給付金10万円の使い道は…???

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 給付金10万円の使い道は…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

様々あるようですね。

『コレで助かった!明日のコメが買える!』から『私は富裕層なので、10万円要りません。従って辞退します』(←これを仰ったのは高須クリニックの高須先生…こういうセリフ、吐いてみたいわ…)

高須先生は後に大阪府の吉村知事の御指名で10万円をコロナウィルスの『助け合い基金』に寄付する事を明言しました。

すいませんね、私はちゃんと10万円頂戴いたします!2年に一回の家賃の更新料に使います。

何せ、高須先生とは稼ぐ金額が違いますから。

で、ツイッターでちきりんさんのツイートだったが、

『コロナ対策の10万円が支給されたら何に使うかと聞かれ、“孫のランドセルを買おうと思う”と凄くうれしそうな高齢の御夫婦』

『そりゃー、収入が全く減ってないのに、夫婦で20万もボーナス貰えたら、笑いも止まらなくなるよね』

とチクリ。

それに対してのある人はリツイートで

『家人は“10万円くれるんだって!美味しいモノでも食べに行こうか”と云ってました。自粛自粛と言われているのに何も解ってない。一喝しましたが』

正しく、“昭和の逃げ切り世代”の高齢者御夫婦…はぁ(←ため息)

ま、ま、ま、こういう人たちを否定しちゃいけませんね。こういう人たちが経済を回すんですから。

経済成長ってこういう人たちが支えるのである…。

誰かが消費してくれなければ、経済は冷え込みますね、うん。

社会問題系でツイッター等覗いていると、片や貧困、ホームレスとネカフェ難民の増加(そりゃーそうでしょうね!コロナで失業し、家賃払えなければ追い出しにあうし)

そろそろ、ネカフェ難民、増加してそうです。

ネカフェ難民迄いかなくとも、年収200万以下のフリーター、非正規雇用ばかりでは、社会の経済は回りません。

家とか車とか“金額の高いモノ”買ってくれないと…ね。

で、要らないモノ買わせるのが戦後の日本だったりする。

昭和の逃げ切り世代の高齢者御夫婦にとっては、10万円がお小遣いなんでしょうね。

ネカフェ難民にとっては切実な生活費の10万円だと思うけど。

10万円貰うんだからさ、それを初期費用にして、郊外にワンルームのアパートでも借りなよ、と思います。

纏まったおカネを手にするチャンスじゃない。

コレはブロガーのイケハヤさんの仰っている事なんですが、“コロナ騒動は長期戦を覚悟”だそう。

京大の山中伸弥教授は“1年は続く”

…て事は…????

この“自粛自粛”が一年は続く…可能性は大ありみたい。

まぁ断続的にかもしれませんが。

あの…、でも…じゃあ…休業中の人たちはどうするの???生活は???

今だってデパート始めとして、イオンみたいな大型ショッピングセンター、休業中なんですよ。

無論、ディズニーランドも。

最近は、フリーターも休業中でも(労基法通りに)ちゃんと休業手当支給される事も多くなりましたけど、でも、満額じゃない事も多いでしょうしね。

フリーターのお給料って、結構最低時給ですよ。1000円とか。

やってけるの??生活???

コレ、給付金第二弾が出てくる可能性、ありますね…。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 給付金10万円の使い道は…???
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください