2021年、明けましておめでとうございます…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2021年、明けましておめでとうございます…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コロナ真っ盛りの中で始まった2021年ですね。

皆さまはどうお過ごしでしたでしょうか???

私ちふれは、YouTubeをご覧になっていらっしゃる方はお判りかもしれませんが(笑)、大晦日31日に、演奏動画をアップしました。

コレで一応、12月は投稿本数4本になる…やれやれ。

投稿曲はクラシックのショパンの『バラード1番』

あの~結構練習が大変で…(;O;)

今現在、自宅にグランドピアノが無い状況での収録です。

数日、ピアノスタジオに稽古に日参しました。

ショパンのバラ1、年明けになるかなぁ…なんて思っていたんですが、何とか年内に滑り込みセーフ。

収録後、YouTubeにアップロードし、ようやく一息つきました。

帰りにお蕎麦屋さんがあり、何も考えずに直行。

年越しそばを食べる事と相成りました。

それにしても、2020年は大変な年でしたね。

正直、私ちふれも、派遣の仕事の方が、コロナで全滅、一時はどうなる事か?と思いましたが、現在はたまたま別の派遣会社から事務系の仕事を紹介され、無事就業してます。

そう、コロナで様々な仕事が全滅、壊滅状況なのは、音楽も同じです。

何人ものアーティストが、ライブ等のリアル世界では活動できなくなり、やはりデジタルにシフトしたとか…。

唯YouTube、というのは、面白いメディアですけれど…。

個人チャンネルが持てるんだから…凄いわ。

私はリアルはリアルで、デジタルはデジタルで、と考えてます。

各々それなりに持ち味があり、それぞれの良さがあり、それぞれの欠点があると言う訳。

コロナで社会全体が変わる事は間違いないですね。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2021年、明けましておめでとうございます…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【文化芸術活動の 継続支援事業】…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【文化芸術活動の 継続支援事業】…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

申請しました。

コレです。

文化庁令和2年度第2次補正予算事業 文化芸術活動の 継続支援事業

文化庁が主催(?)です。

コロナで影響を受けた文化創作表現活動にに従事する人達に被害対策の助成金を出す、と言うもの。

コロナで対面、リアルのライブステージ等が出来なくなったアーティスト支援活動です。

私もリアルのライブ、イベント等が企画出来なくなったので…完全に該当します。

そして、今出来る事はYouTubeのみ。

YouTubeの動画投稿だって、コスト掛かりますしね。

コレ、今までにもやっていたようですが、あんまり知られていないのね。

私もひょんなネットニュースから知りました。

こういう時、グーグルの『普段、こういうサイトを見ている人は、こういう情報を見るだろう』という予測知能は凄く助かる(笑)

多分、私のPVの閲覧履歴から予測したんだろうし…。

そして私のこのブログも、“見そうな人”“読みそうな人”に表示してくれるのであった…。

有難う、グーグル先生。

普段、あんまり文化庁って、こういう“支援活動”ってやらないイメージがありますけど、今回は流石に…という事でしょうか???

何せ、世界各国、少なくとも先進国と言われる国々は、大なり小なり、文化系アーティストへの支援はやってますし。

アメリカのハリケーン“カトリーナ”の時だってニューオーリンズのジャズマン達に、支援金やら楽器の貸与やらありましたものね。

やらないのがおかしいのよ、コレ。

それにしても、コレ文化芸術活動に従事する人々には、おススメの募集です。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【文化芸術活動の 継続支援事業】…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

YouTube動画投稿について…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - YouTube動画投稿について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

人気ユーチューバーであり、プロバレエダンサーのヤマカイさん(YouTubeヤマカイTV)が、『しばらくYouTubeをお休みします』

と発表しましたね。

彼は凄い勢いでYouTubeの動画投稿(週3ペースで!)やってたので。

ノンビリやってるワタシとは大違いです。

確かに彼はあの勢いで人気ユーチューバーになりました。

週3ペースって事は、一ヶ月に12本の動画、一年で…144本の投稿…???

所属しているアメリカのバレエ団の公演の稽古リハーサルの合間にコレですよ。

正直、バテると思う。

寝る時間削って動画編集をやっていたとか…バレエの稽古、大丈夫なのかしら???となります。

正直、新米&ペーペーユーチューバーの立場から言わして頂くとすると、

『結構YouTubeの動画投稿って大変~』なんですよ。

よく、編集が大変だ、という話を聞きますが、舞台ステージ系アーティストユーチューバーの場合、動画編集の前に、動画撮影の前段階が一仕事。

私の場合、まずは演奏動画だと、稽古リハーサル。

演奏曲を仕上げなければなりません。

企画ネタ系だと、私の場合、音楽コントなんかだと、まずはネタを捻りだし、自分なりの企画台本(簡単なモノね)を書き…何回かのトークリハーサルを経て、動画撮影。

動画撮影ったって、自室の場合でも、部屋の片づけがありますし…。

私自身のメイクがあります(スッピンと言う訳にはいかない)

コスプレ系だと、衣装の用意、かな。

そう、言うなれば、動画撮影って、私の中の感覚で言えば『ネット上の本番のステージ』

私にとって、YouTubeは“ステージ”になるんです。

たった10分の動画の為に編集が数時間かかる、何ていうけれど、そんなもんじゃない。

たった数分の演奏動画で、稽古リハーサルが一ヶ月かかる、なんてのもザラです。

無論、演奏動画だと短くても、2日~3日のリハーサルです。

サクサク、と行くモノもあるけれどね。

このモチベーション、熱意は、多分、本気じゃないと続かないと思う。

動画投稿っていうけれど、コレ、簡単じゃないです。

コレ、週三日ペース何て、出来ないですよ、ホント。

まぁ、ヤマカイ氏の場合、結構日常生活風景も投稿していたので、それはリハーサル稽古は無しにしても。

そしてこの熱意、モチベーション、大変さ…今、YouTubeの世界はレッドオーシャンで、参入者多しっていうけれど、みんな、どれだけ続く???

恐らく、挫折者も多い世界だと思います。

そして残るのは、真剣勝負の者たちのみ…と言う訳。

多分、残った者が勝ち、の世界。

しかもユーチューバーは、ネット上(つまり、ネット接続の可能な地球上で世界中)に顔と名前を出す、セキュリティ上のリスクだってあります。

ラファエルさんみたいに、マスクを付けて、とか、絶対に顔出ししないで、という対策を取らない場合、顔と名前を知られる。

自分が知らない相手でも、相手は自分を知っている、という状況、コレはリスクだってあるんです。

私もYouTubeを始めてから、視聴者の方に顔を知られ、“あ、ちふれさんですか、YouTube見ました”と仰って頂ける方ともお会いし、有難いと思う反面、恐い部分もあるな、と感じてますし。

このリスクを背負って、YouTubeの動画投稿を始める…これは、ある程度“覚悟”が求められます。

正直、私はそれが怖くて、中々YouTubeに進出出来なかったですし。

私の場合、YouTubeの動画投稿、一本投稿するのが、結構大変、という前提に立ってます。

従ってムリしない。

大体、目標が“一ヶ月に2~4本投稿”です。

正直、体力面の問題もありますし、続くことが第一だ、と思ってます。

継続は力なり、がモットー。

急がず、焦らず、怠けすぎず…です。(チョットは怠けてもOK!…かな?)

動画投稿は、数百本が勝負の世界。

その世界で、急いだら力尽きてしまうんですよ。

短期決戦ではなく、長期戦の持久戦。

そう思ってます。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - YouTube動画投稿について…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

もしもピアノ弾くのを辞めたら…???

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - もしもピアノ弾くのを辞めたら…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

どうなるか???

さるアーティスト系の方々の集まりでそういう話題になりました。

そこには、歌手、ダンサー等々の方々。

歌手の方は、

『私歌わなくなったら、調子おかしくなる』と言えば、ダンサーさんは、メンタルが機嫌が悪くなり、悲観的な事を言い出す、との事。

これ、結構あるみたいですね。

私の知り合いのオペラ歌手の方も似たような事を以前、仰ってました。

その方は、御病気で、医者から一時、歌についてドクターストップがかかったとの事。そしたら…。

まず、身体がだるくなり、頭も重くなったとの事。

当然も気分も悪いので、機嫌だって悪い。

日々、イライラして当然、鬱っぽくなり…という次第。

果ては味覚が狂い、普段は大好物のハズのモノを食べても美味しいと感じず、味を感じなくなったそうです。

そう、全てがおかしくなる。

この身体の不調を医者に訴えても、『治す為に我慢して下さい』と言われたらしい。

そのオペラ歌手の方、音大の声楽科でも教えていらっしゃるので…こういう時の先生に歌のレッスンを受ける音大の学生さんは、かな~り…悲惨な…???ですね。

レッスンで、先生の気分の八つ当たりをモロ受ける羽目になります。

私、受けたくない(笑)

一ヶ月後、そのオペラ歌手の方は、ドクターストップが無事解け、歌を再開したら、全ての体調が元に戻ったそう。

『体と心は繋がっているのね』と悟ったそうです。

そして、私の場合は????

ピアノを弾かないとどうなるか???

まず、日々の生活で『大きな忘れ物』している気分ですね。

何か、自分の中で、やるべきことを置き忘れているような…???

そう、だって、ピアノの練習は毎日するものだから。

ピアノ弾かないと、大きな不安感なんですよ。

ピアノ弾けない日ってあるんですよ、どうしても。

連日弾けない日もある。

1日、2日ならともかく、数日弾けないと、焦ります。

一寸、どうするのよって。

焦りの中には“このままでは腕が落ちる”という大きな不安感があります。

実際、落ちるんですよ。

一日サボれば自分に解り、二日サボれば周りに解り、三日サボれば…の世界なので。

自分の気持ちの中に”腕が落ちてはなるまじ”という気持ちはやはり、ありますね。

まぁそれだけ、私自身の精神にピアノが食い込んでいる、という証拠でしょうか。

一寸中毒にかかっている感じ。

それなしではいられない、というものかな?

そして、やはりピアノを数日弾かない日が続くと、一寸イライラしますね。

身体と心は繋がっている、という話でした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - もしもピアノ弾くのを辞めたら…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自宅にグランドピアノが欲しくなりました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自宅にグランドピアノが欲しくなりました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

YouTubeを始めてから、自宅にグランドピアノが欲しくなりました。

というのは、今YouTubeに上げている動画撮影が某音楽スタジオのグランドピアノなんですね。

動画撮影時にグランドで演奏、という事は、つまり“本番がグランドピアノ”という事。

本番をグランドで演奏するには、数日前から練習リハーサルで、グランドで練習しておかなければなりません。

というのは、グランドピアノって鍵盤がホント、重いんですよ。

要するに“タッチが違う”

我が部屋の電子ピアノではとても稽古しきれません。

本番がアップライトピアノだと、練習はウチの電子ピアノで良いのですが…。

グランドピアノってそれだけ、迫力が違います。

今住んでいる部屋にグランドピアノを置きたい…と言っても、“所有”する訳ではありません。

今、レンタルが流行ってますね。

そう、ピアノも“レンタル”

こんなサイトがあります。

【ピアレント】

【ISP.池田ピアノ城山工房 調律事務所・展示場 】

【ピアレント】さんは比較的新しいピアノを、【池田ピアノ】さんはかなり古い1970年代製のピアノもあります。

【池田ピアノ】さん、どうも調律師さんが運営されているようですね。

だから、古いピアノでもレンタル商品として大丈夫、という事なんでしょうね。

何と、一ヶ月7000円です。

が、平均、13000円~15000円ですね。

年単位での支払いなので、1年間で、8万~15,6万円位のよう。

実はピアノって消耗品です…が、消耗品なのは、中のアクションのみ。

外装の外側のフレームは、結構長持ちします…割れない限り。

ウチの実家のグランドピアノがそうです。

ウチの実家のグランド、実は母のグランドですし。

私が音大入学の時、母のグランドピアノを中のアクションを総とっかえ、つまりオーバーホールをしました。

しかも実家の部屋の中で…三日間、グランドピアノの内部が解体されていくのは、壮観でしたね。

話戻すと、調律師さんの管理下だと、ピアノ、長持ちします、という事。

今、私はグランドピアノを練習しに音楽スタジオに通ってます。

1時間いくら、のスタジオ代がかかってます。

そんな訳で、今私はピアノの練習は、いつも有料なんです…。

これでは自宅にグランドピアノが欲しくなると言うものです。

ですが、“所有”してしまうと、実家に戻る時に、『どうするの??コレ??』となる訳ですよ。

だからむしろ、レンタルが良い訳。

返却してしまえば、終わりですから。

ただ、グランドピアノを設置するとなると、今の部屋には置けないので、引っ越しも考えなければならないです。

楽器もレンタル、という時代なんだな、という話でした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自宅にグランドピアノが欲しくなりました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

YouTube動画投稿用のピアノって悩みますよね…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - YouTube動画投稿用のピアノって悩みますよね…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

最近、YouTube動画投稿を始めました。

お蔭て、こちらのブログの更新が…どうも…(苦笑)

YouTube動画投稿用のピアノの事になります。

これって…結構、悩む。

というより、動画撮影自体が、未だ手探り状態!です。

自前のチャンネル、メディアを持つというのは、全て自己責任!なので。

YouTubeで、他のピアニストさんの動画等を見ていると、やっぱり、“音”にはこだわって良質の外部マイク等を使っていらっしゃる方もいますね。

ついでに、ピアノもスタインウェイだったりします。

そりゃそうだ。

私もスタインウェイ、使おうかなぁ???と思わなくも無いんですが、スタインウェイ使ったとこで、一寸…私の機材が…貧相で。

そう、幾らスタインウェイとかベーゼンドルファー使った所で、私の“機材”が貧相では、全く意味が無いのであった…。

音色、伝わらないであろうし…。

今使っている音楽スタジオ、結構良質のピアノです。

ヤマハだけど、でもきちんとメンテナンスしてあって。

音の粒もちゃんと揃ってますし。

バンド系の音楽スタジオって、中には非常に荒れたピアノも少なくないんですが、ここは違います。

だから安心して本番用に仕える。

ライブハウスもそうです。

どうしても飲食も伴いますから(アルコールとタバコも!)それが全て、ピアノが吸収する。

特に揚げ物系のフードね。

まぁ、話ズレましたが、ビギナーユーチューバーと言うのは、悩むものだな、という話でした。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - YouTube動画投稿用のピアノって悩みますよね…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

芸術とエンターテインメントについて…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 芸術とエンターテインメントについて…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

以前から少しずつ話している事ですが、私は『芸術とエンターテインメントは違う』と思っている一人です。

芸術、というのは、かなり、マジメな文化、というか、謹厳実直、厳か、という雰囲気。

バッハの楽曲なんてその最たるものですよね。

【マタイ受難曲】とか…あれは宗教曲か(笑)

結構難解で、所謂“ラクに理解出来るものではない”“観客を選ぶ”という事。

世界的ピアニストの今は亡き中村紘子先生は上手い表現で仰ってましたね!

「クラシック、というジャンルは、お客さまにも修行を強いる世界なんです」と。

そ、観客にも修行が必要。

そういう意味で、徹底的に“選民思想”で成り立っているとこがあります。

これを差別非難するかどうか???

文化に“平等”はありません。種々の意味において…。

私はあらゆる文化表現活動は、芸術とエンタメの“両方の側面がある”と思っています。

但し、芸術とエンターテインメントは、文化の両極で、右に行けば芸術、左に行けばエンタメ、というような…???

芸術的要素が強いか、エンタメ的要素が強いか?なんです。

クラシックに限らず、古典芸術、古典芸能、と呼ばれるものは、大なり小なり“封建的”“階級社会的”です。

歌舞伎の世界だって封建的ですよね。

梨園の子に生まれなければ、歌舞伎役者になれない、梨園の子に生まれても、女の子だったらやはり諦めなければならない、なんて。

でもそういうしきたりなんですよ。

バレエの世界だって本場はホンっと、封建的で選民思想的です。

ワガノワバレエのような、ロシアの名門バレエ学校なんて、バレエを始めるのに、入学試験があり、“バレエに向いた子”しか入学できないみたい…。

体形、骨格、骨や筋肉の付き方をDNAレベルでジジババの世代から調べるそうで…凄いもんです。

本場ヨーロッパには、“趣味のお稽古のためのバレエ教室”と云うのが無いらしい。

コレが“芸術”

一方、エンターテインメント、というは“大衆向け”とは言われますが…実際には、『大衆でない』人には付いて行けない所があります。

エンタメの世界だって、決して『誰でも入れる』場所ではありません。

あれだって人を選んで、観客を選んでます。

そして、一見大衆的に見える作品にも、実はもっと深いモノがある…という作品も多々ありますよね。

特に映画なんか。

一寸最近、YouTubeチャンネルを始めたので思っていた事を書いてみました。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 芸術とエンターテインメントについて…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【ちふれチャンネル】第二弾収録…多分、4本目の動画です…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ちふれチャンネル】第二弾収録…多分、4本目の動画です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【ちふれチャンネル】YouTube動画UP!しました。

今回もバリバリクラシック、ショパン作曲【エチュードop10-4】です。

え~この曲、一寸収録に時間がかかりまして…、実はウチ、電子ピアノなんですね。

ですが、ガチにクラシックやるというのに、電子ピアノでの演奏を出すのもなぁ???

何か、企画モノならばいいけど。

という事で、やっぱりグランドピアノで弾くべい!という事で、本番がグランドの場合、結構事前に一週間前位からグランドピアノでの練習が不可欠、となります。

電子ピアノより遥かにグランドピアノの方が鍵盤が重いのです。

従って、グランドで鍛えていないと、本番が悲惨!

結構忙しかった事!

実家に練習しに戻ったり、ウチの近くのピアノスタジオでレンタルして練習したり…。

ここ一週間は、ピアノの事で頭が一杯の状態でした。

こうなると、ホント、自宅にグランドピアノ、欲しいよ…(遠い目)

ピアノの練習しに行くのに、片道1時間はかかるんだから。

思えば音大生時代が懐かしい。

あの頃は自宅にグランドピアノがある事が当然だったし…。

今ごろになってその有難みが解ります。

ユーチューバーさんによっては、一週間に二回も三回も収録してUPする人もいるけれど、ちふれには無理。

多分、2~3週間に一回の収録になります。

又、収録も不定期。

ホントに視聴者の皆さま方には多々お待たせするユーチューバー…かもしれません。

が、必ず動画UPしますので、皆さま、気長にお待ち頂けると嬉しいです。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ちふれチャンネル】第二弾収録…多分、4本目の動画です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【ちふれチャンネル】始動開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ちふれチャンネル】始動開始!
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

YouTube始めました。

色々と試行錯誤の上、多々ありましたが、無事、動画撮影出来ました。

始めてワタクシ、自分のカオを動画アップ…かな?

何を言われるか、恐いな~と思いながらも、其れを恐れていたら何も始まらないので、覚悟!

動画撮影は、未だにスマホ一つです。

音もまだあんまり、よくないかな?

右側の固定ページに順次、追加予定です。

よろしくお願いいたします。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ちふれチャンネル】始動開始!
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

YBC(ヤマカイバレエカンパニー)のオンライン飲み会…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - YBC(ヤマカイバレエカンパニー)のオンライン飲み会…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

参加しました。

流石オンラインらしく、この飲み会(と言う程アルコール飲んでいる人少なかった気が…?)参加者メンバー(YBCメンバー)は世界各国から参加。

日本はもとより、ロシア、ウクライナ、そして(ヤマカイ氏とネレアさんのいる)アメリカ。

いや~地域はホント、ワールドワイドでしたね。

で、楽しかったです(笑)

YBCに『バレエやってま~す』って入って来る子のバレエのレベルって…バレエでの海外留学レベルがザラ。

罷り間違ってもワタクシちふれのような“趣味レベル”“ノンビリレベル”ではないのであった…。

ウクライナからの参加者さんも、プロのバレエダンサーさんでした。

バレエ団の研修生だとか…。

それ以外にも、エアロビクスの人とか、バレエの衣装を作っている方だとか、お嬢さんがバレエをやっているお母さんとか…種々様々。

社交ダンスの方もいましたね。この方はプロのダンサーさん。

社交ダンスと聞いて私はフィギュアの浅田舞ちゃんを思い出しました。

舞ちゃん、この頃社交ダンスに凝っているそうで。

舞ちゃんの話をするとそのダンサーさんは、

「あー浅田さんの習っている社交ダンスの先生、僕知ってますよ」

「その先生、元々バレエの方だったんですよ」との事。

その方は続けて

「バレエは全て踊りの基礎ですからね~体幹がしっかりしてるし」と仰ってました。

まぁ、あれだけ超絶技巧的な踊りですからね…リフティングとか。

本格的にバレエ修行している人は結構“プロ”志望の人も多かったですね。

どうやってバレエで(ダンスで)食べて行ったらいいか???

どうやって仕事を取るか???

まぁその辺りを知りたいんでしょうね。

そういう人に向けて言える事は『兎に角動く事』

行動あるのみ!なんです。

ポカンと口を開けてお空を見ていたって、仕事は落ちて来ませんし(笑)

よくあるのが、ディズニーランドのようなテーマパークのショーダンサーのお仕事。

ディズニーランドは公募してますね、時折…、時給は1300円とか見た事あります。

ネットでも公募を出しているから常時、チェックした方が良い。

かなりパワフルにアクティブに動く事がコツなんじゃないかな???

後は、人間関係。他のジャンルのダンサーさんとケンカしない事。

コレ、若い頃の私、ケンカしてました…反省してます。

色々なジャンルを踊れた方が良いです。

バレエに限らず…ね。

クラシックバレエ、ジャズダンス、タップダンス、ストリート系のヒップポップ(秋篠宮佳子内親王殿下がお好きなんだそうな!)社交ダンス…等。

職業的プロ、というのは、現場プロ、という事で、オールラウンドなんです。

何でもこなさないと。

この辺はクラシックとポップスの関係に似ていると思う。

私もショパンを弾きながら、中島みゆきも弾いていますし…ファンだからなんだけど。

後、何処にでも売り込む、という感覚。

ヒリヒリした営業感覚は常に持ってますね~

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - YBC(ヤマカイバレエカンパニー)のオンライン飲み会…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加