続・スクールカーストってありました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続・スクールカーストってありました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

前回、スクールカーストについて書きました。

今回はその続きです。




え~、18歳の高校卒業まで、『クラスの除け者状態』だった私です。

正直、つまらなかった学校生活を支えたのは、ピアノだったんです。

家に帰れば、ピアノがあり、ピアノの前では、私は『除け者』ではありません。

稽古練習を重ねれば、美しい曲、楽しい曲が奏でられる…もう一人の自分になれます。

ピアノだけが私の取柄、支えでした。

ピアノは絶対に手放せなかった…。

友達が出来たのは、音大です。

まぁ同じような人種が集まっていたからですが…私が本来いるべき場所に来た!でもあります。

ある種、教養階級の世界でもありました。

私も大衆感覚無いし。

そして現在、私は(少なくとも昭和の大人社会からは)爪弾きですが、一人快適に心地よく、“爪弾き状態”を楽しんでおります。

むしろ、率先して…かな?

そして10代あれほど仲間外れにされ、バカにされ続きた世界…学生時代のクラス会に出席すると、スクールカーストが逆転してました…。

少なくとも、最下位ではありません。

理由は…音楽やってるから。

音大進学もあるようです…音大って憧れられるんですかね(苦笑)

音大のピアノ科を出て、(サバイバルの草の根活動にしろ)ピアニストやってますっていうのって…カッコイイの(!?)

実際はそんなじゃありませんよ、フリーターとの兼業だしね。

貧困問題なんか聞いていると、子供の頃からスクールカースト最下位で苛められっ子状態、そのまま引き籠りになって…人生転落、という話も聞きます。

スクールカーストが引き金で人生、自信無くす事もあるようなんですね。

私、自分の経験で言わせて頂くと、引き籠りになってもいいから、何かに齧り付いて下さい。

学校なんて行かないで良い、その代り、何かやって下さい。

その“何か”で人生開けるチャンスがあります。

以前、一寸知り合ったオカリナ奏者の方は、やはり学校でイジメにあい、登校拒否になり…その頃、毎日聞いていたのが、宗次郎さんのCDだったそうです。

CDを聞くうちに、自分でもオカリナを演奏してみたくなり…だそうです。

現在はオカリナ奏者として、活動している方で、アルバムも出しています。

スクールカーストなんて、あんなくだらない序列なんですよ、そんなものに振り回されないで。

くだらない事で“階級”を決めているの…『大衆の論理』『多数決の論理』によってね。

スクールカーストで爪弾きになったら、喜んで爪弾きになって下さい。

クラスの奴隷状態になったら、登校拒否でも構わないと思います。無理して学校行く事無い。

でも…その代り、何かやって下さい。自分の好きな事で良いから。

その方が自分の人生を歩めます。

スクールカーストに悩んでいる人たちへ、ちふれからのメッセージです。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 続・スクールカーストってありました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください