コープの食品を取っています…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コープの食品を取っています…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

椎間板ヘルニア騒動で私はいかに『健康が大事か?』と言う事を思い知らされました。

人間には『免疫力』があり、それがいかに大事かと言う事も…。

大きな病気は『免疫が低下』した時に起こります。

そこで気になるのは…やはり食事。

今まで私は平気でスーパーで安い食材を購入していました。

が、今は違います。

保存料や着色料そのた化学薬品諸々…これらは体の免疫を低下させます。

今はコープ(昔の生協)を取っています。

これは、値段の安さがウリではなく、『美味しい、安心、安全』を掲げています。

実際、コープの食材は…美味しい。

野菜なんかも、結構大きくて、しっかりしてます。

ハムやベーコン、ウィンナは無塩せき。

最近では、スーパー等でも”無塩せき”おいてある処もありますが、まだまだ少数派。

“無塩せき”と言うのは、発色剤等を使用しないで、素材そのままの色に仕上がってます。

従って、ハムもベーコンもウィンナも、そんなに色鮮やかでないです。

むしろ、くすんだ色。

それが良いんです。

それに保存料なども使用していないか、使っていてもごく少量。

実際、コープのベーコンをタッパーに入れ、一週間冷蔵庫に入れて置いたら…変色しかかってました。

そう、保存料等もさほど使っていないからです。

食料品はこれで良い。

私は慌てて、変色しかかったベーコンを野菜スープに入れましたね。

変色しかかっていても、火を通せば大丈夫、と思って…。

コープの生鮮食品がいかに食材本来のものか、解った事でした。

コープは正直、決して『資本主義的サービス』が良いとは言えません。

定期的に持って来てくれるのはいいけれど、時間もなかなか変更出来ないし、再配達も無い。

不在時にはボックスに入れてくれるのは良いけれど、それを一週間自宅で保管しなければならない。

支払いも、銀行引き落としのみで、クレカも無い。

商品にも平気で『欠品』があります。

スーパーでは考えられない『欠品』ですよね。

もう少し資本主義的サービスが欲しいなぁ?とは思いつつも、品物の良さに惹かれている私ちふれです。

考えて見れば、欠品なんて有って当たり前なんです。

農作物の収穫と言うのは、常に豊富ではありませんし。

天候や災害もある。作物が取れない時だってあります。

いつもいつもスーパーに一年365日、一日24時間、生鮮食品が並んでいる事の方が異常です。

コープはそれが無い。

食料品に対する正常な感覚を自覚させてくれるコープでした。

ちふれより




このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コープの食品を取っています…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください