6/3(日)Pライブのプログラムの事…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 6/3(日)Pライブのプログラムの事…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

日々、ライブの用意に勤しんでおります。

で、今回、プログラムに選曲したクラシック曲、F・ショパンの『幻想即興曲』ですが、コレ、私が初めて弾いたのは中学二年、13歳の時でした。

初めて(?)華麗な曲を頂き、嬉しかったのを覚えています。

まぁ、クラシックピアノを学んでいる子にとって、F・ショパンは一度は憧れる作曲家です。

少なくとも、音大時代、クラスメートと『ショパンて一度は憧れるよね~』で、皆頷いてました。

で、13歳の時、弾いた演奏は…私自身、多分『若い演奏』だったと思います。

何せ13歳、中学生ですから(笑)

これ、早い子は小学生で弾きますね。

小学校高学年なら別に驚かないんだけれど、この前YouTubeで何と、小学校低学年と思われる子がこの曲、弾いてました。

小学校低学年ですよ(!?)一寸驚きでしょ?

その子、まだまだ技術的にはきつそうに弾いてましたが、それでも弾いていたのはエライ!

この曲辺りからクラシックピアノのレベルでは、一寸上級編に差し掛かり…かな?

私はこの曲の次にショパンのスケルツォ2番を弾きましたから。

規模も楽曲として大きくなる。

話戻すと、13歳の時の私は『若弾き』です。

『私、こんな難しい曲、弾けるのよ。凄いでしょ!?』って感じ。

『こんなに指が早く回って、こんなにテクニックあって、私、ピアノ上手なの!』

と言いたげな演奏…それが『若弾き』

これで思い出すのが、平昌五輪で金メダル取ったフィギュア女子シングルのアリーナ・ザギトワです。

ザギちゃん、技術凄いですよね~何せ、難解系ジャンプを全て後半に持ってくるんだから。

正しく、サイボーグジャンパーです。

でも…よく見ると、ザギちゃん、表現力はまだまだ!なんですよ。

一寸動きも乱暴で…二位のジェーニャの方が完全に上です。

そして表現力では更に上を行くのが、イタリアのカロリーナ・コストナーでした。

コストナーのスケーティングはホントに優美でエレガント。

『魅せる』スケーティングです。

コストナーの演技が『大人の演技』なんですよ。

彼女31歳だし…コストナー、現役続行になりましたね、良かった~。

31歳と15歳では内面は全然違います。

私の13歳の時の演奏は、要するにザギちゃん的だったんです。

今は40代、13歳の時と演奏は完全に違います…違う事を目指します。

『幻想即興曲』40代として老練な『大人の演奏』を目指したいと思います。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 6/3(日)Pライブのプログラムの事…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ブログについて…Pライブとの関連。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブログについて…Pライブとの関連。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

え~、日々、6/3のPライブの用意に勤しんでおります。

で、常日頃書いているこのブログについてですが、以前、私ちふれ、荻窪でPソロライブをやっていた時に、演奏の合間に、結構トークを挟んでしたんですね。

で、このトーク、おしゃべりが、(小話と称し)結構ひとくさり喋る。

台本まで書いて結構大変でした。

で、このトーク、小話、お喋りが…このブログになった訳です、ハイ。

このブログ、要するに、『ミュージシャン、アーティストのフリートーク』として考えてます。

最初は断捨離がメインだったけれど、段々断捨離から外れていくかも…???

でもタイトルはまだ“断捨離”と言う言葉、入れてますが。

例えて見れば、その昔、ラジオでパーソナリティとか、ディスクジョッキーとか流行りましたね。

中島みゆきさんのANNとか。

ああいう感じ。

ミュージシャンのフリートークなんです。

昔ラジオDJ、いまブログ、かな?

ココで言いたい事、喋ってるから、Pライブでは小話はありません。

トークはありますけれど。

ともあれ、6/3のPライブ、久しぶりになり、頑張りますので、ぜひお越し下さいませ。

皆さまのご来場をお待ちしております。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブログについて…Pライブとの関連。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

このブログ運営で『音楽用プロフィール』持ち歩かなくなりました…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - このブログ運営で『音楽用プロフィール』持ち歩かなくなりました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

最近は、プロフィールを持ち歩かなくなりました。

理由は…名刺一枚で通じるから(笑)

音楽の仕事の自己紹介で、私たちのようなマイナーミュージシャンにまず求められてくるのは…音楽の経歴です。

私の場合はコレです。

運営者プロフィール

このブログを書き始めるまでは、結構紙の(大抵は以前のライブやコンサートのフライヤー、演奏者プロフィールが載ってます)を持ち歩いていたんですよ。

我々に仕事を依頼して下さる方々と言うのは、まず見るのがこの『音楽プロフィール』なので…。

歌手さんの中には渡したプロフィールを目の皿の如くして凝視して下さる方もいます。

実績、気になるんでしょうね。

だから、初めてお会いする音楽関係の方は、私は常に事前にプロフィールを持ち歩いていたんですよ。

ところがです。

このブログを書き始めて以来、私はプロフィールを持ち歩かなくなりました。

持ち歩くのは名刺一枚です。

名刺にこのブログの事が書いてあるんですよ。だから…

『…実績や経歴をお知りになりたければ、私のブログをご覧下さい。“運営者プロフィール”に書いてあります』

で通じます。

相手の方はハッとした感じで、

『…今のやり方、ですね』と言う反応。

これ、失礼かな!?

コッチは名刺一枚で楽なんだけれど…。

『紙のプロフィール』が断捨離出来たんです。

ホント、『名刺一枚』でラクになった~!

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - このブログ運営で『音楽用プロフィール』持ち歩かなくなりました…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

【ピアノ生伴奏で中島みゆきを歌おう】裏話その②…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ピアノ生伴奏で中島みゆきを歌おう】裏話その②…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

です。

うまおちゃんに御出演頂く事まで前回に書きました。

関連記事です。

『ピアノ生伴奏で中島みゆきを歌おう』通称“ピアノイベ”裏話…かな?

まぁ正式に事務所(その頃、うまおちゃんは某事務所に所属してました)に掛け合ったんですね。

うまおちゃん御出馬の為、何とヤマハアーティストハーツ(中島みゆきさんの所属!)まで掛け合いましたよ。

電話の相手はみゆきさんのマネージャー氏、S氏。

と言うのは、うまおちゃんの所属事務所が、こちらの企画を一寸話したところ、みゆきマネージャーのS氏が

『一寸今、それどころではなくて、そんなの放っておいて…』云々と発言したとやら。

うまお事務所がそれを真に受け『ヤマハに言われて…』と来たからなんです。

流石にみゆきさんのマネージャーS氏と電話でご対面した時は緊張しましたね(笑)

だって相手はみゆきさんを常に近々に知る方。

私は『…ヤマハから言われた、との話で、何かそちらのみゆきさんとうまおちゃんとの間に、“ファンの会に出てはいけない”と言うご契約でもあるのでしょうか?』と聞きました。

そしたらS氏は

『いいえ、こちらの中島と友納さんとの関係は、あくまで、“中島の音楽のサポートをする”と言う契約だけです。友納さんは自由です。どうぞ、ご自由に友納さんにお話を進めて下さい』というお返事でした。

私はこれをそのまま、うまお事務所にぶつけました。

それで了解取ったんです。

こういう場合、あくまで契約なんですね。

契約違反はルール違反。

うっかりとヤマハがうまおちゃんの音楽活動を拘束する、等と言う事があってはならないんですよ。

みゆきさんはうまおちゃんの音楽活動を不当に拘束してはならないんです。

もしもそんなことがマスコミにでも知れ、みゆきさんが『不当にバックミュージシャンを拘束するヤマハの女帝』とか『独裁女王』なんて書かれたら…???

最悪~ですよ。みゆきさんのイメージ、ガタ落ち~!

で、うまおちゃん御出演、決定~です。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【ピアノ生伴奏で中島みゆきを歌おう】裏話その②…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

6/3in国分寺ライブ内容…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 6/3in国分寺ライブ内容…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

現在の所予想のプログラム内容になります。

クラシック(pf solo)、シャンソン(pf solo)、カンツォーネ(pf solo)、ミュージカルナンバー(pf solo)、オリジナル曲(pf solo) 中島みゆき(ピアノ弾き語り)…他etc.辺りです。

私自身、本業はピアノ奏者ですが、中島みゆきさんの曲だけ、ちょっと弾き語りに挑戦します。

以前に、ピアノイベを企画してましたが、その時の非参加者の他から「ピアノ伴奏でみゆきソングを歌うイメージが湧かない」と言われた事があります。

ピアノイベはまた企画したいと思っております。その折に、“ピアノ伴奏で歌うみゆきソング”のイメージを掴めて頂けたらと思っております。

ピアノイベに御興味の方、ぜひぜひご来場をお待ちしております。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 6/3in国分寺ライブ内容…
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ライブ告知です…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ライブ告知です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

久しぶりになります。ライブ告知します。

【まえのまりこピアノライブin国分寺】

【日時】2018年6月3日(日) 
14:00~第1部
15:00~第2部

各ステージ30分~40分予定

【場所】185-0012
東京都国分寺市本町3丁目11-15
TEL:042-312-0387
“GAKU”

入場料:1000円+ドリンク代

皆さまのご来場をお待ちしております。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ライブ告知です…。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

(続)シャンソンとの出会い…音楽ポップス編

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - (続)シャンソンとの出会い…音楽ポップス編
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こうして、一度大恥をかいた私ちふれ、しばらく『もうシャンソン何て、見るのもイヤ!』状態でした。

が、これでシャンソンでピアノ伴奏に使う、という事が解った訳。

数ヶ月後、音楽業界手帳を片手に、某シャンソニエに電話しました。

「そちらはシャンソンをメインにしているライブハウスと聞きました。実は私、シャンソンの伴奏で大恥をかいて…そちらに出ている歌手さんで、駆け出しの方で私にシャンソンの伴奏の経験を積ませて頂け歌手さんはいませんか?」

「シャンソンの伴奏の経験が積みたいんです」

新宿の『シャンパーニュ』と言うお店でした。実はシャンソンの中では老舗で,訳詞家の矢田部道一(ムッシュー矢田部)のお店でした。

ムッシューは快く

「じゃあウチでシャンソン教室をやってますから見学にいらっしゃい」と仰って下さり、私は『シャンパーニュ』の門を叩きました。

そこでシャンソン歌手さんだった岩崎桃子さんの知り合いました。

たまたま桃子さんがボランティアで出演するステージがあり、伴奏ピアニストを探している時でした。

そして、そのボランティアのステージ、そして引き続きたまたま彼女に来たカルチャーセンターのボイストレーニング教室の伴奏者…と続き、シャンソンの世界での伴奏ピアニスト経験が積めたのです。

と言ってもそう簡単ではありませんでしたが(苦笑)

そしてシャンソン以外にも、ホテルのラウンジピアニストとか、大阪のジョン・レノン(ビートルズね!)のイベント出演…等、兎に角、ポップスの世界で(ズッコケズッコケしながら…笑)ピアニストとしての仕事をこなし始めました。

岩崎桃子さんは丁度“パリ祭”若手歌手として毎年連続出演してました。

とても厳しいと言われる深緑夏代先生の門下生の方で“10年修行、下積みをした”のをシャンソンの大御所、石井好子先生に買われ、石井先生の“秘蔵っ子”です。

桃子さんには色々と世話になりました。

時には「私、今日は真理子さんのプロデューサーだから!」なんて発言も…。

面倒を見て貰って記憶があり、とても恩義を感じています。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - (続)シャンソンとの出会い…音楽ポップス編
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

シャンソンとの出会い…音楽ポップス編

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - シャンソンとの出会い…音楽ポップス編
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

シャンソンとの出会いは最初は悲惨なものでした…。

ひょんな事で知り合った我が武蔵野音大の先輩(その方もやはりピアノ科卒で、ピアニストさんです…要するに同業)の代役で、小さなお店でのクラシックとシャンソンの伴奏の代役をお引きうけしたものの、本番全く出来ずに、大恥をかきました(…汗)

要するにポップスの本番感覚な訳です。ロクなリハーサルなど無しで、本番当日、全然知らない曲の楽譜(しかも手書きで読みにくい…)をその場で渡され、『ハイ!弾いて!』って感じ。

クラシック出身にとっては非常にきついわな、コレ…。

要するに『現場慣れ』

クラシック出身者ってこれが最初、出来ないのね。

従って大恥、冷や汗をかく。

泣きベソですよ、もう…泣きベソはザギちゃんの専売特許ではありません(笑)

クラシックもありました。オペラのアリア。

歌い手さんは確か、芸大の声楽科ご卒業の方だったと思います。

が、これも出来ない…。

実は…私が音大ピアノ科時代、声楽の子の伴奏もやってましたが、オペラのアリアとかではなく、『モーツアルトのコンサートアリア』みたいなのばかり…。

これは実はクラシックの歌曲の中で『勉強用の声楽曲』と言う扱いです。

ココでは実地!です。

それこそオペラ【椿姫】の『乾杯の歌』とか、ああいうのです。

その芸大の方にそう言われました。

が、この歌手の方、とても親切だった…。

やはりその昔、ご自身が経験あるのかもしれません。

『あなた、コレ、いい勉強になったでしょ!?』
『実地はこれだからね』
『頑張ってね!』

そう、コレね、いい勉強なんですよ。

ポップスの現場では、少々音間違えたってすっ飛ばしていかなければなりません。

いちいちミスタッチをとやかく言わないのがポップスの世界です。

その代り、サバイバルです。

この話、続きます。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - シャンソンとの出会い…音楽ポップス編
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ザギトワ転倒…ロシアフィギュア天才少女にまさかの失敗…!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ザギトワ転倒…ロシアフィギュア天才少女にまさかの失敗…!?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

昨日のフィギュア世界選手権女子フリー演技はショックでしたね~

あの平昌五輪のフィギュア新女王アリーナ・ザギトワがまさかの大ミス、ジャンプで転倒の連続。

彼女、ショックだったろうな~演技終了後、エテリ・トゥトベリーゼ先生に泣き付いていましたものね。

後半に全ジャンプを持ってくる、という異才のプログラムであれはキツイよなぁ…???

いくら天才少女とはいえ、まだ15歳の女の子だしね。

コレ、でも私、気持ちわかるんだよね…と言ったら

『アンタレベルで何を言う!?』

ってヒンシュク買いそうだけど(笑)

でも、コレ、ホントにあるんです。本番でまさかの大ミスってね。

本番は消しゴムで消せないの。(消しゴムで消したいけど)

私もやりました(ちょっとメジャー度の規模のレベル違うけれど…)

思い出すは音大の卒業試験。

学部四年の卒業試験です。

通常ならば、卒論てやつ。

音大は卒論は無く、実技の卒業試験な訳です。

卒試の曲はマックス・レーガー作曲【テレマンの主題による変奏曲とフーガ】でした。

結構スケールも大きく、ダイナミックな曲で私は気に入ってます。

この曲、実は全曲通して弾くと30分はかかるという代物。

卒試は15分程度に纏めて演奏、という条件なので、無論、全曲は弾いてません。

テーマと変奏曲(ヴァリエーション)数曲+フーガと言う構成で臨みました。

出来れば卒試で“一次試験だけでもパスしたい!”と思っていた私は結構必死になりました。

一次通るのはピアノ科一学年500名前後(卒業時は400名前後だったかな?結構中退する人もいたし…)のうち、50名前後。

上位10%です。

二次試験通るのは、50名中15名前後。

まあ、これがウチの学校の“選ばれしエリート”になります。

学年1~3番くらいは、学校代表でコンサート出演がある。

何には天皇皇后両陛下に御臨席賜る、宮内庁主催の御前演奏会にも出演します。

同期の1~3番はこれに出てます。

こういう選抜、選抜でキャリアが進むところがあります。

でね、必死に稽古しましたよ。卒試に向けて…。

が、本番当日、卒試が行われた我が武蔵野音大のBH(ベートーヴェン・ホール)のシュタインウェイのピアノで…私、やっちゃったんです(泣)

後半のフーガで見事につっかえ…大失敗でした。

しかも、恩師三津橋文子先生の目の前で…三津橋先生、初めて私の実技試験の試験官、審査員されていたんですよ。

が、この時の私はノ~テンキ状態でした。ザギちゃんとは違うわ(苦笑)

「兎に角終わった…。も~い~よ。別に二次試験に進めずとも」なんてね。

付き物が落ちた感じ。

ノ~テンキそのものでした。

が、その夜、三津橋先生との電話で先生から怒鳴り付けられました。

「何やってるの!!??あなたは!!!」

先生、凄い調子だったの。

「他の先生方、あなたの演奏、とっても評価なさってたのよ。スリコフスキー先生やツェグレディ先生なんてあなたの時、話し合ってたんだから」

「………」

「あれはね、良い証拠なの。落とす時は何もないもの。あなたの事、通すかどうか、話し合ったらしたのよ!!」

「私、あなたの事、手に汗握って聞いてたのよ!だってあなた、凄く良い音出していたの!」

「あなた、きれいに演奏していたの。いい演奏だった!」

「…!!」

「もう駄目ね!つっかえた途端、全滅よ!全部おじゃんよ!」

「えっ!?ウソッ!ホントですか…???」

「もう落ちるわね。二次進めないわ!落ちてたらつっかえたからだと思いなさい!!」

ショックでした~!そんなに良かったんだ、私の演奏…!!

今更後悔しても遅いんですよ。あーあ…。

そしてトーゼン、二次試験には進めませんでした。まぁ卒業だけは出来るけれどね。

そう、本番って物凄く怖いんですよ。本番には魔物がいるって…。

兎に角、卒業試験の大本番で大ミス!!!の私は、正直、悔しくてなりませんでした…。

何とかもう一度、やり直したい!そればっかり考えてましたね~(そう、この頃、22歳だというのに、恋愛も恋人も銀河と宇宙の彼方の果てだったっけ…?)

だから、母校で特修科の募集要項があった時は嬉しかった!

指導教授は母校の客員教授の先生方で、修了演奏会で学校代表で30分以上の演奏時間が頂けるので…。

そう、特修科に入ったのは、卒試のやり直し!のつもりだったんです。

敗者復活戦、臨みたかったから…。

あのまま終わるなんて、イヤだったから…。

ザギちゃんもまだ15歳、それこそフィギュアのアスリートとしてまだまだ!です。

まだまだ全然挑戦できる!と思う。

ザギちゃんの敗者復活戦、待ってます。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ザギトワ転倒…ロシアフィギュア天才少女にまさかの失敗…!?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

『ピアノ生伴奏で中島みゆきを歌おう』通称“ピアノイベ”裏話…かな?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ピアノ生伴奏で中島みゆきを歌おう』通称“ピアノイベ”裏話…かな?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

以前、私ちふれは、『ピアノ生伴奏で中島みゆきを歌おう』(通称“ピアノイベ”)と言うのをやってた事があります。

理由は簡単で、私自身が中島みゆきさんのファンだから(笑)

と言っても私は世代的にはみゆきさんの一斉を風靡したラジオ番組“ANN”世代ですが、(と言っても1970年生世代、60年世代ではありません)当時、ラジオの方は全く聞いていません。

私がみゆきファンになったのは、大人になってから、丁度某NHK『プロジェクトX』の最中でした。

評論家の呉智英(くれともふさ、ごちえいとも読む)氏のみゆき論を読んで、中島みゆきさんを聞き出した訳です。

そもそも呉先生の『以費塾』首突っ込んでましたし…呉先生の後輩格の、評論家の浅羽通明先生の読者、ファンでもあります。

と言うより…生浅羽通明先生も知ってますしね。

で、ピアノイベの話です。

まぁ、みゆきさんとは規模とレベルは違うものの、やはり音楽と言う事で、『中島みゆきさん関連のイベントやってみたいな』って思った訳です。

丁度SNSのmixiで中島みゆきコミュに入り、みゆきさんのファン仲間と知り合い、色々イベントに参加していた時期でした。

ココでイベントとして立ち上げれば出来る訳です。

で、やってみました。

まぁ数名から10前後まで、集まって下さり、私自身のピアノ伴奏でみゆきソングを歌う、という企画イベントが出来ました。

数回開催し、感触悪く無い、と感じた私は『もう一寸面白い事、出来ないかなぁ…???』なんて考えていた訳ですよ。

その頃、みゆきさんのバックミュージシャンの友納真緒さん(愛称うまおちゃん)の『チェロとピアノで聞く中島みゆき』シリーズのコンサートに行き、

「そうだ!この人イベントにゲストでお呼びできないかな??ゲストで来て貰ってみゆきファンが歌う伴奏をお願いしたら面白いだろう!!あんまりこういう事、やらないみたいだし…」

と考えた訳です。

そう、実は業界筋ってこういう企画立てないみたいなんですね。何か、一般のファンは遠ざけちゃうみたいだし。

私ちふれ、あんまりそういう感覚、好きじゃありません。

無論、売れている世界って一般のファンを一部、危険視する事もあるんですよ。

熱狂的になっているファンって何するか解らないから。

昔、美空ひばりさんもファンに硫酸をかけられた事件がありましたよね。

でも、それ以外に妙に『スター性』で変な権威になり、祭り上げる部分もあるんです。

要するに神格化。

私ちふれ、そんなの、付き合っちゃおられませんって感じ。

私もいちおー、本格的に音楽修行はしてきたつもりです。

うまおちゃんに『ある程度、まともに相手にして貰えるだろう』という自信はありました。

で、何回かの事務所に接触し、お願いした訳です。

会終了後から、みゆき仲間で、蜂の巣をつついたような大騒ぎになりました。

というか…未だに騒がれてる(苦笑)

何か…やれやれって思いました。

この話、また気が向いたら書きますね。

ちふれより

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ピアノ生伴奏で中島みゆきを歌おう』通称“ピアノイベ”裏話…かな?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加