“スター”になりたい訳ではない…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - “スター”になりたい訳ではない…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

音楽をやっています、というと、よく『人様に憧れられたいから』という感覚があるみたいですね。

所謂、“スター性”というか、“憧れ商売”ってやつ。

コレ、正直、私良く解らないんです。

私の場合、人様から憧れられたいから音楽をやっている訳ではないですし。

人様から”カッコイイ”と思われたいとも思っておりません。




正直、そんなの、私、どうでも良いです(笑)

特にファッションスタイルだってカッコよくしてませんし…。

私、別にダサくていいもんって感じ。

じゃあなぜ音楽やってるの?と言うと…、

私の場合、『私の演奏する音楽を聴いて、人様に感動して頂いて、その方が、良き音楽人生を歩む事を願い、精神的に豊かな人生を歩んで頂く事』

『私の(演奏する)音楽を聴いて、良かった!楽しかった!又聞きたい!と思って頂く事』

『私の音楽を聴いて、その方が幸せな気持ちになる事』

を願っております。

別に私が憧れられなくて良い訳です。

私は黒子でいい。

『私を見て!』ではなく、『私のピアノを聞いて!』なんですよ、ホント。

主役は私の“演奏”なんです、私自身じゃない。

この辺が、バンド系と違ったりするみたい。

バンドの人たちって、結構

『ステージで演奏して、人様から憧れられて、カッコよく思われたい』

『バンドが趣味って言うと、女のコにモテそう』とか、そういう理由、多いみたいだし。

特にアマチュアバンド系ね、プロは流石にそうじゃないけれど…。(女の子にモテたい、という意識だけでやっていける程甘い世界じゃない訳)

あの~他の女の子に聞きたいんですが…バンドやってる男の子って、カッコよく見えるんですか???

私、ギターもだけど、ベースとか、ドラムとか見ていても、特にカッコイイと思わないんだけれどなぁ…。

楽器演奏してる姿がカッコイイなんて感覚、全然ありません。

カッコイイのは、バンドでも、上手だったらカッコいい訳、ヘタだったら…全然カッコよくありません。

音楽に限らず、芸事ってみんなそうだと思うけど。

上手けりゃカッコいいです、それは“カッコイイ”と評価するのではなく、“上手”と評価します。

多分、演奏している姿がサマになってるからでしょうね。

ピタッと板についてる、ムダな動きがなくて。

バンドや楽器演奏だけでなく、ダンス系やバレエだってそうだし…サマになってればカッコイイ。

芸事は上手でなければカッコよくない、という話で、取り敢えず話は終わりにしますね。

ちゃんちゃん!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - “スター”になりたい訳ではない…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください