエ、そんな感じがします。

音大の雰囲気がそうでした。

フツ~の女子校だと、確かに“男の子にナンパされた”とかで騒いでますよね(というより、ウチの学校がそうだった)

まぁ、女の子の方も、男の子に夢を抱いている訳だから(バレエの世界の王子様、なんてのはその代表格)お互いにドッコイドッコイです。

女子校ってね、下品です、下品になる。

制服のジャンパースカートの下に体育着のジャージ履いてたり。

体育会系部活の子なんて、朝練の後、授業を受けて2限目か3限目に体育だと、着替えるのがメンドクサイ訳ですよ、だから、ジャージ脱がない。

コレ、男の子がいたらこうはならないんじゃないかな???

異性の眼、と言うモノがある。

女子校は異性の眼を全く意識しません。

ついでに言えば、新任の若い男性教諭なんて、完全に女の子たちの『オモチャ』だから。

からかわれ、オチョくられ…、ウチの学年、高3の時に、新任の物理の若い男性の先生を囃し立てて怒らせ、その先生に教卓をぶっ壊させたりしたし。

後でウチの担任がクラスでため息をついて、

『お前らなぁ…意地が悪いなぁ…』と一言。

『向こうは女の子の集団50人を前に、緊張してるんだぞ、それを…』

うん、そうでしょうね。

だから面白いんだけど…(←残酷な発言)

ここで、若い男性教諭は、『花の乙女の集団』『楽園』と思った女子校の現実を知るのだった…。

数年たつと、男の先生もスレてきますもん。

このテの話、面白いから一寸書きました。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ヤマカイ氏の【男子校あるある】を見て…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

『セゾンのお月玉1万円!』当選しました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『セゾンのお月玉1万円!』当選しました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あの…ハッキリ言って、最初、コレ何だか全く解らなかったんですよ。

突然、クレディセゾン(セゾン使ってます)さんから、郵便局の不在表が入ってて…現金書留だったんです。

一体なんだか、チンプンカンプン、????…?状態。

取り敢えず受領し、開けて見たら、以下の写真のモノが入ってました。

そう、現金一万円と、『セゾンのお月玉』のチラシ。

チラシの裏には

『祝🌸あたりましておめでとうございます。お客さまは三月度の5880人目の当選者です』と言う案内書き。

まぁ当選すれば、何人目だって良いんだけどさ。

それ見てもこの一万円が実感わきませんでした。

「コレ…オモチャのお金、じゃないよね…」なぁんて。

あの、決して私、クジ運なんて良くないんです…。

なんかの抽選引いても、ハズレばかり。

中島みゆきさんの≪あした天気になれ≫じゃないけど、

『…宝くじを買う時は、当たる筈等ないと無いと言いながら買います』

『そのくせ誰かが買って一等賞を貰った店で買うんです』(ホントですよ…ね)

コレですよ、コレ。

『セゾンのお月玉』なんて、全く知らなかった!!

聞けば、今セゾンカードって、コレ、やってるんですってね。

毎月、『セゾンカード・UCカードのご利用金額500円(税込)ごとに、“現金1万円が当たる抽選券”をプレゼント(毎日最大3枚まで)。獲得した抽選券1枚を1口として毎月15日に抽選を行い、抽選で1万人に現金1万円をプレゼントします。』だそうです。

『セゾンのお月玉』(以下セゾンカードよりコピペ)

■実施期間
2019年9月1日(日)より開始
※当社の都合により事前の告知をもって終了させていただく場合がございます。

■対象カード
クレディセゾン発行のセゾンカード・UCカード

■参加条件
下記条件を満たすセゾンカード・UCカード会員が対象となります
①当月中に1回のセゾンカード・UCカードでのショッピングご利用金額が500円(税込)以上の方
②当月中にセゾンPortal・UC Portalアプリに一回以上ログインした方

■抽選方法
当月1日~月末までに獲得した抽選券1枚を1口として、翌月15日に抽選を行います。抽選結果はセゾンPortal・UC Portalアプリにてお知らせします。

<利用から当選までのサイクル>
(例)9月1日~9月30日までに獲得した抽選券 → 10月15日に抽選・結果発表

利用対象期間:当月1日~月末
当選結果発表:翌月15日
当選者への現金1万円送付:翌月16日~

つまり、セゾンカードを毎月、500円以上で抽選券一枚一口で抽選になる訳。

コレで当たると、1万円!貰えます。

当選者が毎月、1万人いるんですよ。だから結構当たる確率高いようです…。

といっても、セゾンカード使ってる人、多いようだし、何とも言えないけれど。

あの~私、別にクレディセゾンの回し者とか、全然そんなじゃないですよ。

別にセゾンから頼まれてこの記事、書いてるわけじゃないです。無論、お金も(お月玉の1万円以外)頂いてませんし。

まぁ、クレディセゾンがこんなサービス、始めたのは、やっぱりクレカが飽和状態!だからでしょうねぇ…。

クレカの世界もユーザー獲得、厳しいでしょうし。

なるべく顧客、ユーザーにセゾンを使ってもらおうとする作戦のようです。

まぁ、こういうイキナリの幸運!もあるという話でした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『セゾンのお月玉1万円!』当選しました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

某オフ会の話…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 某オフ会の話…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

某SNSにて遊びの飲み会に参加してきました。

ワタクシちふれ、時折こういう遊びのオフ会に参加したりしてます。


場所は都内某メキシコ料理店。

飲み放もついて、ビーフステーキにジャンバラヤに…メキシカンの料理+多国籍料理風。

男性三人に女性三人で計六名での参加でした。

メインで盛り上がったのが、旅行の話。

中に旅行好きな方がいて、中南米からスペイン、中東からアフリカまで行った事あるとの事。

そのエピソードで笑った話を一つ。

その女性の方、海外で、長距離列車に夜、乗車していたんですね。

長距離列車の中で、窓を開けて(だったと思う)日々の美容の為の顔パックをやっていたんだそう。

顔パックしながら、赤ワインを飲み…その赤ワインを一寸唇の端からこぼしてしまっていたんですって。

これを窓を開けて…そして不幸な事に、窓の外に(しかも何故か長距離列車はそこでゆっくりと走っていた)列車に向かって手を振っていた母と子がいたそうな。

コレ、どういう状況になるか、解ります???

列車を見ていた母と子は、列車の中に、『のっぺりとした白い顔のロングヘアの女、しかもその女の唇の端から赤いものがたタラタラ~…』を見たって訳。

コレって、どう見ても、女吸血鬼ですよ。

果たして、ニコニコと手を振っていた男の子は、彼女を見て真っ青になって固まったそうな。

そう、彼女は完全に“お化け””幽霊””妖怪””女吸血鬼(カーミラって…いましたね)”と間違われた訳。

コレ、結構爆笑ネタになりました。

正直、私も見たかった~彼女の吸血鬼状態!

ハッキリ言って…見たいです!

…………………幽霊の正体見たり枯れ尾花、かな~

…楽しかったオフ会でした。又参加したいです。

ちゃん、ちゃん!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 某オフ会の話…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

本日、久しぶりに寄席へ、落語を見に行って来ました。

そこでの噺家(落語家)さんの前振りのネタ(落語本編に入る前の前ネタ)の話。




噺家さんの世界は、結構封建的な階級社会。

前座見習い→前座→二つ目→真打…の順です。

落語家になるのに、最初は真打の師匠に弟子入りして(見習い)始まります。

その見習い時代…

見習いさんの“お仕事”に、寄席に出演する、自分の師匠(真打ち)に、お茶出しする、というのがあるんですね。

ついでに、兄弟子たちにもお茶出し…。

この辺は、舞台人社会の『先輩、後輩』の階級社会ってやつです。

お茶が出て来るようになれば、一人前、というか、偉い人になったというか…。

さる噺家さん、絶対に『見習いさんの出したお茶は、絶対に呑まない』人がいたそうです。

同輩の噺家さんが、訳を尋ねると、こうのたまわったそう。

「オレは見習いの頃、嫌いな先輩に出すお茶に、フケを入れてたんだ」

「あいつら、何するか解らねぇし、何入れられてるか解ったもんじゃないからな」

「……」

どうです?これ…???

何と、逞しい復讐か!?

あっばれですよね~

階級社会の中、表立って“上”に盾突かないけれど、気に入らなければ、解らないように“仕返し”…。

この発想、ちふれは大好き!

人生、この位、図太く生きたいもんです。

ヘタしたら、ゴキブリの死骸でも入れてやりたい相手、いますもんね。

思わず、心に残った話なので、ブログに書きました。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 嫌いな上司(先輩)との付き合い方は…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【篠原千絵原画展】行って来ました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【篠原千絵原画展】行って来ました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

丸美オフ会と前後して、池袋西武デパートで開催していた【篠原千絵原画展】に行きました。

写真は購入した公式図鑑です。

断捨離に精出し、何かとモノを買わない事を推奨しているちふれとしては、異例の買い物(!?)。

大体、公式図鑑なんてものは、市場に出回りませんし、ココでなければ買えません!

ファンにとっては貴重な資料です。

と言うより、ワタクシちふれ、その位篠原千絵ファンなのであった…。

『闇のパープル・アイ』『陵子の心霊事件簿』大作『天は赤い河のほとり』そして現在連載中の『夢の雫、金の鳥籠』…。

そう、篠原千絵と言えば、繊細な画風とダイナミックなストーリー展開で知られる、知る人ぞ知る少女漫画家です。

少女漫画、と言っても恋愛はサブストーリーで、サスペンスモノだったり歴史ものだったり…。

『天河』は面白かったし!引き込まれました!

ヒロインのユーリが結構政治的、外交的手腕を発揮するのがイイ!

政治的に立ち回るって必要なんです。

外交や交渉も駆け引きだしね。

『夢の雫、金の鳥籠』は以前のこのブログにも書きましたが、の全く別ドラマで『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム』と全く同じ時代、同じ登場人物です。

篠原千絵さん、『オスマン帝国外伝…』見ているかしら???

原画展では、あの作品のあのシーン…と言うのがズラズラ出て来て、退屈しませんでした。

来場者は大半が女性でしたが、男性の姿もありましたね。

篠原千絵先生にサイン帳、というか、メッセージ帳があり、無論私も一言コメント。

原画展の内容は、『パープルアイ』の尾崎倫子と水島麻衣の母子や、『蒼の封印』の蒼子、『天河』のユーリとカイルや『夢の雫…』のヒュッレムとイブラヒム…。そして猫好きの篠原千絵先生の事、本編終了後に出て来る銀子ちゃんや(猫)雪子ちゃん(猫です)

猫ちゃんの突っ込みも面白かったりします…銀子ちゃんだったか、飼い主の千絵先生に

(マンガを描く事以外に)「…他に出来る事、あるのか??」と突っ込んでましたし。

兎に角、篠原千絵ファンにとっては、貴重なイベントでした。

ちゃんちゃん!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【篠原千絵原画展】行って来ました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

40代シングル女で結婚願望がありません…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 40代シングル女で結婚願望がありません…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あの~ホントに私、正直結婚願望が無いですね。

理由は…一人がラクだから。

実家の親は数年前まで騒いでいたんですよ、結婚、結婚って…。

が、ここんとこ騒がなくなりました。もう出産はムリ?的な年になってきたからかな?

そう、私だって身籠る事は諦めてます…子供が欲しくなかった訳では無いけれど。

一人暮らしで、寂しいと感じた事はほぼありません。

良く男性で『一人暮らしの独身で寂しい。恋人が欲しい。結婚したい』って気持ち、よく解りませんね。

だってね、何でそんなに妻(家庭)に縛られたいの?って思いますし。

男性だって自由が無くなる筈なんですよ、結婚すると。

一人の方が気楽だから。

遊びに行くのも一人です。

ほとんど友達と遊びに行くって事は無いですね。

で、寂しくない…この前なんて、一人ディズニーランド行って大いに満喫しましたし。

それに夫とか恋人とか出来ると、家の中のルール、私一人で決められなくなると思う。

断捨離だってノーテレビだって私一人だから凄くやり易いんですよ。

夫が居たら相談(許可)しなければなりません。

私も30代位までは親の圧力もあり

『結婚と言うのは社会を支える小さなユニット。だから私も自分の為でなく、親や家の為に結婚しなければならないかも』

『昔は政略結婚で、結婚式当日、配偶者の顔を初めて見た、何て事もあるし…今は事前にデートで相手を知る事が出来るだけ、マシだよね』

『結婚して子を儲けないと、ウチが絶える』

何て殊勝な事を考え、結構婚活もした(親にさせられた)けれど…良きご縁がありませんでした。

でもずっと心の底から“結婚したい”と思わなかったんです。

私、ピアノがあるから…ピアノ弾いてればいいや。

気持ちの支えは音楽だし…ね。

人生でやる事も音楽です。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 40代シングル女で結婚願望がありません…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

アラフォーシングル女、一人ディズニーランドにご満悦…の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アラフォーシングル女、一人ディズニーランドにご満悦…の巻
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、ワタクシちふれ、一人ディズニーランドを満喫して参りました。

と言うのは、そもそも某ディズニーリゾートホテルにて、デザートビュッフェのオフ会に参加したから。

そのオフ会終了後、希望者にてディズニーランドのスターライトパスボートで半日、楽しんで来ようと言う企画。

ワタクシちふれ、その企画にトコトコ乗った訳です。

デザートビュッフェとはいうものの、カレーあり(無論ライスも!)サンドイッチあり、鶏肉あり、サラダありスープあり…、と完全に食事系も可能でした。

無論、ケーキ類も充実してましたけれどね。

話題は…結構仕事の話にもなりました。

サービス業系は年末年始も休めない話や、私の以前の派遣の職場は『大晦日もお正月も全く休みなく通常営業』で、大晦日の22時過ぎに思わず私が「なんでこんなに働くの!?」とブ~たれた話や、年末年始は果たしてそんなにお客のニーズがあるのか!?

と言うような話になりました。

夢の国ディズニーランドの目の前で何とも全く夢の無い話です(苦笑)

デザートビュッフェ終了後、私は幹事さんにトコトコとついていきました、が、幹事さんは入園後、

『私あんまりアトラクションに乗らないし、パレードとショーを見ればいいから』と言い出し…。

私はアトラクションに乗りたかった!

と言う訳で“合流したい時にはSNSで連絡”を合言葉に一人、旅立ち、その後、合流は全くありませんでした。

さて、40代半ばの独女ちふれが、スピード感溢れるアトラクションに楽しめたか否か!?

結構年いくと、遊園地のジェットコースターが恐くなるって言いますよね。

10代、20代のの頃は『としまえん』の“サイクロン”なんてヘーキだったけれど…。

あの頃は“キャーッ!”と絶叫してました(笑)

が、いまはどうか…???

恐る恐る『トゥモローランド』の“スペース・マウンテン”に乗ってみました。

折角“スペース・マウンテン”では座席が一番前になったものの『もしかしたら…怖いかも???』と後ろのカップルに座席を譲り…。

カップルさんは『えっ?良いんですか???有難うございます!』と喜んで乗ってましたね。

結果は…大成功!!!

いや~若い頃、『としまえん』で“サイクロン”や“フライングパイレーツ”に絶叫した感覚は忘れないもんだわ~

“フライングパイレーツ”恐怖の感覚に熱狂してました。

ここで書いておくと、“すぺース・マウンテン”は旋回が多いんですよ。

と言うより、ほぼ旋回ばっかりで急降下が無い。

ましてや…真っ暗な中進みます。

恐さ、感じないの。

急降下が怖いですよ。

『としまえん』の“サイクロン”急降下が何回もあるからね、『コークスクリュー』なんて二回転宙返りだし…。

『ディズニーランドの』アトラクションは、『としまえん』と比べると、やや緩やかです。

コレは比較的、年いっても楽しめるように、との配慮なのかしら???

『としまえん』の方が激しいかも。

『トゥモローランド』の中で一番楽しかったのが“スターツアーズ”

これ、もう少し楽しみたかったです。短い…。

『スター・ウォーズ』の話の中に入っていく、アレです。

その後、ミュージカルショー『ワンマンズ・ドリームⅡ』を観覧。

実はディズニーランドのこういうショーやパレードに通っているダンススクールの先生方が出ていたりします。

と言うより、先生方の御経歴の中に“ディズニーランドのパレードダンサー”が結構あったりする。

実は10数年前に某インペグ会社さんから“ディズニーランドのウェスタンランドのピアニスト”募集の話が来て、オーディション、受けた事ありますし…。

だから何となく内情、知ってたりします。

『ワンマンズ・ドリームⅡ』でも、結構白雪姫やシンデレラといったお姫様系キャラはダンスのステップが完全にクラシックバレエでしたし。

ステップ、結構解ります。

ワタクシちふれ、途端に頭の中に

『ソッテ、バランセ、ソッテ、バランセ…グリッサードにグランジュッテ…』

『シェネにストゥニュー』

とバレエのステップの名前が渦巻いてましたし(苦笑)

お姫様ダンサー、トゥ・シューズは履かないものの、完全にバレエ!でしたね。

無論、王子様も…。

ダンスの基本って結構クラシックバレエ、あったりします。

ショーの後は、『アドベンチャーランド』で“ジャングル・クルーズ”に乗ったり、夜のパレードを見て、『ウェスタンランド』の“ビッグサンダー・マウンテン”(『としまえん』の“フラワーエンジン”に似てる)で再び「キャーッ!!!」と絶叫したり…。

“ビッグサンダー・マウンテン”では前に7~8さいの女の子とその父親らしき30代と思われる男性でした。

その二人、女の子が「キャーッ!」とやってるかと思えば、30代のパパの方も「キャーッ!」と絶叫してましたね。

パパの方が喜んでいたような…???

最後は“マーク・トウェイン号”でゆっくりと締め括り、大いにディズニーランドを一人満喫したちふれは、一人、深夜にタクシーで帰宅しましたとさ。

ちゃんちゃん!

ちふれより

PS…40歳過ぎてもディズニーランドのスピード感溢れるアトラクション、全然楽しめる、と言った事が解った一日でした~。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アラフォーシングル女、一人ディズニーランドにご満悦…の巻
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

某飲み会に参加してきました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 某飲み会に参加してきました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、幹事さんはもう顔なじみの方。

ちふれも何回も参加しています。

参加者は10名前後でした。

某繁華街の居酒屋?料理屋さんで、飲み放題のコース料理でしたね。

モツの煮込みと、お寿司、揚げ物、お刺身…と一通り。

こういう飲み会では、その当日は他の食事は軽く済ませる、と言うのがちふれのやり方。

食べ放題なんかだと、完全に食事ヌキ!ですが…。

話題は色々でした。

ダンスの話から、北海道の話、そして我がブログの話…。

北海道出身の方がいて、北海道ファンの私は

「北海道って憧れる部分あるんですよね~雪と氷の国で…東北だと”おしん”のイメージがあって憧れは無いんですけれどね」

「北海道では”雪なんて当たり前じゃん”と言う感覚ですからね」

「東京は雪が降るだけで大騒ぎしますよ。電車止まっちゃうし…」と私

参加者の方の中には我がブログの読者さんもいて、感謝、感謝。

その方からは色々と集客のアドヴァイスを頂きました。

ま、早い話が仕事の話ね(笑)

色気も素っ気も無い話です…。

宴会は一次会、二次会と場を変え、お開きになったのは夜の23時過ぎでした。

こういうお遊びの会って楽しいですよね。

又、参加しま~す!

と言う事で、オフ会レポでした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 某飲み会に参加してきました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加