モノが少ないからと言って貧しい訳では無い…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - モノが少ないからと言って貧しい訳では無い…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

と思います。何故なら部屋の“空間”って大事だからです。

何もない空間、ゆとり…それが人に精神的なゆとりになります。

特にドミニック・ローホーさんの本など読むと感じます。ローホーさんは

『魂を養ってくれるものだけ、そばに置きなさい』と仰ってますね。彼女は

『シンプルに生きるために要らないモノを手放しなさい』と仰ってます。

ドミニック・ローホーさんの本を読むと、いかに

“物質的に豊富でも、人は幸せにならない”

“人間の幸せや不幸せ、心の平安は金銭では決まらない”

かを痛感します。この辺が精神的なゆとりなんですね。

彼女は

『心が平安で、身軽になると見えてくるのが深みのあるシンプルな生活。それが本当の贅沢なのだ』とも仰ってます。

彼女は日本の禅の思想を非常に好み、実生活で実践されているようです。

何もない空間を重んじる感覚は華道、茶道にも通じますよね。

侘び錆びの世界…。

それは日常の人込みから離れ、一人になる時間、一人になる空間です。

一人になるって大事なんです。何故ならそこで自分を取り戻すから。

たくさんの人と群れていると、“自分”が無くなるんですよ。周りに合わせなければならないから。

少なくとも、自分の心の声は聞こえてこない。

一人になった時、自分の心が見えてきます。

そういう時、部屋の中がゴチャついてたら???落ち着いて自分の心と向き合う事も出来ない。

自分の部屋がゴチャゴチャしてたら、落ち着かないんです。だから減らした方が良い。

お金が無いからモノが買えないんじゃないんですよ。お金があっても…買わない。

それが精神的なゆとりだと思います。

空間のゆとりが、精神的なゆとりに繋がる、と私は思います。

ちふれより




このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - モノが少ないからと言って貧しい訳では無い…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください