楽しい断捨離アン的趣味…かな?

えー、楽しいケーキ作りでした。

『イギリスのお菓子楽しいティータイムめぐり』の中にあったレシピ『チェリートレイケーキ』自力で焼いてみました。材料は、薄力粉と砂糖と卵、バターにサワークリーム…パウンドケーキの応用ですね。

やっぱりお菓子作りって楽しい!モノを作る楽しさってありますよね!しかもハンドメイドなのでお金がかからず…とはいえ、材料のチェリーは結構高かったけれど(笑)

別に趣味ってお金かかるとは限らないと思うんですよ。みすぼらしくなく、でもそんなにお金かからない趣味ってあると思います。特にモノつくりの趣味は…。最も材料や道具はある程度必要かもしれないけれど。

ウチの冷蔵庫の中身、食事の食材の割にはお菓子作りの材料が結構スペース取ってます(笑)別に繁華街のショッピングに行かなくったって十分楽しめます。ケーキ作った方が、購入より安いです。

ケーキ作りに楽しんだちふれでした。

ちふれより




断捨離…書籍編

本が好きな人は解りますが、読書家は結構部屋中が本だらけになります。私もそうでした。

この手の文化カルチャーものはそうですよね。音楽はアイチューンズのDLで良いにしても、本や雑誌類は溜まる。

今の私は紙書籍、電子書籍の両刀使いです、ハイ…。電子書籍は断捨離、シンプルライフ、ミニマリストに当然、相性が良い。が…

私は紙書籍も購入してます。なぜなら、作家さんによっては“紙書籍しか出さない”人もいるから。

紙は紙で魅力、ありますよね。町の本屋さん、今とても厳しいみたいだけれど(アマゾンに気圧されてね)私は本屋さん、入るし…。町の本屋さんは存在して欲しいです。

本屋さんって独特の雰囲気があります。色々な本があって(無論、本屋の店長が選んだ!)そこでじっくり、背表紙を見ながら取り出して立ち読みしてみたり…これは大事なアナログの感覚。アマゾンやグーグルのおススメではなく、自分で選んでいるんです。

個人的には町の本屋さんは、ブックカフェみたくなって欲しいです。気に入った本を選んで、有料のドリンクを片手にじっくり読む…ドリンク有料にすれば、決して“タダ読み”にはなりません。都心の方にはありますよね。ブックカフェって。

無論気に入れば購入も可。

私の場合、現在購入の紙書籍の大半は、読み終わったら“フルイチオンライン”か“ブックオフ”行き。極少数の紙書籍だけが自宅に残ります。かなり選別は厳しく選んでます。

一方、電子書籍はDLです。これはラク!ですよね。部屋のスペース、圧迫しないし…。雑誌類も定期的に処分!です。

出版業界は電子書籍、イヤな顔しますけれどね~。あんなの、本じゃないってね。

そりゃそうだけれど、でも電子書籍って…メリットあるのよ(笑)

と言う訳で、私ちふれは、紙と電子、両刀使いです。

ちふれより