お部屋の更新の書類が届き…火災保険は裏ワザです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お部屋の更新の書類が届き…火災保険は裏ワザです。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今の部屋の更新時期です。

今の部屋に引っ越して、もうそんな時期になるんですね~早いものです。

この、更新も含めて不動産業界と言うのはブラックばかり。

支払い名目の内容が怪しいモノばかりです。

『更新料』と言う名目も良く解りませんが、更に不明なのが『更新事務手数料』10800円也。

 更新料が一ヶ月分なので、更新料+更新事務手数料10800円となります。

そして、火災保険と家賃保証会社と…。

家賃保証会社は一ヶ月千円で毎年12000円ずつ支払いの契約です。(あんまり納得してないんですけれどネ、コレ…)

そして火災保険。

今回、この火災保険、裏ワザ(!?)を使いました。

裏ワザ、と言う程でもないか、火災保険会社を変えたんです。

入居時は管理会社指定の火災保険会社でした(この、管理会社指定というのもおかしいの。民法の“契約自由の原則”の反します。一方的に特定の火災保険会社を押し付けられている訳ですよ、だからブラック契約です)

しかも火災保険に対しても、“重説”(重要事項説明)無いしね~二年間で17000円も払わせるものですよ。それに対して重説無しで、契約時、ポンと火災保険の書類書かされてパンフだけ渡され…ホントにおかしいです。

ちゃんと説明しろよって話です。

私が希望した火災保険はコレです。

お部屋を借りる時の保険

今の(管理会社指定の)火災保険の条件の比較です。

『今の火災保険』

・家財損害保険…400万円まで補償
・借家人賠償責任保険…1000万円まで補償
・個人賠償責任保険…1000万円まで補償

『日新火災 お部屋を借りる時の保険』
・家財損害保険…200万まで補償コース予定…これだけが安いです。
・借家人賠償責任保険…2000万円まで補償
・個人賠償責任保険…1億円まで補償

そう、こう比較すると、条件が悪くなるのは『家財損害保険』のみ。

コレは、火災時に部屋が燃焼した時、『私ちふれの家財道具』の為の保証です。

が、このブログを閲覧して下さっている読者の皆さま方、もうよくお判りと思いますが、私ちふれはダンシャラー、断捨離アン。

部屋にモノがそんなにありません。

また、ボンビー生活(!?)ゆえ、さほどの高級品は部屋に無し。アンティークの家具が少しあれど、400万も要らないの。

私の部屋の大事なモノって…楽譜辺りです。

電子ピアノだって新品時、5万円だったしね…、宝石やらの貴金属だってそんなにありません。

従って『日新火災』の『家財補償200万』辺りで良いんじゃないかと?

この『日新火災』さん、全てネットで完結します。

多分人件費を徹底削減していそう。

私の予定のコースは『家財補償200万で年間5000円のコース』です。

従って2年で1万円です。

管理会社指定の火災保険会社は2年間で17000円です。

火災保険、7千円の削減に成功。

住居費もこうやって削減出来ますね。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お部屋の更新の書類が届き…火災保険は裏ワザです。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください